大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 山浩

ブログ

雀王戦関西C2リーグ最終節

皆様おはんこんばんちは。

山浩です。

2018年初めてのブログです。

本年もよろしくお願い致します<m(_ _)m>

今回は1/13にありましたリーグ戦最終節について書いていきます。

前回までの成績は下記の通り

昇級1に対し4人が争うという四つ巴の戦いとなります。

私がこの位置に居るのが珍しいくらいなので、緊張してました。

基本私は最初に稼いで次にポイントを吐き出していくスタイルなので、

4節全部プラスは元々初めての経験でした。

さてここで事件が起こります。

C3の白石p、D1の佐藤pがインフルエンザの為最終戦休場となり、

組み合わせが変更になりました。

今期は5卓で回していたのでC2リーグは1位、2位、3位、4位、5位と6位

という卓割になり、直接対決が5、6位のみとなり、完全なる別卓条件になってしまいました。

そんなこんなで対局がスタートしましたが、

なんせあがれない、一向聴から聴牌までが長い、あがれても打点が安いなど

5節目が一番状態が悪いという悲しい結果、

3着、3着、3着というラス回避麻雀してました。

19半荘終了時下記の成績になりました。

この状態だとほぼ昇級は無理で、

実質、稲川pと麻生pの一騎打ちになりました。

最終半荘一応大トップ、別卓の2人がダンラス条件でまだ目があるので

一応トップ目指して打ってましたが、結果2着で終了

今期のリーグ戦は残留ということで終了

また来期がんばります。

前回はマイナス昇級もあり得たのに今回はし烈でした。

来期はどうなる事なら。

↓ 最終結果

 

第16期後期雀王戦関西C2リーグ第4節

皆様おはこんばんちは。

もう少しで2017年も終わろうとしておりますが、

新年の準備等しておりますでしょうか?

今回は12/2、3にありましたリーグ戦第4節について書いていきます。

今回はポイントを持っているC2リーガーは皆それぞれ別卓で対局となっており

次節最終節なのでどうなるのか正念場となっております。

今回は小南p(C3)、渋谷p(D2)、新井p(D2)との対戦。

1戦目

オーラス36600点持ち34000点持ちの渋谷pと新井pから立直がはいり

結局渋谷pが立直七対子で捲くられる。

+16.6

2戦目

オーラスラス目の渋谷pと700点差の3着

2着目の小南pと4500点差

立直棒出すとラス目になるので手役をからめ2着を狙いながら、

最悪1000点でもいいので3着狙ってました。

とりあえず聴牌しないといけない状態でした。

どうなる事やらと思ってたら、

トップ目の新井pが500-1000ツモって3着で終了

何とか耐えました。

▲22.0

3戦目

僅差の戦いだったのですが、あがることができず

小南p、新井pの28400点の同点トップで終了

渋谷pが26700点、私が15500点持ちでした。

▲44.5

ここでラスを引いて痛いなと思っていたら

前回4位の中村pが1位にいるではないですか。

物凄くヤバい状況になってました。

4戦目

ここで負けたら、最終節厳しい事になるので

必死でトップとりに行きました。

今まで我慢してた分が功を奏し、

立直七対子ドラドラや、

立直平和一盃口表裏裏など和了り

40600点のトップで終了

+60.6/10.7p

その後、他の卓が気になり観戦してました。

結果は、少しポイントを減らした麻生pが首位

2位に連日100p以上叩いた中村p

3位に2位と200点差で奇跡の位置にいる私、

4位に前回対戦した稲川pが少し貯金して終了。

なんとまぁ前回のリーグ戦では90pあれば昇級出来たのに

今回は200pオーバーが4人もいる大混戦となっており

また、1~4位の差が33.8pで1着順で順位が変動してしまう、

壮絶な最終節となってしまいました。

泣いても笑っても来年1/13が最終節なのでご声援よろしくお願い致します。

 

