大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 切り札

ブログ

結婚

こんにちは、切り札です

突然ですが、この度晴れて結婚することになりました

 

 

姉が。

 

結婚式は当初、今年の3月の予定でしたが、例の新型ウィルスの影響で7月に延期になり、さらに7月も延期もしくは中止になる可能性がありましたがなんとか無事7月に挙式を挙げることができました

新郎さんとは何回かあったことがありますが、明るくまじめな方で、姉と趣味も同じでお似合いのカップルだとおもいました

お二人にはぜひ幸せになってもらいたいものです

 

 

ちなみに僕は結婚の予定は未定です、ええ

妙手

こんにちは、切り札です

藤井七段の勢いがとまらないですね

棋聖戦では6/28に行われた第2局で勝利し2連勝とし、棋聖獲得まであと1勝となりました

王位戦でも7/1、7/2に行われた第1局を勝利し王位獲得へ向けて幸先の良い出だしとなりました

棋譜を見ても完勝といっても過言ではない内容で、どうやったら藤井七段に勝てるのかわからないという気さえしてきます

毎局1回は他の棋士たちも驚くような妙手を繰り出している気がするのですが、その中でもかなり話題になった手を紹介したいと思います

6/28に行われた棋聖戦第2局、藤井七段が後手番で相矢倉になった対局の中で

先手渡辺棋聖が66角と金とりに打った局面です(下図、盤面は反転)

 

控室では金とりを放置して攻め合う46桂もしくは単に金をかわす32金を有力視していました

渡辺棋聖も32金を本線として読んでいたようです

しかし藤井七段はここで31銀と指しました

この手は22の金に紐をつけるだけに持ち駒の銀を使う手で一見かなり指しづらそうな手です

控室でも誰もこの手は読んでいなかったそうです

しかし、指されてみると、意外と先手にうまい攻め筋がなく困っているようです

将棋ソフト(水匠2)にこの局面を読ませると、4億手読ませた段階では31銀は候補の5番手にも挙がらず、しかしながら6億手読ませると最善手として現れる手だったようです

藤井七段の囲いはかなりバラバラですが、このあと藤井七段が渡辺棋聖の攻めを受け切り、逆に先手玉を一気に崩して快勝しました

藤井七段の対局はいつ常識を覆す手が飛び出してくるかわからないので観ていて楽しいですね

 

棋聖戦第3局は7/9(木)に行われます

藤井七段が勝てば3連勝で史上最年少の棋聖誕生となります

追い込まれた渡辺棋聖も、今までカド番から幾度のなく逆転してきた経験がある強者ですので、そう簡単にはタイトルを明け渡すことはないでしょう

7/9の対局が楽しみです

ついに彼が来た

買ってきたざるうどんに、家の冷蔵庫にあったわさびをつけて食べたんですが、あとでみたらそのわさびの賞味期限が2年前でした

こんにちは、切り札です

将棋界にとって今年は大きな1年になりそうです

というのも、タイトル戦についにあの人が登場してきました

そう、藤井聡太七段です

藤井七段は今月4日に棋聖戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠を下し、史上最年少でのタイトル挑戦を決めました

これまでの最年少記録は、1989年に屋敷伸之九段が棋聖位に挑戦した時の17歳10カ月24日でした

が、藤井七段は17歳10カ月20日で、4日の記録更新となりました

実は、この記録ってつい最近まで絶望視されていたんですね

というのも、新型コロナウィルス流行の影響ですべての対局が延期になっていまして、藤井七段があと唯一記録更新できる可能性の残されていた棋聖戦の決勝トーナメントもその例外ではありませんでした

しかし、5月下旬に緊急事態宣言が解除されてから、日本将棋連盟によって急ピッチで棋聖戦の対局日程が組まれました

これには連盟側の、最年少挑戦記録更新という話題をつくり将棋界を盛り上げたいという思惑があったとおもいます

いずれにせよ、絶望視されていた記録更新に再び可能性がでてきて、藤井七段はそのチャンスを見事ものにして今回の記録更新となりました

なんかまるで漫画のような展開じゃないですか?

