大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 片山

ブログ

厄年

あと2か月で本厄も終わります。片山です。麻雀の言い訳にはとても使いやすい。男性の厄年は25,42,61歳(数え)、女性は19,33,37,61歳みたいです。そもそも厄年システム自体が仏教なのかキリスト教なのか六星占術なのか知らないため本当に言い訳にしかなりませんが。全国のM2とかB6は一斉に厄年って考えると急に胡散臭くなりますね。

だいたいこの手の話は元ネタとなるエピソードがあって、エラい人が分かりやすく広めるためにこんな状況は気を付けようみたいなのなんでしょうけど、結論にあたる厄年とされる年齢と厄払いという行事だけが現代に残っているのは形骸化を感じますね。

 

画像は東方風神録より厄をため込む程度の能力をもつ鍵山雛さん。実はExtraまでクリアしたことあります。ああ厄い厄い。

5カ月経過

先日の台風で大学休みになりませんでした。片山です。ちゃんと行きました。

ダイエット開始から早5カ月。中間報告です。

食べ物に制限はなく、1日の摂取カロリー1,800kcal以下という条件だけのお手軽ダイエット。身長172.5cm、体重76.4kgからのスタートです。

 

 

上のグラフが摂取カロリー、下が体重です。摂取カロリーのほうは8月くらいからめんどくさくなって記録しなくなりましたが食べ物の裏を見る習慣はつきました。下の体重の方ですが急激に上昇しているところは実家に帰省していた期間と一致します。しょうがない。

大阪にいる間はこのルールを守り続け(守るほど厳しいものでもないです)現在は70.0kgあたりをうろうろしてます。あと2~3kg落ちたらちょうどいいかなという具合です。体重が減った事により基礎代謝が若干落ちているので摂取カロリーもちょっと下げていいかなと思いますがなんだかんだ食べたいしお酒も飲みたいのでこのまま年明けまで続けてみようといったところです。

ゆるーい縛りのダイエットですがお腹周りが気になってきたそこのあなた、あしたからやってみては。

shadowverseの牌譜から29

最近はLoLばっかりでぜんぜんシャドバやってませんがガチャは引きました。片山です。出てきたレジェンドで気になるカードがあったので紹介します。

 

ビショップ・レジェンド6/1/3 「白翼の守護神・アイテール」

ファンファーレ 「自分のPP最大値」より低いコストでコスト最大のビショップ・フォロワー(白翼の守護神・アイテールを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。

———-

デッキからフォロワーをサーチしてくるネフティスよりはわかりやすいカードです。そしてアリスのようなバフを盤面にかける感じですが、中盤で使用する場合はやはり守護持ちをサーチしたいところです。イーグルマンとか。そして10PP以降はイージスをサーチできます。イージスに体力バフは無意味ですが6PPでイージスを出し、残ったPPで守護なり除去なりを打てればかなり強力な盤面になります。巷では早いロイヤルが席巻しているようですがコントロールデッキはやはり後攻が辛そうです。

shadowverseの牌譜から28

2カ月で6kg痩せました。片山です。BMIは23.8なのであと3kgくらい減らせばちょうど良さそう。僕のダイエット法は1日の摂取エネルギーを1,800kcalにする、ただこれだけです。この範囲内であればラーメン食べていいしお酒も飲んでいいし好きな時間に飲み食いしていいという緩ーい感じでやってます。

今回は第6弾の新カードをちょっと考察したいと思います。

 


エルフ・レジェンド6/3/3「カシオペア」

【ファンファーレ】ランダムな相手のフォロワ−1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

———–

ファンファーレ効果は「森の意志」と同じです。そうなると実質「森の意志」+1/3/3のカードになります。先攻6Tであればこのカードだけで盤面制圧できそうですが後攻だとバフの入った盤面を返しきれるか微妙なところですね。対ニュートラルとかだと決め手に欠けそう。また、エルフの場合6コスト帯はエリンやシンシアと被るため白狼などを採用したコントロール寄りのデッキなら後攻でも活躍できそう。


 


ドラゴン・レジェンド10/8/9「ピュートーン」

【ファンファーレ】自分のデッキのコスト7以下のカード全てを消滅させる。

———–

かなりネタ寄りのテキストです。君だけのアポカリプスデッキを作ろう!って感じです。このカードをプレイするとバハムートやゼウスなどを超高確率でドローできるようになりますが、数ターンでデッキ切れしてしまうためサタンピン挿しは必須でしょう。
優秀なスタッツではありますが如何せん重すぎるため7/5/5くらいだったら手札で被ることもないし現実的に思えます。あとサハクィエルが消えるのも痛い。