今年一年お世話になりありがとうございました。

良い年末年始をお過ごしください。

また来年もよろしくお願い致します。

第16期後期雀王戦関西C2リーグ第3節

おはこんばんちは。

山浩です。

今回は12/2,3にありましたリーグ戦の先ずは、第3節について書いていきます。

第3節は5人中3人が私と同じリーグ(稲川p、柿成p)なので

ここを何とか乗り越えないと昇級が厳しいものになってしまうので、

最低限ラスを取らないように対局に挑みました。

1戦目

稲川pが独走し、私は直撃されないようにひたすら耐え、19400点持ち2着で終了

▲0.6p

2戦目

35600点持ちで、東3局7巡目に私が③④p56667789s發發發 ドラ5s

この形で即立直、

この時稲川pはまだ北ポンのみだったのですが、その後場風の東ポン

ただひたすら無筋を連打で挙句にドラ5を切られる始末

場には南が0枚、西が2枚飛んでましたが、

あぁ小四喜だなぁと思ってました。

ドラ切られたあとすぐに持ってきたのが西

あぁ終わったと思った瞬間の32000放銃

立直棒合わせて残りが2600点になってしまいました。

余談になりますが、私が人生で3回目の小四喜をふりましたが、

全て立直後に、西単騎に放銃するという結果。

西にはなんか縁がある気がします。

さて話を戻しますと、流石にまずいと思い、

ひたすら立直立直言い続け

オーラス終わってみれば29600点持ちの2着で終了

何とか稲川pに追いすがる感じで首位死守してました。

+9.6

3戦目

東2局柿成p親番時立直後ドラを暗槓 され

ツモられ8000allあがられる。

高山p(D1)も柿成pから12000直などし、2人が30000点台に。

私は3着に必死に食い下がり、なんとか終える。

▲-14.1

4戦目

31800点持ちのオーラス、ドラ五で

稲川p19900点、高山p28700点という3900点は振れない状況下で

稲川pが657s、七五六でチーを2つ入れた状態。

私が五⑤⑤⑥⑥⑦⑦⑦222456の聴牌でしたが、

ドラ五か567の三色同順目がある⑦を切ったら聴牌の状況下でしたが、

切れるわけもなく、2暗刻落とし。

柿成pが稲川pに二で放銃するのですが、

稲川pが二三四五345678 チー657 チー七五六

となってました。

危なかった(・_・;)

+51.8/+36.5

結果第3節は昇級1枠に対して

3人が争うことになりました。

次の日まさかの出来事が・・・

第四回白虎杯

おはこんばんちは。

山浩です。

今回は11/23にありました白虎杯についてかいていきます。

関西のプロ交流戦として、この時期に毎年開催されてますが、

私は第1回~3回までは運営側として参加していました。

今回第4回は選手として初出場することになりました。

マスターも参戦しておりました。

白虎杯は最高戦ルールを採用しています。

簡単に言うとウマは10-30

30000点持ちでオカがなく2着も結構重要になるルールとなっております。

参加者は64名、関東、東海、四国からいらっしゃる方もいました。

先ずは3回戦でベスト32に残ることを目標に打ってました。

1回戦目は南場で和了りを続けてオーラストップになる。

2回戦目はラス目から子満貫あがり一気に2着に浮上

オーラス親番で100点差でトップになるも捲くられて結局2着

3回戦はトップ目でしたが満貫直条件満たされ2着。ここ反省点。

とりあえず7位通過でした。

4回戦目ラス目になるも満貫あがって2着で終了。

93.1pで6位になりベスト12に通過

5回戦で決勝の4人に残るためには、120p以上必要なのでトップ条件でした。

流石に1→2→2→2着ではそうなってしまいます。

5回戦(準決勝)では

協会ルールみたいにちょっと押し気味に行ったのですが、

結局ラスで終了。10位で今年は終わりました。

マスターより上位だったので良しです。

優勝した方は、最高位戦で関東所属の海老沢さんでした。

この方、10年以上前2人ともアマ時代に関東で知り合った仲であったりします。

来年は選手か運営かわからないですが、参加したいと思っております。

雀王戦関西C2リーグ第2節について

 