そしてさらにすごいのが、藤井七段が決勝トーナメントで戦ってきた相手です

初戦が斎藤慎太郎八段、二回戦が菅井竜也八段、準決勝が佐藤天彦九段、決勝が永瀬拓矢二冠と、すべての対戦相手がタイトル保持者もしくは順位戦現A級+つい最近までタイトルを保持していたトップ棋士たちでした

かなり険しい道のりでしたが、ここで挑戦者決定までのし上がってこられるあたり、彼の勝負強さがうかがえます

そしてタイトルの挑戦相手は現役最強の渡辺明三冠です

こちらも相当な激戦が予想されます

もし、藤井七段がこのタイトル戦で渡辺三冠に勝ちタイトル奪取することがあれば、誇張表現なしに将棋界の歴史が動くと思います

まず、タイトル奪取の最年少記録を大幅に更新し、多くのメディアから取り上げられ将棋界にスポットライトがあてられるようになります

また、実力的にも藤井七段にタイトル戦の番勝負で勝ち越せる棋士がほぼいなくなり、藤井一強の時代に入っていくと思います(藤井七段の最近の棋譜や勝率を見る限り、すでにその兆候がでてきている気はしますが)

そうなると、藤井七段が最年少でプロ入りしたときよりさらに大きな「第2次藤井ブーム」が起きるんじゃないかとおもいます

5年後くらいには。「前人未踏の八冠達成!」みたいなニュースが出回っているかもしれませんね

何を夢を語ってるんだと思われるかもしれませんが、今の藤井七段の対局を見ていると、それがありえなくもない気がしてくるほどの強さを感じます

さて、話を戻して現在挑戦中の棋聖戦ですが、その第一局が6/8に行われました

戦型は昔ながらのじっくり囲いあう相矢倉となり、激戦を藤井七段が制して1勝をあげました

第2局は6/28に行われます

第1局は相矢倉だったので、第2局の戦型は角換わりになると予想しています

いずれにせよ、激戦になることは間違いないのでなので楽しみです

また、王位戦でも藤井七段が挑決まで勝ち進んできましたね

挑決の相手は永瀬二冠で、今月23日に行われます

今月4日に行われた棋聖戦決勝では藤井七段が勝利しましたが、今回はどうなりますかね

こちらにも注目したいです

今楽しみにしている試合

こんにちは、切り札です

緊急事態宣言が解除されていつもの日常が戻ってきましたね

プロ野球は6/19開幕になりました

個人的には高卒ルーキーの佐々木朗希選手と奥川恭伸選手の初登板がはやくみてみたいです

将棋については名人戦第1局が6/10に、叡王戦が6/21に決まりましたね

この2つのタイトル戦ともにトップ棋士同士の対戦なのでかなり注目しています

あともうひとつ、ずっと開催を楽しみにしている試合があります

それがボクシングの井上尚弥vsジョンリル・カシメロ戦です

これはもともと4/26開催予定でしたが、コロナの影響で延期になり、新たな開催日はまだ決まっていません

開催場所はアメリカでして、アメリカはまだコロナ収束の兆しが見えないので、こちらの開催は当分先になりそうです

年内に開催されればよいですが、こればっかりはいつになるか全くわからないですね

気長に待とうと思います

今期春のタイトル戦

こんにちは、切り札です

さきほど安倍総理により7都府県に緊急事態が宣言されましたね

大阪もその中に入ってますので、これからまた私たちの生活にも変化が出てきそうですね

みなさんお体にはおくれぐれも気をつけください

 

将棋界では明日から始まる予定だった名人戦も5月まで延期されることとなりました

ちなみに対戦者は豊島名人対渡辺三冠です

今、最強の棋士は?と聞かれたらこの二人の名前が真っ先にでてくるでしょう

その好カードがみれるので楽しみです

また、今月12日からは叡王戦がはじまります

こちらの対戦者は永瀬拓矢叡王対豊島将之竜王・名人です

永瀬叡王も複数タイトル保持者で、今乗りに乗ってる若手棋士です

叡王戦第1局は予定通り行われるそうです

今年春は立て続けに注目棋士のタイトル戦があるので、皆さんもぜひ観てみてはいかがでしょうか

https://www.nicovideo.jp/watch/sm36470267

20年前の邦楽(後編)