 

 

shadowverseの牌譜から27

ラッキーナンバーは1桁であることが多いと思いますが僕の場合27がそれに該当します。唐突。片山です。理由は自分でも説明できませんが“にーなな”と発音していることが多いため10進数ではない可能性がありますね。どうでもいいですね。

最近Shadowverseをあまりプレイしていないのでタイトル変えようかと思ったのですがミラージュメンバーとしてのこりわずか半年ということもありこのまま行こうという次第です。情報は結構チェックしてます。


8/30に4枚のカードがナーフされました。プリス、ヘクター、げんこつ、緋色です。7/31の変更も含めるとヴァンパイアは5枚修正されています。アグロはかなり弱体化しました。何としてでもハースストーンなど他のカードゲームと差別化をしたく各クラスにパワーカードを投入したことが裏目にでたようにも取れます。アグロデッキの多くはクラス固有の特性(復讐とか兵士・指揮官とか)を参照しないニュートラル寄りの構築となっており、どのクラスからもゴブリン→リリエル→以下同文の動きをされるためせっかくの7クラス制がもったいないなあと。

文句ばかりですが第6弾カードパックの情報がちらほら出てきました。公式アナウンスでデッキパワー底上げを目的としたカードデザインはしないとのことなので各クラスの特性を最大限利用できるアップデートになることを期待しましょう。次回からは新カードの性能あれこれの話にしたいと思います。

shadowverseの牌譜から26

法事で実家に戻っていました。片山です。

倉木のナーフ直後はTOG環境とあまり変わり映えしなかったのでめっきりプレイ頻度が減ったのですが、大規模大会のRAGEでかなり研究されたデッキが公開されたことでTierランキングにも変化が出ていました。なんと秘術ウィッチとニュートラルウィッチがTier1!
特に秘術ウィッチはリリース当初から存在していましたが良くてTier2でした。ウィッチはアップデートの度に追加されるスペルが減り秘術ウィッチに組み込めるカードが着々と増えていたため日の目を浴びてきましたね。運用しやすい大型のニュートラルフォロワーが増えたのも大きいです。もうすぐカード調整のアナウンスがあるので環境の変化に期待しましょう。

ふと攻略サイトを眺めていると冥府エルフがTier2に。ヴァンパイアが減りドラゴンも減ればそりゃ増えますよね・・早い巡目のバハムートが冥府のカウンターなので秘術とも相性のいいドラゴンはこれから増えてきそうですね。今回は4枚目のフォルテ、4枚目のゼウス、さらにやってることは冥府と同じのあのカードでお別れです。

shadowverseの牌譜から25

月に約2回の更新ということでこのテーマのブログも約1周年となります。片山です。これまでの環境をちょっと振り返ってみましょう。


STD期

最初期はアグロネクロ、モルディカイ入りのミッドレンジネクロが多かったように思います。そのあとは乙姫セージのミッドレンジロイヤル、サタンドラゴン、陽光サタン、冥府エルフ、超越ウィッチの順で。


DRK期

オリヴィエの追加でコントロールロイヤルが流行る。序盤は獣姫やエイラビショが多かった気がします。しかし結局冥府と超越の2強。アグロエルフとかもこの辺だった気が。公務員ロイヤルもこのへん。


ROB期

バハムートの追加で冥府は死にました。初期はドロシーとOTKエルフの2強。ルーンの貫きとミニゴブのナーフで最終的にはアルベールを主軸にしたフェイスロイヤル(通称トンロ)が流行ってましたね。


TOG期

ガウェインは前評判から一転してしょーまさん以外使わない結果に。ランプドラゴン、ミッドレンジネクロの台頭が初期。終盤は復讐ヴァンプとかイージスとか超越とか。


WLD期

圧倒的倉木からのミッドレンジネクロと復讐ヴァンプの2強。ヘクターはなぜ許されたのか。次回の調整に期待。ゴブリンリーダーのナーフはアリスのナーフと言っても過言ではないのでニュートラルデッキも初期からはバーストが落ちました。TOG環境に戻った感じがします。

調整が入ってから初めの4日でネクロマンサーの使用率が13.1%から22.3%まで増えています。ヴァンパイアは38.6%から18.6%と半数以下に。エルフだけ7%前後ですがなんとか正常な環境と呼べると思います。巷では魔海超越ウィッチ、通称マッチョが実用化されたとか・・現状では弱い事を除けば強いという評価です。

shadowverseの牌譜から24

7/18にshadowverse公式Twitterからレジェンドを含めた5枚以上のカードの調整が行われるアナウンスがありました。ヴァンパイア使用率43%かつ先行勝率60%超えを運営も放置できなかったと思われます。これを書いているのは7/18、公開は7/29、調整内容の発表は7/30なので大胆にナーフ予想をしてみようと思います。

