大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ブログ

ブログ

鹿児島名物

おはこんばんちは

山浩です。

早い物でもう3月となり、梅、桜の季節がもうすぐやってきます。

今回は軽羹についてです。

読み方は「かるかん」

九州・鹿児島県特産の和菓子です。

かるかんは外見は白くふわふわした食感の食べ物です。

私は母方の祖父母が鹿児島県出身ということで

よく食べていて今でも一番好きな和菓子です。

因みに脱線しますが母の旧姓が眞方で結構少ない苗字だったりします。

軽羹は最近なかに粒あん・こしあんが入ったものが主流になってきていますが、

餡なしのがわだけの軽羹は高く味も上品な甘さとなっております。

九州、鹿児島旅行された際は是非ともお土産に軽羹買ってみてください。

あと鹿児島はボンタンでも有名です。

漢字で書くと文旦(ぶんたん)

別名がボンタン、和名がザボンです。

高知県は文旦の生産が全国の9割を担っていますが、

貿易で鹿児島に伝来したといわれています。

昔はよくボンタン飴なめてました。

あと文旦は醤油つけて食べるとまたおいしいですよ。

以上鹿児島の名物宣伝でした。

 

119%とは

こんにちは。こんばんわ!
春休み満喫中の岡上です。
とはいっても、スロットしたり麻雀したりゲームしたりさほどしている事は変わりません。

まあ、楽しいんですが。

3月に入り、周りのみんなも卒業が決まってどんどん大阪を離れていきます。
別れの季節となり悲しいものですね。

周りの友達には社会人になっても頑張ってほしいものです。たまには大阪に帰ってきて飲みに行きたいです。
待ってます。

最近、家のWiFiが壊れて、1週間ぐらいゲームが出来ませんでした。
なかなかのストレスでしたが、今日治ったので全力で取り組みます。
今日は徹夜です。

もちろんやるのはr6sと思いきや、今日はapexをやります。
お客さんの中にもapexやってる人がいたらぜひ、一緒にやりましょう!!!連絡待ってます。

そういえば昨日、久しぶりにスロットの設定狙いしました。凱旋が全6で打ってたんですが、12台中、僕と友達の台だけマイナス。
8時ぐらいまで粘りましたが、13万負けました。死にます。

以上、岡上のブログでした。

焼き鳥

早くも3月になってしまったそうで、

ずいぶん暖かくなってきましたね。

春の訪れを感じています。多田です。

先日、天満の焼き鳥屋さんに行ってきました。

お店の名前は かしわ屋将軍

環状線の天満駅から歩いて5分ほど。

注文したのは、

地鶏と軍鶏の焼き盛り合わせ
焼き野菜盛り合わせ
鶏ユッケ
鶏肝煮込み
カマンベールチーズの茶巾揚げ
だし巻き

ぐらいだったと思います。

焼き物に関しては、目の前に七輪が置かれていて、自分で焼くスタイル。

炭火の香りが鶏肉にしっかりと乗って、美味。

注文してから、すぐに料理が届いて、すごくいいお店でした。

また行きたいお店ですね。

懐かしのJPOP

みなさんこんにちは、切り札です。

最近、ミラージュに流す僕のipodの曲をガラッと変えました

前まではインストの曲オンリーでしたが、今回はJPOPとアニソンの曲を入れてきました

JPOPは90年代と00年代の懐かしい曲が多めです

今回はその中から個人的に特に好きな曲をいくつか紹介させていただこうと思います

 

Calling / B’z 1997年

安達祐実主演のドラマ「ガラスの仮面」の主題歌です

バラード曲でしっとりしたテンポなんですが、ギターがめちゃくちゃかっこ良く、個人的にB’zの中で一番好きな曲です

 

 

Get Wild / TM NETWORK 1987年

アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマです

作曲者は小室哲哉なのですが、この曲はなんといってもイントロがかっこ良い!

