大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 山浩

ブログ

雀王戦C3リーグ最終節

おはこんばんちは

山浩です。

本日のブログはリーグ戦最終節についてです。

あまり良いところなく第4節までおわりましたが、

最終節でトップ2回とれば残留の目があります。

対戦相手は(御崎p、夏月p、尾島p)

御崎pはC2独走の首位で昇級ほぼ確定

夏月p、尾島pはD1降級2人にそれぞれ入っていますが、

トップをとり別卓条件で残留もできる状態。

1回戦目

ツモられ続けてオーラスラス目

0、1本場はリーチして、流局の二人テンパイ

2本場5800は6400あがり2着目に

3本場は流局でしたが、3着目と4000点、

トップ目と30000点位離れていたので、

テンパイしてましたが、開けるか伏せるか迷いました。

結局開示し、二人テンパイ

4本場ラス目の尾島pが3着目の夏月pに1300は2500あがり、2着終了

2戦目

東2局親番ドラ發で、残り4枚位の二五八でリーチ

残りツモが3巡の時、ツモ番のない御崎pが1枚切れの北ツモ切りリーチ

河から七対子のドラ待ちか、ドラ絡みの待ちに見えました。

そしてその發を一発でもってきて12000点放銃

後で聞いたら上家も一発で發を持ってきたの事。

この段階でラスに落ちあとがない状態でしたが、

あがれず、人の当たり牌ばかり引きひたすら降りてました。

この時点で私以外全員プラス域で200p離れてしまったので

残り2半荘残してほぼ降級に。

3戦目

5200点、2000点あがり一応トップ目でしたが、

東4局2本場、夏月pのダマ七対子ドラドラを放銃し、

そこから6000allや満貫の親かぶりなどでラスになり

ここで降級確定

4戦目は夏月p、尾島pの大トップ条件が残っていたので

ひたすらリーチが入れば降りることをしてました。

D1に降級ですが来期取り敢えずC2目指して頑張ります。

 

六甲祭

おはこんばんにちは

山浩です。

本日のブログは11/10~11に行われました

六甲祭の模擬雀荘について書いていきます。

今年で4年目となり、1年目から携わっています。

今回は6卓で全卓手積みというなつかしい感じでやってました。

東風戦でしたが、色々なお客様がご来店になり和気あいあいとした雰囲気でした。

小学生から70代の方々まで幅広い年齢層の方々と対局しました。

最近は自動卓ばかりで手積みが懐かしいという声がちらほら聞こえました。

休憩中は運営に回り学生を手伝っていました。

また来年もするそうなので、機会があれば是非お越しください。

来年もゲスト確定みたいなので私も多分います(笑)

あと神大は徒歩15分の山登りですが夜になると夜景が綺麗です。

第18期後期雀王戦関西C3リーグ第3節について

おはこんばんにちは

山浩です。

今回はリーグ戦の第3節について書いていきます。

前回で▲70.9pとなり、昇級にも降級にも見えるポジションでした。

ただ今回日程変更があちらこちらであり、

私は11/3に日程変更で先に4節行う事になっておりますが、

11/3に対局が行われると、私みたいに16半荘打ち終わっている人と

1節4半荘しか対局していない方と、3節分差が広がり、目標にされる恐れがあったりします。

同リーグ(C3)でみてみると、大野pが1節分抜けてる状態で、最下位ですが、

私が今回2着、3着、4着、抜、2着で▲72.9pととってしまい、

total▲143.7pとなり、大野pと降級争いに

ただ1節少ない分大野pの標的になってしまい、

先に4節目する私はプラスを叩かないと降級してしまいます。

4節目はトップ取りに攻撃型になろうと思ってます。

第18期後期雀王戦関西C3リーグ第2節について

おはこんばんちは

台風24号の時に交通機関が止まるということで

9時間前出勤した山浩です。

さてはて、今回は9/23に行われました

第2節補充対局について書いていきます。

今回の対局者は

大野p(C3)藤井p(C3)渋谷p(D1)小池p(D1)となっております。

同一リーグが2人いるので

最低条件としてこの方々より上の着順で半荘終えることになります。

1戦目抜け番渋谷p

東2局でドラはないですが①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑨⑨999で立直

藤井p同巡324チーのあと次巡345の三色同順断ヤオのカン四ツモられる。

今回は前途多難だなぁと思ってたら案の定

そのあと手が入らずズルズルとツモられ貧乏に

結局そのままラスになる。

▲51.9

トップは大野p、藤井p3着となり同一リーグでは結構痛いラス。

 

2戦目抜け番大野p

立直はするものの和了れない。ツモられ貧乏。

結局ラスの▲47.2

 

3戦目抜け番小池p

藤井pと2着争い

ただ大きい手を振るとラス目の大野pと争う形になる。

オーラス藤井pにあがられて3着▲16.3

現状▲115.4と次ラスとると順位によっては降級ポジションに。

 

4戦目抜け番私

オーラス小池pと藤井pの間で観戦してましたが

ダンラス目の小池pが自摸四暗刻聴牌八南待ち

次巡3着目藤井pが追っかけ3南待ち(4暗刻になって立直)

