大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 山浩

ブログ

フェニックスオープン天鳳予選A・B・Cについて

おはこんばんにちは

山浩です。

今回は第8回フェニックスオープン天鳳予選についてです。

フェニックスオープンは8年前から始まり1年に1度行われる大会です。

関東で予選が行われ、本戦も関東で開催されるのですが、

遠方の方でも参加できるのがこの天鳳予選となっております。

予選Aは7/1(日)

予選Bは7/7(土)

予選Cは7/8(日)となっております。

1位の方には決勝大会のシードと有料版の有効期限180日分が配布されます。

(決勝大会参加者には交通費(最大30,000円)が補助されます。)

2、3位は有料版の有効期限180日分

4~10位は有料版の有効期限120日分

となっております。

参加費として有料版有効期限60日分(約1080円)を消費します。

※参加する時点で有効期限の残りが60日分以上必要なので注意

ルールは東風喰いあり赤ありの連続5半荘分の最高スコアを競います。

18~26時の間で何半荘対局しても大丈夫です。

この天鳳予選ではゲストプロの方が参戦いたします。

私はこの予選にゲストプロで参加する予定です。

お時間のある方は是非参加をお願い致します。

詳細は下記リンクに記載されております。

https://tenhou.net/cs/2018/07fo/

 

第18期雀王戦関西C2リーグ第2節について

おはこんばんにちは。

山浩です。

段々暖かくなってまいりましたね。

それでも店内ではパーカー着ている寒がりやでもあります。

今回のネタは5/19に行われましたリーグ戦についてです。

対局者は高山p、ニコラスp、明松p、私でした。

高山pはセットでたまに来店されてます。

ニコラスpはアルゼンチン出身で日本語ペラペラしゃべります。

明松p(かがりと読みます)は一度フリーにご来店されております。

C2リーグは今回昇級2、降級2となりました。

さて前回散々な成績を叩いてしまって、最下位の降級ポジションからのスタートでした。

1回戦目東1局で自摸四暗刻聴牌し、早速運命の分かれ道

結局流局し見せ場なしで終了。

その後、遅刻してきた明松pがあがり倒し自模られ貧乏になりラス。

「遅刻噴き」っていうオカルト的な用語があるのですが、

早速証明されてしまいました。

2回戦は自模られ貧乏の中東4局南家

六六六七の形で聴牌(役牌鳴いてます)

東家の高山pがリーチしている状態で萬子が安い状態

西家明松pが七切り

東家「ロン(ペン七)」南家「ロン」

頭ハネなので私アガれず。

次局

八単騎の七対子の聴牌

東家高山pがポンの2副露と北家ニコラスpがリーチしている状態

ニコラスp八切り

東家「ロン(対々和)」南家「ロン」

2局連続頭ハネされてあがれない珍事が発生しました。

そのまま見せ場なくラスになる。

3回戦目

南2局北家で

東家の高山pと南家の明松pが同巡目でリーチ

一発消しかつタンヤオ、ドラ2聴牌で四七待ち

南家が四切り

北家「ロン」東家「ロン」

3回目の同一人物でのダブロン

今回は私が打ち取りましたが、

結局ラス。

4回戦目

流石にメンタルがやられてポカが多めになる。

1122557789白白中で8が2枚切れ、9が1枚切れ、中が1枚切れ

初牌1s鳴くのを忘れる。

後悔している最中に5sも鳴き忘れる。

グズグズでした。

オーラス迎えてラス目で3着目のニコラスpと1400点差。2着と2万点以上の差

南をポンして、南のみの58聴牌、南を持ってきて加槓

ドラ乗らず、次に⑨暗槓、ドラ乗らず

1、2着の差が5500点ぐらいのトップ目明松pが8切り

60符1翻2000点あがり3着になって終了

2節目は▲209.0p叩き最下位独走になりました。

プロ6年目リーグ戦13回目参加して初めてのスランプ状態

協会ルールなので返済はまだ可能ですが

残留出来たら奇跡だと思います。

残り3節ポイントばら撒かないように打ちます(´・ω・`)

