大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | マスター

ブログ

グランドスラム

こんにちは。マスターです。

 

少し前の話題になりますが、先日、全米オープンで大坂なおみ選手が優勝しました。

 

今回は、これがどれぐらいすごい事なのかを伝えたいと思います。

 

テニスの競技人口は1億人以上と言われています。

 

日本では人口が少ないイメージかもしれませんが、比較的アマチュアの多そうなゴルフでさえ6500万人なので、

テニスというスポーツがどれだけ世界中でプレーされているかがわかるかと思います。

 

その1億人のうちプロ選手の数はというと、男女あわせて1万4000人いると言われています。

そのうち男子が2200人、女子が1300人程度が世界ランキングに名を連ねるレベルとなります。

 

テニスの試合は毎日のようにあるのですが、その中で最も規模が大きく権威のある大会が四大大会。いわゆるグランドスラムです。

 

1月の全豪オープンからはじまり、5月全仏オープン 7月全英オープン(ウィンブルドン) 9月全米オープンが最後となっています。

 

選手達はこの4大大会で優勝するために日々の試合と練習をしているといっても過言ではないので、多くの実力選手が集まります。怪我などがない限りはグランドスラムの出場を回避するというのはほとんどありません。

 

大坂選手以前は男子が錦織選手の全米準優勝、女子が沢松・伊達選手のベスト4が最高でした。

 

日本人は錦織選手や大坂選手以前は、近年は松岡修造選手や伊達公子選手といったスター選手がいましたが、そんな二人でも生涯で1度だけベスト8、ベスト4止まりだったので、彼らが出てくるまでは自分が生きている間にはグランドスラム(シングルス)で日本人が優勝することはないだろうなあと思っていました。

そんな中、彗星の如く現れた大坂なおみ選手が1年間で14000人の内、最大4人しか手にすることのできない称号を獲得したのです。しかも女子選手歴代最強と名高いセリーナウイリアムズ選手を倒して。

 

ちなみに松岡選手の最高ランキングは46位、伊達公子選手の最高ランキングは4位でした。

 

錦織選手は4位、大坂選手は20歳にして4位。間違いなく今の日本のテニスは世界のトップを狙えるレベルです。

 

こんなチャンスはもうないかもしれません。みなさん、テニスを観ましょう。

 

プロ

こんにちは。マスターです。

表題にあるとおり、プロの話。

と、書くと麻雀プロののことかと思われるかもしれませんが、今回はそうではありません。

先日、バイクのメンテナンスをしていました。
5年くらい乗っていてる愛車はチェーンがだるんだるんに伸びていました。

このままでは危ないな、なんとかせねばと思い、グーグル検索。

チェーンを交換しなくても、チェーンの調整というのが出来るようになっているらしく、それに挑戦してみようと思いました。

調整の為に必要なものは何はともあれ工具。

アマゾンでレンチセットやトルクレンチ、そしてチェーンを清掃する道具などを揃えました。

この時点でかかっている費用は5000円程。

バイク屋でしてもらった方が安いだろうなと思いましたが、チェーン調整以外にも道具は残るので構わないか、DIY好きだし。

で、届いた工具を持って、さっそく作業に取り掛かります。

後ろのタイヤのナットを緩めて、チェーンを引っ張る作業になります。

簡単簡単。

とはいきませんでした。

ナットが硬い。

まったく動かない。

足でやろうが全身使おうがとにかく外れない。

ナットが固いというのはバイクあるあるです。

30分以上かけるも、結局最初の1つ目のナットさえも外れない。

どうしたもんか。

諦めてバイク屋に相談。

「チェーン調整したいんですけど、ナットが外れなくて・・・」

バイク屋のオヤジは

「ええよ」

と一言。

30秒でバイクをピットに持っていき、30秒で最初のナットを外し、2分ほどで調整。
その後チェーンにオイルを馴染ませること1分。
「はい、できたよ。500円」

ぼくが5000円と30分以上かけてまったく歯が立たなかったメンテナンスを5分とかからずに全行程を終え、工賃は500円。

これがプロというものか。

バイク屋に行くたびに匠の技に魅了されます。

 

麻雀技術

こんにちは、マスターです。

 

なにかと話題になるリア麻と天鳳の違い、そして麻雀技術の話をマスターなりにしたいと思います。

 