時の流れは早いもので、もう2020年

プレステ2発売からはや20年という事実に驚きをかくせずにいる今日この頃です

こんにちは、切り札です

20年前の邦楽(前編)

 

今回は、前回のブログの続きです

今回は2000年CD売上TOP10をみていきましょう

 

10位 NEO UNIVERSE L’Arc~en~Ciel 110.3万枚

ラルクは当時のランキング常連ですね

この曲もクラスの男子の半分くらいは知ってるというくらいの知名度だった気がします

 

9位 ちょこっとLOVE プッチモニ 112.3万枚

モー娘。の中からいくつかグループ分けしたうちのひとつです

今でいうAKBグループのうちのひとつみたいなものですね

 

8位 今夜月の見える丘に B’z 112.8万枚

B’zのバラード代表曲のひとつです

イントロのギターの入りがかっこ良い曲です

個人的にかなり好きな曲で、中学時代にこの曲を延々とリピート再生して聴いていました

 

7位 恋のダンスサイト モーニング娘。 122.9万枚

当時一番人気な女性アイドルグループがモーニング娘。でした

皆さんもモー娘。の中に推しのアイドルがいたのではないでしょうか

 

6位 らいおんハート SMAP 128.4万枚

「俺の胃袋は宇宙だ」の決め台詞で有名なドラマ「フードファイト」の主題歌

SMAPの中で3番目に売れたシングルです

当時は大食い選手権が流行っており、ジャイアント白田さんなどの有名なフードファイターが沢山いました

 

5位 SEASONS 浜崎あゆみ 136.2万枚

浜崎あゆみの代表曲です

90年代後半頃の歌姫といえば、安室奈美恵と浜崎あゆみと鈴木亜美の3人だったと思います

クラスでも誰が好きかの派閥があった気がします

 

4位 Love,Day After Tomorrow 倉木麻衣 138.5万枚

倉木麻衣といえばアニメ名探偵コナンのタイアップ曲で有名ですね

 

3位 Wait & See~リスク~ 宇多田ヒカル 166.2万枚

宇多田ヒカルはAutomaticでデビューした当初から存在感がすごかったですね

その後も出すシングルすべて爆発的に売れていた印象があります

 

2位 桜坂 福山雅治 228.0万枚

福山雅治といえばこの曲ですね

カラオケで歌うとき、歌詞が被るところがあるので、そこを一人で歌うときにどう歌ったら良いのかわかりませんでした

 

1位 TSUNAMI サザンオールスターズ 288.6万枚

当時、歴代で一番売れたJPOP曲でした(後に「世界に一つだけの花」が売上300万枚達成)

僕もこの曲が大好きで、カラオケに行ったら必ずと言っていいほどこの曲を選んでいました

 

今回は2000年シングルCDのTOP10をみてきましたが、いかがでしたでしょうか

20年経った今でもみんな知っているような曲やアーティストが多かったですね

この頃は邦楽が一番盛り上がっていた時期で、良い曲がたくさんあったと思います

もしこの頃の邦楽をあまり知らない方がいましたら、探してみると好きな曲が見つかるかもしれないですよ

20年前の邦楽(前編)

時の流れは早いもので、もう2020年

2000年が20年前という事実に驚きをかくせずにいる今日この頃です

こんにちは、切り札です

2000年といえば、ノストラダムスの大予言、「1999年に世界が終焉を迎える」という予言がはずれたことに世界中が胸をなでおろしたのも束の間、こんどはY2K問題(2000年問題)で世界中が大混乱に陥るのではと、なにかと世間がばたばたしていたような記憶があります

 

では、2000年に流行った邦楽はどんな曲だったでしょうか

シングルCD売上のランキング形式でちょこっと振り返ってみましょう

 