第7回関王杯について

おはこんばんにちは。

山浩です。

本日のブログネタは5/5に行われました第7回関王杯についてです。

私は、この大会自体は初参加で、

ある一般の方が色々な方々に有志を募って年1回大会を開催している大会です。

今回から個人戦だけではなく、4人1組のチーム戦として戦う大会です。

10チーム40人参加で私は協会の堀良三pリーダーの

桐山のりゆきp、谷口浩平p、私の4人のチームで参加しました。

団体戦は4半荘の総合計、個人戦は5半荘の総合計で優勝を決めるとの事。

マスターも参加していて、大会ゲストの協会所属鈴木たろうpチームに参加してらっしゃいました。

連盟、最高位戦、協会、麻将連合所属の方々およびアマチュアの方々参加していました。

ルールは最高位戦ルール但しウマを5-15ということなので素点が大事になっています。

私の成績は3,1,2,4,1の+20.1の14/40位でした。

チームは4/10位と平々凡々な成績でした。

対局前後は色々話したりして和気あいあいとしてましたが、

いざ対局が始まるとシーンと皆さん真剣に打ってらっしゃいました。

また機会がありましたら参加したいと思っています。

第18期雀王戦関西C2リーグ第1節について

おはこんばんにちは

山浩です。

もうすぐGWですね。

お休みの予定とかもう決まってますか?

さて4/14に行われましたリーグ戦第1節

安定の会場1時間10分前に着き、いつもの様にリーグ戦の準備してました。

さていざ開幕すると、手はそこそこ良く一向聴まではすぐなるのですが、聴牌までが遠い。

その間にリーチが他家からはいり自模られて次の局にいく事が多かったです。

3半荘目東2局に対面の親が白の仕掛けしたのですが、

6巡たって他の三元牌が一切出ない。

8巡目下家が發を切ると親がポン

これで大三元確定か、高め大三元どっちかだろうなぁと思ってベタオリしてましたら、

中ツモで16000allになり、2位争いが熾烈になりました。

そして2着と3着の3900点横移動でラスになったり、

ラスでも負債をなるべく増やさぬよう打ってました。

結局4,2,4,4で▲150.6pで終了しました。

次節で昇降級の人数が決まるのですが、取り敢えず残留目指しつつ

同リーグの方と同卓の際はその方より上の着順に行く打ち方をして

なるべく降級圏内を脱出していきたいと思います。

1節でこの成績をたたいてしまうことがたまにあるのですが、

2,3回のトップで返済できるので次節は1位を3~4回取れるよう頑張ります。

 