天鳳には優れている所がたくさんあるのですが、特に優れているのが膨大なデータを蓄積できることでしょう。

リアル麻雀では不可能な緻密なデータを閲覧することができるので、現代麻雀の技術躍進にとても役立っているように思います。

 

その他にも山崩しやチョンボが存在しないことや、対戦相手にあまり困らないことなどもありますよね。

 

ゲーム性としては、リア麻には段位のようなものはあまりありませんが、天鳳には明確にあるので、××段を目指すぞ、という目標を与えられる所が面白いですね。

 

リアル麻雀と天鳳(ネット麻雀)の違いとしては

天鳳はごく一部のネット麻雀特有の技術は存在するものの(ラグ読みなど)、基本は麻雀技術のみで戦うのが特徴

これに対してリアル麻雀には、麻雀技術以外の技術が存在していて、またその技術のウェイトがそれなりに大きいのが特徴

 

例えば、天鳳の場合は同じ相手と連続で当たることは少ないけれど、フリー麻雀などでは同じ相手と連続で当たるので対戦相手の特徴を覚えておくという、麻雀以外の戦術が重要になります。

麻雀以外といっても、野球でも相手のバッターの不得意なコースを狙うのは当たり前なので、これも麻雀技術の一つだと僕は思っていますが・・・。

 

対戦相手の特徴とは、この人は好牌先打をよくするから序盤のマタギは危険だとか、この人は好形リーチが多いとか、この人はダマテンをよく使う、この人はテンパイの時に一度牌を右端に持ってくるとか・・・数え上げればキリがありませんが、実戦で役に立つ知っていて損のない特徴はたくさんあります。

 

目線を見れば相手が鳴こうとしているかどうかもわかります。人間は口や顔は嘘をつけますが、目線だけは絶対に嘘がつけない生き物です。

 

多かれ少なかれみんな参考にしているとは思いますが、こういった情報の処理が僕は比較的得意で、相手のテンパイに気が付いたり、鳴くつもりかどうかに気が付いたりすることがままあります。しぐさから持っている牌を予想できてしまうことも時々あります。

 

ですが、このような技術は天鳳においてはほとんど役に立ちません。まさに麻雀の技術だけで競うゲームだなと感心しています。

 

そして僕が天鳳をあまりやらない理由は、自分の麻雀技術がたいしたことないことをよくわかってるからです。

 

卓外の情報を使えばある程度の成績を残せますが、それがなければ十人並みであるということを理解しているので、食指が動かないのです。

 

話は戻りますが、ネト麻のこのような特徴があるので、ネト麻ユーザーは麻雀技術において絶対的な指標を重く扱うように思います。

相手のレベルが〇〇だから、相手の性格などはあまり重視せず、いつでもシステマティックに打ち、そのシステムのアップデートに力を注いでるように思います。

また、読みの部分なども勉強しずらく、効果もわかりにくいのでほとんど除外しているように思います。

 

両面テンパイの2.3ハンはリーチ。

 

そりゃそうです。そうやっておけば100回中95回くらいは正しい選択になります。

でも5回くらいは、よく考えたら間違えてるものもあるかもしれません。

 

天鳳位に2度なり、Mリーガーにも選出された朝倉プロのブログを読むと、このような僕らが当たり前にリーチを打つようなところでも疑問を持っていることがよくわかります。

「読み」という技術は比較的軽視されがち、勉強しても無駄、逆に弱くなる、なんて言われることもよくありますが、ネト麻界の頂点はしっかりと「読み」の技術を麻雀に活かしているようです。

 

「読み」といえば最近ミラージュを手伝ってもらっている僕の麻雀の師匠である福島さんが、得意とする分野。基本は毎週月水にいます。

 

「読み」なんて不要だなんて嫌わずに、一度勉強しにきてみてください。快く教えてくれます。

バーベキュー

こんにちは。マスターです。

 

今年の夏は主に仕事。だいたいシフトに入っていました。

少ない人数でやっているので、人出が足りないときは何連勤でもやってます。

 

そんな中で、お盆期間はみんなシフトに率先して入ってくれましたので丸一日の休暇。

 

というわけで、表題のバーベキューです。

 

朝5時に起き、和歌山へ

現地組が夜中から場所取りをしてくれていますので、屋根付きの浜辺でバーベキュー。

ジェットスキーを数台借りて、大人15人子供数名で飲んで食べて乗って。

 