南は持ち持ちの状態なので八vs3対決

結果小池pが八ツモってトップ終了になる。

親かぶりで大野pが3着に落ち最終戦望みが出る。

 

5戦目抜け番藤井p

南2局まで小場でサクサク進み

南3局南家ドラ南

①②④⑤12366南南 三一二チー

南は場0、③場に二枚出てましたが

片あがりになるのを恐れて⑤を切る。

トップ目の小池pから南が出てポンの辺③待ち

終盤③ツモってトップ浮上になる。

オーラスはそのまま不聴でトップ終了+54.3

▲61.1でなんとか降級争いになりますが、

昇級争いにも参加できるポジションになりました。

 

あと3節どうなるかわかりませんが

早くC2に戻りたいです。

大阪メトロ2

おはこんばんちは

山浩です。

本日のブログのネタは大阪メトロ第二段です。

大阪メトロは大阪市24区を通ってると思われがちですが、

実際は22区通ってます。

では地下鉄が通ってない2区とは。

 

1つ目は此花区、USJがあるので有名で、JR、阪神は通ってますが、地下鉄自体は走ってないのです。

2つ目は西淀川区、こちらもJR、阪神は通っていますが、地下鉄は走ってません。

この2区は大阪シティバスで交通網を補っています。

大阪市以外にも吹田市、守口市、門真市、東大阪市、八尾市、堺市を経由しています。

吹田市、八尾市、門真市はメトロの駅が1つしかなく少し走ると直ぐ大阪市内になってしまいます。

大阪メトロに変わって早5ヶ月

少しずつ新しいことに取り組み

変わってきてますが今後どうなるか、楽しみです。

(私の願いは、終電をもう少し遅くしてほしいかな。)

第18期後期雀王戦関西C3リーグ第1節について

おはこんばんちは

山浩です。

本日は8/25に行われました第18期後期雀王戦関西C3リーグについて書いていきます。

前期でC2から降級し再びのC3リーグ所属になりましたが、

関西はC2~D2は合同リーグなので、対戦する相手は基本かわらないです。

今回は今期新人2人を含めた24名で争います。

(C2:5人,C3:6人,D1:7人,D2:6人)

私は今期珍しくリーグ戦5節中2節で日程変更(第2節、第4節)確定となりました。

さて今回の対戦相手は高山p(C3),橋場p(C3),中村p(C2),小南p(C2),私(C3)(抜け番順)の組み合わせでした。

1戦目は2着+7.7

2戦目は最後2000点放銃までは3着、満貫あがれば2着目

役2、ドラ2一向聴でしたが、トップ目の中村pに痛恨のタンヤオドラ2で3900点放銃しラスになる。

▲49.7

3戦目はオーラス36000点持ちトップ目から親のラス目の高山さんに粘られる。

また、1本場でラス目と500点差の3着目の小南pも粘り、

1人ノーテン、2人ノーテン、2人ノーテンでトップ目31500点持ちになる。

3本場で2位の橋場pとは4900点離れていましたが、供託3本あり1000点上がられると同点になる状況

高山pが早々に8pポンでタンヤオ仕掛け、

私はその時9巡目中ポンで一一三四五七八白白白

六は0枚、九は1枚見えの状態

高山pから九がでてトップで終了

+63.4

4戦目は東4局に中村pに6本場まで積まれ、8万点近くのトップ目

橋場p▲19000点、私が9000点、高山p30000点の非常に縦長の展開

ただ、蹴りたくても手が入らず、

また中村pのリーチ、仕掛けも早いためまわりながらの聴牌取りに行ってましたが

橋場pの満貫ツモでラス目と徐々に近くなりましたが

そのまま逃げ切り8900点持ちの3着▲31.1

Total▲9.7でした。

次節で昇降級の人数が決まりますが、何か起こるかもしれません。

もうすぐお盆

おはこんばんちは

山浩です。

暑い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

流石にこの暑さで自転車で通勤するのを諦め中です。

さてリーグ戦最終節が終わり、

C3リーグに降級しました。

2戦目で+97.5をたたき、連勝条件できたのですが、あえなく撃沈しました。

来期がんばります。

さてもうすぐお盆ですね。

私8/13誕生日なんですが、

あまり良い思い出がないのです。

あるとしたら、小2の時誕生日プレゼントに麻雀牌買ってもらったぐらいかな。

小、中は皆田舎とかに帰っていて

田舎が尼崎の私は退屈な思い出しかないです。

誕生日会とかあこがれた時期がありました。

また、誕生日過ぎたら夏休みの宿題を必死で終わらせてました。

今や誕生日近辺は墓参りに行くことが多くなりました。

たまに誕生日ポイントを貰いに雀荘めぐりすることともしばしば。

今回はどうなるか予定は未定です。

さてお盆の少し前ですが、

8/11:今中正宗p

8/12:御崎千結p

12~20時ゲスト来店します。

今中pは田村翔梧pと私と同期(12前期)でいろいろネタを持っている方です。

御崎pは今期C2リーグに昇級しノリにノッテいる女流プロです。

皆さん是非対戦にいらっしてくださいm(_ _)m

大阪メトロのラインカラー

おはこんばんちは。

山浩です。

暑い日々が続きますが熱中症対策はしていますか?