関西グランドチャンピオン大会について

おはこんばんにちは

山浩です。

さて今回のネタは

3/31に行われました関西チャンピオンロードの集大成

関西グランドチャンピオンについて書いていきます。

ポイント上位16人に

私は、次次点でギリギリ参加できることが出来ました。

5回戦総当たりで上位4人で決勝戦1回の対局となります。

1戦目、2戦目はトップで125.2p

2戦目はオーラストップ者から満貫直撃か、満貫ツモ条件で鳴き清一色のみを自模り

何とかトップになった模様。

3戦目七対子を一発で刺さったりしてラスになり、total74.7p

4戦目最悪3着にならないような打ち方をして、2着終了、total78.2p

5戦目ここで決勝卓に残る為には3着以下は絶対ダメで、2着で別卓条件

トップで決勝卓通過という条件でした。

オーラス、首位の方から少し長考の後リーチが入りました。

1位は私でしたが、他家からは満貫出アガリ、私からは6400直、ツモなら1300-2600条件でした。

結果は他家が放銃しましたが、立直、平和、ドラ1で

裏ドラを念じてました。そして1枚のって満貫になり

私は2着のtotal100.5pで終了しました。

別卓待ちでしたがなんとか4位になり決勝卓に、

ただ首位の人が5回戦私を捲ってトップ取った方で、109.6p差があり

この方をラスに沈め、2位の方(155.1p)を3着にして

私がトップを取れば逆転優勝になる状態でした。

そして北家になり、なんとか目無しで大人しく打つことだけは避けれました。

いざ決勝戦開始になると、

手が入らない。

満貫テンパってリーチするも追い駆けリーチが入り放銃してしまう事が2回

あとは自模られて気付いたら箱下になってました、

南2局に5500点出アガリでそのままオーラスに、

取り敢えず最速聴牌までもっていきリーチして

首位の人と一騎打ちにしてました。

ただ2本場で一向聴のまま結局終了で4位終了となりました。

悔しかったけど、運営しながら欠けがあったら選手として出場し、

何とかグランドチャンピオン参加できただけでも良しだと思ってます。

去年は運営でしたからね。

来期からは赤無しの協会競技ルールとして

チャンピオンロードから協会関西プロアマシリーズと名前を変更して開催されます。

私は運営兼選手になるかと思います。

第1戦は4/30(月祝)なので興味ある方は是非参加して下さい。

http://npm2001.com/kansai/1puroama.html

関西チャンピオンロード2017グランドチャンピオン大会

おはこんばんちは

山浩です。

本日のブログネタはどうしようかと思ってましたが、

関西チャンピオンロード

2017グランドチャンピオン大会のことについて書いていきます。

今年度5回関西チャンピオンロードのシリーズを開催し、

前回2/12にシリーズが終幕しました。

そしてその5シリーズの総決算となるのが

グランドチャンピオン大会になるのです。

グランドチャンピオン大会に出場できるのは

シリーズ毎に成績順にポイントが設定されており、

そのポイント上位16名に残る事が条件となっております。

私は関西チャンピオンロードシリーズの

運営で、人数が足りない場合選手として出場していました。

そして、ポイントで18位という結果で終わりました。

所謂次々点っていうやつですね(´・ω・`)

上位の方から出場するかの有無を連絡して確認していきまして、

ギリギリ出場できることになりました。

3/31の年度末に開催されるので楽しみにしております。

また折角残ったので悔いのないよういい成績で終えたいと思っております。

夕凪リーグ

おはこんばんちは

山浩です。

本日はバレンタインデーですね。

チョコレートもらえましたか?