候補が多いためレジェンドのみピックアップします。

倉木。圧倒的倉木。ナーフ内容としてはラストワード削除あたりが妥当でしょうか。バフォメットにも調整が入った場合ナーフなしもありえますね。



続いてアリス。ティナあたりがカウンターとなりますが第5弾パックのテーマとなるカードなのでナーフは入らないかも・・・1コストアップの5/4/5くらいが妥当かなと。


イージス。スタッツ低下or消滅有効くらいでどうでしょうか。前々回くらいのアップデートで力比べイージスと言及していたのにエーテル補償は力比べだけだったのでこの際。ただし構築済みパックに封入されるとのこと。ナーフはなさそう。


ヘクター。ゾンビをスケルトンにするor+2ではなく+1修正orネクロマンス4くらいで。


黄金郷の獅子。ブン回りが強いだけとも言えるので正直水竜神の巫女やビューティ&ビーストのほうがOPに感じますがそれよりトーヴをどうにかしてくれ。あれ、こいつナーフ不要?

レジェンド以外ではゴブリンリーダー、トーヴ、豪拳、緋色、超越あたりのナーフがほしいですね。思い切ってリーダーの体力25とかでも面白そう。アグロ終了でますます超越増えそうですが。ともあれメタが回るのは息の長いゲームであるために必要だと思っているのでうまい調整になることを期待しましょう。

shadowverseの牌譜から23

パソコンを新調して久しぶりにLoLやったらfpsが100超えて感動しました。なおハンドスキル

WLD環境になり約20日、メタレポートではMaster帯の42%がヴァンパイアという環境破壊が起きています。

現在Tier1独走中のニュートラルヴァンパイア、通称倉木ヴァンプは「昏き底より出でる者」をフィニッシャーとし序盤はアリス軸で盤面制圧、中盤以降はバフォメット→倉木→アルカード(エメラダ)で20点コンボの7Tキルを決めてきます。7/29の調整アップデートでほぼ間違いなくナーフされるでしょう。これまでレジェンドカードのナーフはされていないためバフォメットのコストアップorエンハンス削除などが予想されます。安いコンボカードは悪さしかしない

これだけ倉木ヴァンプが流行ると当然これをメタったデッキが多くなるわけですが、隙と呼べる時間帯は5Tのバフォメットと6Tの倉木設置の2Tのみと言って過言ではなく、先攻を取られた際は序盤からの盤面差で5T目は除去でせいいっぱいということもしばしば。あきらめましょう。ここ数日では倉木の枚数を抑えてファントムキャットを入れる型も見られるようになってメタの変化を感じますね。現在僕のMPは6000ほど。今月中にMPを10000貯めるともれなくGrandmasterの称号を得られるということでこつこつやっていこうかなと思います。

Nヴァンプの序盤の最強ムーブ。トーヴを除去できなかったが最後バフを受けたゴブリン軍団に制圧されます。テミスは間に合いません。

shadowverseの牌譜から22

全てのデッキ相手に勝ち目のある成金ランプドラゴンをよく使ってます。片山です。最後に課金したのは昨年の9月なので成金ではないと思っていますがデッキだけ見ればまあ仕方がない。水竜神の巫女が強いうちはこれからもドラゴン使うと思います。

インフレ加速でユーザー減少をよく聞きますが、1枚で盤面を制圧してしまうカードが増えたため大味な対戦が多くなったのも原因だと思います。バハムートとかヘクターとか。全体除去が難しいクラスは使用率がかなり低くなってます。エルフとロイヤルはAoEがあるにはあるのですがヘクターを1枚で返すことが難しいため使用率は5%前後。コントロールキラーの超越に加えリソース勝負を無意味にするイージスの使用率も高いため遅いロイヤルに未来は無いと言われる始末。もうちょっと頻繁にカード調整してもいいのでは・・

さて本日は第5弾カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」の配信日です。ドラゴンの新レジェンドは2枚ともランプドラゴン向きのデザインなのでまたヘビー級な成金デッキになりそうです。あまりに重いのでリーダーの体力が20のうちは使うまでもないかもしれません。

ドラゴン/8/7/7 「ジャバウォック」

【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを破壊する。破壊したフォロワーそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。

コストを下げるなり魔海の女王なりでゴブリンプリンセスと組み合わせたらOTKも可能に見えますがその暇があるかは疑問です。