この暑い中自転車で一時間半かけて店に行った時は倒れそうになりました。

さて今回は私が通勤で日々使っている

大阪メトロのラインカラーについてのお話。

大阪メトロでは8路線が走っております。

1号線:御堂筋線(赤)

2号線:谷町線(紫)

3号線:四ッ橋線(青)

4号線:中央線(緑)

5号線:千日前線(桃)

6号線:堺筋線(茶)

7号線:長堀鶴見緑地線(黄緑)

8号線:今里筋線(橙)

となっております。

私は四ツ橋線と御堂筋線を主に使って通勤しています。

さてこの色には意味合いといいますか由来があります。

御堂筋線の場合は大阪の大動脈と言う意味で赤色になっています。

四ツ橋線は御堂筋線より海側を走っているのと、御堂筋線のバイパスを担っているので人間で言う動脈に対する静脈と言う意味で青色になっています。

谷町線は近辺に寺が多く、その僧侶が着る一番偉い袈裟が紫色と言う意味で紫色になっています。

中央線は大阪城公園を通るため、その公園の緑からと言う意味で緑色となっています。

堺筋線は直通先の阪急電車と色を揃えたという意味で茶色になっています。

長堀鶴見緑地線は鶴見緑地の草花、芝生からという意味で黄緑色となっています。

今里筋線は住宅地からの暖かいイメージから来ていますが、一番新しい路線と言う意味もあり意味合いが一番薄く地味な路線でもあります。

千日前線はピンク街を通るからという意味で桃色となっています。

余談としてニュートラムは空から水色となっています。

ただ単に色分けされているわけではないのですね。

無駄な豆知識でしたm(_ _)m

第18期雀王戦関西C2リーグ第4節について

おはこんばんちは

山浩です。

崖っぷちのリーグ戦

第4節はどうなってしまうのでしょうか・・・。

1戦目

親番で満貫跳満あがって気付いたら6万点超えのトップ

大三元一向聴の時に2着目からリーチ(2万点以上差)来た時

降りてしまったのはダメだった気がする。

リーグ戦total断然ラス目でしたので叩かないといけなかったかな。

2戦目24400点の2着

先ほどと違ってあがれなくなり、我慢の展開

トップ目が6万点超えてしまい、2着争いを制しました。

3戦目8200点のラス

何もできず自模られ貧乏のまま終了

またラス取ってしまい、プラスの貯金が減ってしまい

totalのマイナスもほぼ▲400の状態

4戦目42800点のトップ

ここでトップ取れたのは大きかったです。

これでtotal▲317.4になり、最終節福井さんと同卓の為

微々たる条件ができました。

ほぼ降級になりそうですが、最後まであきらめず頑張って打とうと思います。

第18期雀王戦関西C2リーグ第3節について

皆様おはこんばんちは。

山浩です。

大阪府北部で発生地震から一週間が経ちましたね。

地震発生時飛び起きて玄関のドアを開けに行って収まるのを待ってました。

物が散乱したぐらいでけがはなかったのですが、

電車が動かず、何とか梅田までは行けたものの、

梅田から先が完全に不能していて、ミラージュに行けませんでした。

阪神淡路大震災以来(当時9歳)大阪の大きな地震で、

未だにビクビクしながら寝ています。

地震以降、家に居る時、ネットで地震情報を逐一確認しており

大阪北部近郊で震度1~3が毎日発生しています。

一週間が過ぎたからもう安心とあなどってはいけません。

地震対策をしておいた方が良いと思います。

 

今回は6/15日にありましたリーグ戦第3節について書いていきます。

降級域から脱出するには3トップ以上の全連帯が必要最低条件

リーグ戦13回目にして一番成績が悪い状態でどうしたらいいかわからない状態でもあります。

1戦目

オーラストップ目で2着目のラス親にジリジリ迫られる展開。

横移動でなんとか辛勝

+56.7

2戦目

縦長の展開になり、私は3着目、

トップになるには役満直条件、ラス目(吉田p)になってしまうのは跳満直条件

とりあえず同一リーグの吉田pをラスにしての3着死守の麻雀してました。

それでも1万点割ってしましたが・・・。

▲30.7

3戦目

ライバルの吉田pが東一局の親番で連荘し5万点以上叩かれる。

トップにはちょっと厳しくなってしまったのでラスにはならないよう、2着、3着狙い

結局3着で終了

▲25.1

抜け番の後の4戦目

ツモられ貧乏になり、そのままラス

▲55.8/Total▲54.9

残り2節は目なしの打ち方はせず、全節トップ取りに行く打ち方にしようと思います。

あと前のブログにも書きましたがフェニックスオープン天鳳予選Aが7/1にございますので

お時間がある方は是非御参加下さい、宜しくお願い致しますm(_ _)m