おはこんばんちは

山浩です。

今回は11/12にありましたリーグ戦第2節についてかいていきます。

前節では177.4pと好成績でしたが、

貯金を大幅に減らさないように心がけて挑みました。

一戦目

門前の役牌片あがりに2度(7700,5200)刺さり、ラス(´・ω・`)

▲50.7

二戦目

子満貫を一回あがり、そのままトップを維持

+55.7

三戦目

鳴き清一色(3678p ポン111,555,999p)

親満あがり、ダントツトップ

+67.8

四戦目

跳満親かぶりが響き、そのままラスに(´・ω・`)

▲51.6

合計21.2p

総合計198.6p

トップラス麻雀でなんとかプラスにできたのは、大きかったです。

C2は今回も一人通過なので、2位以下を大きく離したいです。

今回上位は結構僅差だったりします。

第16期後期雀王戦関西C2リーグ第1節

おはこんばんちは

山浩です。

今回は10/15にリーグ戦第1節が行われたので、

そのことについて書いていきます。

前回から半期リーグは6節から5節に変更になりましたが、

今回からD2リーグが新しく増設され、DリーグはD1リーグとなりました。

その為、関西リーグはC2,C3,D1,D2の4リーグ合同で開催されることに。

C2リーグは6人参戦しております。

次節で昇降級の人数が決定されるのですが、多分昇級1、降級1になると思います。

さて1節目はD1所属の夏月p、御崎p、D2所属の明松(カガリ)pと対戦となりました。

1半荘目はオーラス親番トップ目30700点の明松pと200点差で2着目でしたが、

御崎pが満貫をツモあがったおかげで棚ぼたトップ。

2半荘目、3半荘目も親跳ツモったりして、トップ。

4半荘目は、オーラス明松pと2100点差の2着目で、

明松p、私ともに早々副露し、あがった方がトップとなる状況でした。

副露対決を制したのは、明松pでした。

というわけで、私は、1,1,1,2着の177.4pで首位発進となりました。

ここから大体貯金を吐き出すのが大半なので、死守して昇級したいと思っております。

第2節は11/12(日)にあります。

後宣伝になりますが、11/11(土)に神戸大学の学園祭にて模擬雀荘のゲストに、参加させていただきます。

 

第16期後期雀王戦関西C2リーグ開幕

おはこんばんちは

山浩です。

今回はリーグ戦について書いていきます。

10/15に1節目がスタートし、11/12,12/2,12/3,1/13の日程で今回は戦います。

前回は不甲斐ない成績で幕を下ろしたので、今回は、昇級目指すのは勿論のこと

せめて、プラスの成績で終了したいと思っております。

いつものことなのですが、

1節目って物凄く緊張するんですよね。

1節目の1半荘目スタートする前に

選手番号のくじ引きがあります。

勝負はここから始まってると私は思っています。

この運命のくじ引きによって、

全節の対戦相手が決まります。

関西は混合リーグなので、同一リーグ(C2)の直接対決が鍵を握ります。

直接対決が多い方が私は良いと思っているので、

組み合わせどうなるかなとそわそわします。

直接対決が少ないと、少なからず他力本願の部分が出てきてしまうので、

自分で決着つけたいのですが・・・。

もうすぐリーグ戦始まりますが、

頑張ってC1リーグ昇級出来るよう頑張っていきたいと思っております。

応援宜しくお願い致します。

関西チャンピオンロード女流スプリントシリーズについて

おはこんばんちは。

山浩です。

一色麻雀の配信みたよと言う方がちらほらいて、

有難いという気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

下記にこの前の一色麻雀配信のデータを貼っておきます。

たまに見返してますがやっぱり難しい(笑)