毎回アニメの終わりに必ずこの曲がフェードインしてくるのですが、その演出がたまらなく好きです

最近シティーハンターの新しい映画でまた話題になってますね

 

とまどい / GLAY 2000年

バラエティー番組『ウンナンのホントコ! 未来日記』の主題歌です

この番組は、一般から集められた男女がスタッフから渡された日記に従いその通りに行動する中で恋愛していくという、やらせを公言したような一風変わった恋愛ドキュメンタリーなのですが、当時なぜか好きで観ていました

今思えば番組中に流れてくるこの曲を聞きたくて観ていたのかもしれません

 

Rise / ORIGA・菅野よう子 2004年

『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG 』のオープニングテーマです

このアニメは当時ケーブルテレビでよく放送されていて、僕はとびとびで視聴していました

アニメの内容についてはほとんどわからないのですが、このオープニングは映像、曲ともにインパクトが強烈でした

 

Brand New Wave Upper Ground / JUDY AND MARY 2000年

ポカリスエットのCMソングです

夏に聞きたくなる曲で、サビでボーカルYUKIの伸びのある高音が聞いていて気持ちいいですね

 

未来 / Mr.Children 2005年

こちらもポカリスエットのCMソングです

このCMが流れた2005年夏は、大塚製薬が飛行機雲で空に「POCARI SWEAT」の文字を作り公告をするスカイメッセージを各地で実施した年で、よく僕の通っていた学校周辺の上空にも出現して写メをとっていた記憶があります

僕はこの曲のサビの、夏のさわやかさと同時にセンチメンタルな雰囲気を漂わせるメロディーラインが大好きです

 

まだまだ紹介したい曲はたくさんありますが、今回はここまでとさせていただきます

今後もまたipodの曲を増やしていくつもりですのでお楽しみに!

カレー

あったかい日が増えてきてうれしいサオリです
先日塚口まで行って美味しいカレー食べてきました

豚肉ときのこのカレー
塚口駅の近くにあるアングルさんです

関西で豚肉のカレーって珍しいですよね
これが美味しいの!
勿論、牛肉のカレーもあります
野菜ゴロゴロのカントリー風カレーも美味しそうだったので次回挑戦してみよう

店内はレトロな感じでカウンターだけのお店です
少し落としてある照明が良い感じでした

アングルさんは実は三店舗目で
一つ目がタントというスパゲッティやさん
二件目がマーレ、こちらはピザやさん
どのお店も塚口駅周辺にあり人気店なので順番に攻めていこうと思います

月のワルツ

こんにちは。

ただ今12時22分、本日夜勤なのにおなか痛すぎ問題が発生してしまいトイレの住人になってしまっています。ねれねえ。

どーもうんkマネジャーです。

 

今更ながらTVアニメ宇宙よりも遠い場所を見終わりました。

これが非常によかったです。

当時サムネイルの画像だけで見てなかったのですが、いい意味で期待を裏切られました。

どうせ女子高生がキャッキャうふふして終わるんだろうと思ってたのですがとんでもない、子供から大人へと変化する成長を描いた青春群像劇と、夢を諦めない大人を描いたとても面白いアニメでした。

 

この作品の監督、だいぶ前に話題になった月のワルツの映像を作った人らしいですね。

ワルツの曲調もあわさり綺麗で神秘的なアニメーションです。

聞いたことない方はぜひ映像と一緒に。

それでは今日の夜にお会いしましょう。グッナイ。

フィットボクシング

こんにちは。マスターです。

 

あいかわらずゲームと店の日々です。

この間紹介したスプラートゥーンは少し食傷気味で、あまりプレイできていません。

 

では何をしているかということで、表題です。

 

フィットボクシング

 

どんなゲームかというと、かつてあったダンレボやビーマニと大差ありません。

リズムに合わせてジャブ、ストレート、アッパーなどを繰り出せばよいわけです。

 

これがしんどい。

 

いうなればビリーズブートキャンプ

 

終わった後は汗だくです。

 

これをだいたい毎日やっています。

 

運動不足になりがちの方、なかなかお薦めです。

 

もんじゃ焼き

先日、まど2にごっそり持ってかれて凹んでる藤田です。

ただいま、東京におります。

もんじゃ焼きを食べながらほろ酔いでブログ書いてます。

 

もんじゃ焼きってたぶん初めて食べたんですよ。

もんじゃなんてゲ〇のようなものよく食うなぁなんて思ってましたが、いざ食べてみると美味しいもんですね!

浅草の老舗っぽい所に来てみたは良いものの、やき方がよく分からず、店員さんに焼いて頂きました。

見てても全く自分で出来る気がしません。

関東人はみんなこれが出来るのか?!

写真はカマンベールもんじゃと五目もんじゃのミックスです。

明日と明後日も東京観光楽しんできます!