天気は少し悪く、一度まとまった雨が降りましたが、海遊びをするときは炎天下だとなかなか厳しいので少し雨が降るくらいの方が助かります。

 

残念ながら運転手なのでお酒は飲めず、たまにジェットスキーで遊んで、あとはだいたい肉焼き係。その後昼寝。起きたら終わってました。

 

そんな年に1回の遊びも今年で3年目。

 

バーベキューの技術はどんどん上がっているものの、3年分年を取っているせいか、お酒を飲む量も、遊ぶ時間も少しづつ短くなっている気がします。

 

あと3回くらいは参加できたらいいなと思っていますが、3年後は40を過ぎていて。

 

このイベントをこなす度に歳を重ねたのだなと思うのです。

 

 

 

 

 

悪性新生物

こんにちは、マスターです。

前回、大腸内視鏡検査について書いたような気がします。

 

2週間ほど前に検査結果が出たので医者に行ってきました。

 

大腸ポリープの中身はなんじゃろな?

 

 

結果・・・。

 

 

・・・。

 

 

・・・。

 

悪性新生物。

 

悪性の腫瘍。

 

早い話がガンでした。

 

・・・なのですが、非常に早期発見でして

 

すでに切除しているのと、転移しにくいタイプだそうで、

 

根治。

 

覚悟完了。

 

もう大丈夫だそうです。

 

いきなりガンと言われて、いきなりもう大丈夫と言われて

 

わけがわかりませんでした。

 

ポリープができた段階では悪性腫瘍はなかったと思われるが、時間が経過して腫瘍に発展したのでしょう。

 

で、早期に発見できたので特に問題なしだそうです。

 

これからは毎年一応検査を受け、再発していないかの確認だけすればよいとのこと。

 

おそらくですが、ぼくの性格からすると、ガンになる前に切除していたら、毎年の検査は受けなかったんじゃないかと思われます。

 

ですが、今回ガンと言われたのでさすがに毎年検査を受けようと思っておりまして

 

今後の危険性も含めて、最高のタイミングで手術をしたのではないかと思われます。

 

ちなみにですが、生命保険にガン特約を付けていたので、後日けっこうな金額の給付金を頂くことができました。

 

備えあれば患いなし。定期検診は大事です。みなさんお気をつけてください。

 

腹の歌を聴け

こんにちは。マスターです。

 

先日、大腸内視鏡検査というものを受けてきました。

2年前に定期健康診断で便潜血で引っかかり要再検査の通達を頂いていたのですが、それを無視。

そして今年の健康診断でも(昨年はサボりました)やはり再検査。これはさすがにあかんなと思い、精密検査をすることに決めたのです。

 

大腸内視鏡検査とは何か。

 

腸の中を内視鏡で見て、ガンとかないかを調べる検査です。

 

もしかして食事中の方はこれより先は18禁です。

 

腸を診るにはアレがあっては見れません。そう、コウンです。

なので数日前から食事に制限がかかります。

検査前々日 摂ってはいけないものとして、食物繊維系、脂っこいもの、牛乳、果物などがあります。

よくわからないのでうどんとか食べてました。

検査前日 具なしパン(バターはOK)のみを食べてよしとの通達があったので、ひたすらバターロールを食べていました。

そしてこの日からおくすり。つまりは下剤を飲まされます。

この日に飲んだのはマグネシウム系の薬だと思います。普段は便秘に悩まされるぼくですが、この日ばかりはバケツをひっくり返したような雨が降りました。

 

ちなみにこの日、大阪で大きな地震がありました。みんな不安な中、僕は下剤なんか飲んでて大丈夫なのだろうかという不安も同時に抱えておりました。

 

検査当日 この日は水のみが許されています。そして検査の4時間前から1.5lの下剤を飲まされます。

 

この下剤が曲者でして、リンゴジュースに塩を入れたような味。かなりきつい。コップに200ccくらいずつ入れて4時間かけて飲むのですが、本当につらい。

 

この下剤、吸収阻害効果みたいなのがあって、よくわからんけど、簡単に言うと飲んですぐ便意が来ます。

お腹の中はそもそも前日の下剤でほぼ空なので、水しかでません。

水なんだからもうええやろって思うのですが、腸にこびりついてるコウンを少しでも取り除かなければならないようで、水を飲んで腸を洗浄、水を飲んで腸を洗浄、目標をセンターに入れてスイッチ!