No.1

https://www.youtube.com/watch?v=BTsClya7XV8&t=4719s

No.2
https://www.youtube.com/watch?v=10nn4ZPzHlQ&t=3372s

No.3
https://www.youtube.com/watch?v=xrcytk8wKIk&t=1817s

さて今回は宣伝です。

5ヶ月ぶりになりましたが、9/23に関西チャンピオンロード2017の

「女流スプリントシリーズ」が開催されます。

ギリギリの宣伝になりますが、当日参加も大丈夫なので、

是非に御参加お待ちしております。

下記に申し込み受付のリンクおよび概要を添付しておきます。

http://npm2001.com/champion_road/2017kansai_champion_road-sprint.html

一色麻雀

おはこんばんにちは

山浩です。

今回のネタは一色麻雀について書いていこうと思います。

一色麻雀とは、三人打ちで、

一面は、萬子、筒子、筒子、字牌

もう一面は、萬子、索子、索子、字牌

となっており、筒子、索子が各8枚ずつ入っています。

萬子、字牌は通常の4枚ずつです。

牌の背の色が2色の場合は色が半々になるようにします。

8/16にニコ生の雀サクッTVの梶やんパラダイス(モンドでお馴染みの梶本琢程さん主催)にて対局したのですが、

なかなか面白く、多面張待ちの勉強になります。

またあり得ない5枚使い、6枚使いが発生したり、通常あり得ない待ちも発生します。

8枚使いの七対子も一応出来たりします(滅多に出ませんが…)。

点数は13翻までが通常と同じ数え方で、

14~15翻が4倍満貫(数え・役満)

16~17翻が5倍満貫と2翻アップする毎に増えていきます。

また変わっているのが、カンについてです。

4枚をカンして、5枚目を引くと加カンすることができ、(立直後は強制)

その加カンなども含め4回までカンをすることが出来ます。

後、持ち点ですが、高打点が多発するため50000点~60000点で行い、ルールは基本関西サンマと同じです。

フリテンは無し(ノーテン扱い)なのでツモってもあがれないです。

基本聴牌巡目が早く、また流局することがほとんどないです。

そして役満特に、四暗刻、数えが多発します。

そしてドラの関係で数えの方が打点が高くなる場合も発生します。

一度試してみてはいかがでしょうか。

ただ、これ準備するのが大変なんですよね(笑)

片付けるのはすぐできるのですがね。

下記画像何待ち分かりますか?


香川旅行No.2

おはこんばんちは

山浩です。

今回は間があきましたが、7/28~30に行った旅行の2日目と最終日について書いていきます。

先ず早朝6時に起床し一人でうどんツアーに行きました。

最初は「うどんバカ一代」というお店です。

琴電長尾線の花園駅から徒歩5分ぐらいのところにあります。

ここは釜バターうどんがおすすめなので大(3玉)注文しました。

バターとうどんの組み合わせでしたが結構合いました。

おいしかったです。

続いて2件目は香川県庁すぐにある「さか枝」というお店です。

ここは温かいうどんの場合は自分で茹でて好みの柔らかさにするのが特徴です。

私はぶっかけの大(3玉)にしました。

冷やしの場合はコシがあり、もちもちとした触感でおいしかったです。

最後3軒目は「こだわり麺や」さんです。

こちらは香川ではチェーン店みたいです。

冷やしうどん小(1玉)を注文しました。

これにてうどんツアー終了しました。

続いてみんなと金刀比羅宮(こんぴらさん)に行ってきました。

ここは境内の参道の石段が有名で本宮で785段、奥社まで登ると1368段にもなります。

というわけで奥社まで頑張ってのぼりました。

本宮までは余裕だったのですが、奥社までがきついきつい。

マジできつい。

登り終えた時の達成感は感無量でした。

これで麻雀でツイてもいいんじゃないかなと思いながら写真を撮りました。

本宮からの写真

奥社からの写真

高所恐怖症の為これ以上前にいけませんでした

お守り

足が棒になりながらも高すぎて怖い怖いと思いながら、

階段を下りていき、行きの半分の時間で、麓まで下り、

その後はふもとにあるこんぴらうどんを食べました。

おいしかったです。

この後は戻ってうだうだしてるうちに就寝しました。

最終日は朝10時に高松を出発し、淡路島でウロウロしつつ、夕方の17時頃到着しました。

この時は足が筋肉痛になっていて階段に登るのが億劫になっていました。

でも色々楽しかったし、また行きたいなと思いました。