銀狐のフォクシー

こんにちは 山田です

 

ここ数日は風邪による体調不良で全く動けませんでした

ささいな不調でもなかなか体調が戻りません

生活習慣や体力の低下で頭が痛いところです

 

なんせ動けなかったので、これを機にワンピースを読んでいました

 

世間でのワンピースの評価たるや、時代が異なることを置くとドラゴンボールに比肩するものとなっています

売り上げベースで言うとそれ以上でしょうか

 

私はかなりの漫画好きで、かなり雑多な漫画を読み、どのような作品でもそれなりに楽しめるのですが、

ワンピースに関しては正直言ってこれまで

 

そんなおもろいかこれ??

 

って思ってました

アラバスタ編あたりまで連載が進んだ頃に1から単行本を読み進めましたが、ウソップが仲間になるあたりで

断念したほどで、、、

 

ジャンプ漫画で比較するとナルトの方がよっぽどおもしろかったんですよね

 

久々に読んでみると、電子書籍では単行本や雑誌での刷りの粗さがなく、

自分が苦手なワンピースのごちゃごちゃした絵が見やすくなっていて、楽しめました

人気の理由を少し理解することが出来ました

 

特にアラバスタ編は長編ですが、すごくまとまっていて素晴らしかった

 

また、各エピソードを見ていくと、ゴールまで考えて描かれていることもあって、

それぞれの意図がよくわかって、よく考えて描いてるんだなぁ、すごいなぁと思っていたんですが、

一つ納得いかないエピソードがありました

 

ストーリーの大筋には関係のないエピソードでも、宝箱にはまったおじさんみたいな、

箸休めとして楽しめるものはいいんです

 

でも、、

空島の後の銀狐のフォクシーの話、、、あれ、いります?

 

前後の空島編とCP9編はともに無駄が無く、内容もおもしろいのに、

間のあのエピソードだけがとんでもなくつまらないうえに、

青キジの登場のためだとしてもあまりにも冗長です

CP9編の構想を練る時間稼ぎで見切り発車で描いて着地できなったとしか思えない

 

アラバスタ、空島、CP9とすごくおもしろいだけに、異物感がものすごい

どなたか解説してくれる方を募集しています、、、

ワンピースファンになりかけていたのにあそこだけがどうしても納得いきません。。。

DSJ

こんばんは、しろたです。

1月のブログでゲームの話をしましたが、今回2月のブログでもゲームの話です。

先月の頭に発掘して数年ぶりに3dsに触れたのですが、その時に本体に挿入されていたのが「デビルサバイバー」というソフト。

これは「女神転生」というアトラスのゲームシリーズに含まれるもので、外伝的なものではあるもののファンの間では、「メガテン」の雰囲気がよく出ていて面白いという評価を受けているものでした。

僕は「メガテン」に触れたのがこの「デビサバ」が初だったので、順序逆ではあるものの本家もプレイしようと購入したのが、『真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY』です。

なにがdeepなのかというと、単純に2007年発売の「strange journey」を2017年にリメイクしたものだよという意味。

あらすじは、南極に発生した謎の磁場『シュバルツバース』の探索隊の一員である主人公は、その地において悪魔や天使と遭遇し、その末に人類、ひいては地球の行く末を決める決断を迫られる。といったところ。

なんかめっちゃ薄っぺらいけどあらすじなのでご勘弁を。

さっそくプレイし始めて50時間ほどで、もうストーリーも終盤。あとはラスボス倒すだけかな~というところまできました。

とはいえエンディングは3つあるし、悪魔全書の完成はほど遠いし、エクストラミッションもまだまだ残っているしで、先が無限に長いです。

しかも単純に難易度が高いな~と思います。ダンジョンは広くて複雑(だと僕は思います)、エネミーも普通に主人公を瞬殺してくるやつがわりとおるし、何回スタート画面に戻ったことだろうと、、、

まあだからこそハマるのだろうなあと思いますが。

世界観は「デビサバ」の無印の方が好きです。デビサバは山手線ぐるっと一周封鎖された東京で一週間後にはその中の全員殺されるという閉塞感、緊迫感がひしひしと伝わってきて、その中の群像劇も好きなテイストでした。

DSJ(deep strange journeyの略)も「デビサバ2」も、地球規模もしくはこの世界そのもの規模で、物語が壮大すぎる。あんまり一般から離れてしまうと主人公含めて登場人物みんな超人じみてしまって、人間味味わえる話が好きな僕にとっては、「ちょっとな~」って気分になってしまう。

まあお前ごときが何言ってんだという話ではありますが。

結びとしては、メガテン、まだ少ししかやってないけど、なんにせよ面白いので好きです。以上。