 

吐きそうな味の下剤にやられ、尻からは水を吐きだし過ぎて激痛に耐える事3時間と有余年・・・まさに地獄なり!

 

なんて台詞を思いつくことはなく、満身創痍の状態で病院へ。

 

ドンキのアダルトコーナーに売ってそうな穴が開いているパンツを履けと言われ、どっちが前ですかと聞いたらもちろん穴が空いてる方が後ろですと当たり前の返事をされ、ベッドで点滴。少しチクっとしますよと言われると顔を背けるのが俺流点滴術

 

同じようなベッドが3つ4つ。15分ごとくらいに遺体は安置室に運ばれていきます。

 

そしてついに僕の番。30歳くらいのイケメン医師とご対面。初めてです。よろしくお願いします。

 

点滴針から睡眠薬を入れられて、少しすると眠たくなりますよと囁かれたところまで記憶しております。

 

約5秒後、目を開くと最初にいたベッドの上だった。知ってる天井。もしかしたら僕は死んでしまって、もう一度やり直しているのかもしれない。看護師がやってきて、少しチクっとしますよと言われることはなかったので顔を背ける事もありませんでした。

 

ありのままに起こったことを話すと、俺はベッドに寝て手術室に入ったと思ったら元いた場所に戻されていた。

 

何を言っているのかわからない思うが、俺もわからない。はたして検査は終わったのか終わってないのか。

 

看護師は検査が終わったとも終わらないとも言わない。しばらく待てと言ったままだ。形而上学的には僕は検査を受けたとも言えるしまだ受けていないとも言える。やれやれ。僕は次の指示を待っている間、パスタを茹でる事にした。

 

しばらくすると先の部屋に呼ばれる。どこかで見たことのあるイケメンの先生が前に立っている。どうやら検査は終わっていたようだ。

 

さらわかったことはあの一瞬の間に、僕は大腸ポリープも切除されていたこと。これはスタンド攻撃を受けているに違いない。これだけの力があることからわかるに近接系のスタンド使いだと思われる。早く圏外に逃げなければ。

 

というような事があり、無事に大腸内視鏡検査が終わりました。

2週間ほどで切除したポリープがどのようなものかがわかるらしい。

 

日記はここで終わっている。

 

 

 

鳳凰杯

こんにちは。マスターです。

6月ですね。6月からは夏なのかなと思います。実際日中は暑いことが多く、バイクメインの私の手もだんだんと黒くなってきました。

しかしながら夜になると途端に冷える。過ごしやすいといえば過ごしやすいですが、寒暖差が大きいと体調や精神を崩しやすいですから。みなさん気をつけてください。

 

さて、表題の鳳凰杯。

麻雀卓メーカーの株式会社鳳凰さん主催の第6回目の大会です。ミラージュは毎年参加させて頂いております。

 

この大会のおもしろいところは第1回を除き、2回以降はサンマの大会となっているのです。

 

ミラージュは第1回は決勝までいったのですが、それ以来鳴かず飛ばず。だいたい初戦敗退です。

 

そんなわけで、今年もあかんだろうなと思いながら出場してきました。

全6回戦という短期決戦。ツイたもん勝ちみたいなところもままありますが、やはり実力者が勝ちやすいのでは?とも思ってます。

 

1stステージ。

前半3半荘で、1人沈みのマイナス100オーバー。

いきなりピンチです。一人だけ全然あがれないし、倍満トリプルが飛び交う中、一人だけマンガン裏なしとかです。

これはだいたい終わったなあと思っておりました。

 

か・ら・の

勝利。

実力発揮しました。嘘です。前半ツイてなかった分、後半は人並み以上にツイていました。実力の部分があるとすれば、前半戦、本当に終わってたわりに、マイナス100に留めたところでしょうか?