私は無論無縁です。

今回はダブルフェイスさんで行われている

夕凪リーグについて書いていきます。

夕凪リーグとは、日本プロ麻雀協会所属の米﨑奈稘プロがと

ダブルフェイスさんの共同企画で、三麻のリーグ戦です。

半年間の12節で開催され私は6節参加しました。

1節3半荘で成績とレーティングをつけていき、最終節に一番レーティングが

高い人が総合優勝となります。

11節目に参加して総合2位となり、最終節の成績によっては

総合優勝の目があるといことで最終節参加してきました。

三つ巴の戦いになるはずだったのですが

3位の方がインフルでこれなくなり、

1位の方と、2位の私の一騎打ちとなりました。

12名参加4卓開催で同卓はできず直対で優勝勝ち取るのが不可能に。

私は1戦目トビスタートで、これ優勝の目遠のいたと思われたと思いきや、

2戦目トップ、3戦目首ありの2着終了で、

1位の方の成績次第では優勝の目がでてきました。

私の卓の進行が早かったので向こうの方はまだ2戦目の途中でした。

2戦目終了で3着,3着ときていて、

首なし3着以下で私が優勝

首あり2着以上は得点次第で負けという状態に。

全卓終了し、結果発表

結局総合優勝しました。

最後3着だったようです。

優勝できてよかったです。

後は本業の四麻で優勝したいです。

2/12関西チャンピオンロードについて

おはこんばんちは。

山浩です。

今回のブログネタは

2/12関西チャンピオンロード

「ClubNPMファン感謝祭」が開催いたします。

2017年度の関西チャンピオンロードはこの回で最終となります。

3/31に最終戦のグランドチャンピオン大会があるのですが

その大会に出場する為には

ポイントの上位16人に残らなければならないのですが、

優勝すれば最終戦に進むことができます。

今からでも遅くないと思いますので。

御参加お待ちしております。

参加申し込みは下記のリンクから応募お願い致します。

http://npm2001.com/champion_road/2017kansai_champion_road-clubnpm.html

私は運営で参加予定ですが、人数によっては選手で出場する予定です。

雀王戦関西C2リーグ最終節

皆様おはんこんばんちは。

山浩です。

2018年初めてのブログです。

本年もよろしくお願い致します<m(_ _)m>

今回は1/13にありましたリーグ戦最終節について書いていきます。

前回までの成績は下記の通り

昇級1に対し4人が争うという四つ巴の戦いとなります。

私がこの位置に居るのが珍しいくらいなので、緊張してました。

基本私は最初に稼いで次にポイントを吐き出していくスタイルなので、

4節全部プラスは元々初めての経験でした。

さてここで事件が起こります。

C3の白石p、D1の佐藤pがインフルエンザの為最終戦休場となり、

組み合わせが変更になりました。

今期は5卓で回していたのでC2リーグは1位、2位、3位、4位、5位と6位

という卓割になり、直接対決が5、6位のみとなり、完全なる別卓条件になってしまいました。

そんなこんなで対局がスタートしましたが、

なんせあがれない、一向聴から聴牌までが長い、あがれても打点が安いなど

5節目が一番状態が悪いという悲しい結果、

3着、3着、3着というラス回避麻雀してました。

19半荘終了時下記の成績になりました。

この状態だとほぼ昇級は無理で、

実質、稲川pと麻生pの一騎打ちになりました。

最終半荘一応大トップ、別卓の2人がダンラス条件でまだ目があるので

一応トップ目指して打ってましたが、結果2着で終了

今期のリーグ戦は残留ということで終了

また来期がんばります。

前回はマイナス昇級もあり得たのに今回はし烈でした。

来期はどうなる事なら。

↓ 最終結果

 

第16期後期雀王戦関西C2リーグ第4節

皆様おはこんばんちは。

もう少しで2017年も終わろうとしておりますが、

新年の準備等しておりますでしょうか?

今回は12/2、3にありましたリーグ戦第4節について書いていきます。

今回はポイントを持っているC2リーガーは皆それぞれ別卓で対局となっており

次節最終節なのでどうなるのか正念場となっております。

今回は小南p(C3)、渋谷p(D2)、新井p(D2)との対戦。

1戦目

オーラス36600点持ち34000点持ちの渋谷pと新井pから立直がはいり

結局渋谷pが立直七対子で捲くられる。

+16.6

2戦目

オーラスラス目の渋谷pと700点差の3着

2着目の小南pと4500点差

立直棒出すとラス目になるので手役をからめ2着を狙いながら、

最悪1000点でもいいので3着狙ってました。

とりあえず聴牌しないといけない状態でした。

どうなる事やらと思ってたら、

トップ目の新井pが500-1000ツモって3着で終了

何とか耐えました。

▲22.0

3戦目

僅差の戦いだったのですが、あがることができず

小南p、新井pの28400点の同点トップで終了

渋谷pが26700点、私が15500点持ちでした。

▲44.5

ここでラスを引いて痛いなと思っていたら

前回4位の中村pが1位にいるではないですか。

物凄くヤバい状況になってました。

4戦目

ここで負けたら、最終節厳しい事になるので

必死でトップとりに行きました。

今まで我慢してた分が功を奏し、

立直七対子ドラドラや、

立直平和一盃口表裏裏など和了り

40600点のトップで終了

+60.6/10.7p

その後、他の卓が気になり観戦してました。

結果は、少しポイントを減らした麻生pが首位

2位に連日100p以上叩いた中村p

3位に2位と200点差で奇跡の位置にいる私、

4位に前回対戦した稲川pが少し貯金して終了。

なんとまぁ前回のリーグ戦では90pあれば昇級出来たのに

今回は200pオーバーが4人もいる大混戦となっており

また、1~4位の差が33.8pで1着順で順位が変動してしまう、

壮絶な最終節となってしまいました。

泣いても笑っても来年1/13が最終節なのでご声援よろしくお願い致します。

 

今年一年お世話になりありがとうございました。

良い年末年始をお過ごしください。

また来年もよろしくお願い致します。