 

2ndステージ

前回はツイてなかったし、今回はツキたいな。ビハインドよりアドバンテージが欲しいぜと思いながらの戦い。

3半荘終了。マイナス100オーバー。

はい、またきました。いつもこれです。

2回くらいしかアガれず。

ツイてるとすれば、高打点が飛び交う中、ほかの2人で潰し合いをしてくれたのでドボンがありませんでした。

 

今年もダメか。そう思った刹那。

4回戦、辛勝。

5回戦、倍満直撃条件でメンツ崩して崩して作った地獄のドラ中単騎を偶然にも直撃してトップ(ハネマンでは4万点もなかったので、最低でも倍満。ダントツトップから直撃なら地獄しかないと思いながら作った手が運良くアガれました)

 

6回戦、勢いついてトップ。

 

まさかの3連勝で2ndステージも勝ち。

1st、2ndと逆転勝利で次は準決勝。あと2回で優勝です。

こんな機会は滅多にないのと時間帯が良いので、ミラージュではパブリックビューイングをしようと思います。

6/26 12:00からミラージュ内にて鳳凰杯を流しますので、店内で応援してください!

この日は鳳凰杯終了後、だいたい15時くらいからのフリー営業となります。

四月

こんにちは。マスターです。

 

店長・しょーま・片山くんという主力3人が抜けてしまい、色々と困ることはあるのですが、困ったことの一つが「ブログ当番」でありまして。

 

ブログはわたくし以外が順番に平日に更新するというルールなのですが、さすがに3人も抜けると、みんなの負担が大幅増。

ここは仕方がないので、わたくしも担当の列に並ぶことになりました。

 

さて、本日のお題は「四月」

3月が別れの季節ならば、4月は出会いの季節。

フォレストガンプという映画についていたサブタイトルは一期一会でしたが、お客様やスタッフとの出会いはまさに一期一会。

我らがミラージュにも新しい出会いがあるはずです。

たとえば新しいアルバイトが入ってくるとか。気になる方は072-763-1808まで。

 

新しいお客様もこの季節は特に多いです。新入生や新社会人、あるいがどこかから転勤してきた社会人の方。

 

そんなわけで、3月はいつも寂しい季節だけど、4月はこのお仕事の中では、かなり楽しい時間になります。

 

四月スタート。楽しい時間を一緒に過ごしませんか?

 

 

 

2018

明けましておめでとうございます。マスターです。

今年もミラージュ及び、ミラージュスタッフの一同を宜しくお願い致します。

 

さて、2018年戌年になったわけでありますが、だからといつて何かが変わるものでもなく、また1年、寿命が減り、1年年を取った訳であります。

 

新しい年になったら何かが変わるわけではありませんが、何かを変えることは可能ですよね。

 

ゆえに我々は時として抱負などというものを掲げ、4月くらいにはその抱負を忘れ、そしてまた気付いたら一年が過ぎていたりするものです。

 

というわけで今年も抱負をば。

 

まずはミラージュとしてですが、お食事などのメニューを増やしたいなと考えております。

しばしば他所の店に遊びに行くことがあるのですが、その度にミラージュのメニューの少なさに辟易します。今年こそは他所の素晴らしいメニューをパクって、美味しいものを提供したいと思います。

 

また、去年の秋冬からややスタートしていることですが、今年は毎月1人以上のゲストスタッフをお呼びして、みなさんに上質の麻雀を体験してもらおうと思っております。

 

個人としては、ここ1.2年手抜きして生きていたように思いますので、ちょっと気合を入れて、フルスロットルで2018年を乗り切りたいと思います。

 

以上、マスターでした。

 

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り深く御礼申し上げます。
本年もスタッフ一同、一層のサービス向上を目指しますので、本年も倍旧のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

と、定型句で申し訳ございませんが本音でもあります。

店としてはやはりたくさんのお客様に遊んでもらいたいという気持ちがあります。

麻雀という商品はどこのお店でも同じものを出しているので、どこに差をつけるのかというと

やはりスタッフになるのかなと思います。

色々なスタッフがいますが、たまたま優秀なスタッフがいた。ではなくて、優秀なスタッフになっていくのだと思います。それをやるのは店。ダメなスタッフがいたらやはりそれは店の責任です。

今年は初期からミラージュを支えてきたベテランスタッフたちが大量に卒業します。

基本的は頭が良い子たちなので、それなりに優秀に働いてくれたなあと思う面が多くありましたが、一方でそんなんじゃ社会では通用せんぜよという面ももちろんありました。

残るスタッフ、これから入ってくるスタッフは卒業組の良いところを吸収し、悪かったところを反面教師として成長し、これからのミラージュを盛り上げていってもらうことになります。

そんな人の去来を毎年たくさん楽しめるのも、阪大前にある学生の多い雀荘だからこそだと思います。

たくさんのスタッフの顔を見に、お店に足をお運びくださいませ。