46位 本能 椎名林檎 49.2万枚

ジャズテイストで、椎名林檎さんの歌声も相まって大人の魅力を感じさせる曲です

今ならCD売上49万枚あれば年間トップになりそうですが、この枚数で46位なところに時代を感じますね

 

34位 夏祭り Whiteberry 63.3万枚

これ当時めちゃくちゃ流行りました

今でも太鼓の達人の定番曲ですね

 

32位 NEVER END 安室奈美恵 64万枚

安室奈美恵さんのの出身地でもある沖縄をイメージした曲で、曲内に沖縄民謡が取り入れられています

個人的にかなり好きな曲です

とくにイントロの出だしが素晴らしいです

 

30位 あなたのキスを数えましょう~You were mine~ 小柳ゆき 67.5万枚

1999年9月にリリースされた小柳ゆきのデビュー曲

当時17歳とはおもえない圧倒的な歌唱力で一躍有名になりました

 

28位 サウダージ ポルノグラフィティ 71.1万枚

ポルノグラフィティの代表曲のひとつ

僕はこの曲からポルノグラフィティが好きになりました

 

24位 STAY AWAY ’Arc~en~Ciel 73.3万枚

鈴木マネージャー曰く、PVのダンスが変なやつ

ダンスが変かどうかはみなさんの判断におまかせします

 

16位 Secret of my heart 倉木麻衣 92.2万枚

名探偵コナンのED曲

当時、倉木麻衣の歌声が宇多田ヒカルと似ていることで話題になりましたね

 

14位 everything MISIA 100.7万枚

MISIAといえば真っ先に思い浮かぶのがこの曲でしょう

14位でミリオンヒット曲が出てきました

 

12位 慎吾ママのおはロック 慎吾ママ 105.7万枚

この当時、あいさつするときはみんな「おっは~」と言ってた気がします

 

まだTOP10に入っていませんが、それでも結構有名な曲が勢ぞろいしている印象がありますね

次回、後半では2000年TOP10の曲を、当時を振り返りながら紹介していきたいと思います

お楽しみに!

今期三段リーグ

みなさんあけましておめでとうございます

切り札です

さっそくですが、今将棋界で史上初の快挙が成し遂げられる可能性があることをみなさんご存知でしょうか

藤井聡太七段のこと?

いえいえ、たしかに藤井聡太七段はやることなすことが史上初の快挙の連続なのですが、今回は彼のことではありません

その舞台となるのは奨励会三段リーグです

三段リーグは年に2回ありまして、現在30人の奨励会三段が半年かけてそれぞれ18戦の対局を行います

そして、成績上位2名が四段に昇段し、晴れてプロ棋士となるわけです

1/5の三段リーグ戦で西山朋佳奨励会三段が2連勝を収め、今期8勝2敗として現在2位につけています

もし西山三段が昇段した場合、史上初の快挙となるのですが、その内容とは…

名前を見てお気づきになったかもしれませんね

そうです、史上初の女性プロ棋士の誕生となります

ちなみに女流棋士はいるのですが、そちらは女流育成会で好成績を収めた人が女流棋士となるので、プロ棋士とはまた別になります

過去に奨励会三段までたどり着いた女性の方は二人しかおらず、そのうち一人は里見加奈女流四冠です

三段リーグでは26歳までに四段に昇段しないと退会となる厳しい規定があり、里見女流四冠は2年前に年齢制限により奨励会を退会しています

それほど奨励会を勝ち上がるのは難しいというわけですね

さて、西山三段ですが、通年の昇段ボーダーラインは14勝4敗もしくは13勝5敗あたりとなっています

彼女の場合は前期の順位が21位ですので(同成績の場合、前期の順位で頭ハネになります)14勝する必要がありそうです

そのためには残り8戦を6勝(2敗)する必要があります

まだまだ厳しい戦いがつづきますが、さてどうなるでしょうか

三段リーグ最終日は3/7にあります

今から2か月後に史上初の女性プロ棋士が誕生するかどうか、楽しみですね

令和元年最後のブログ

みなさんこんにちは、切り札です

いよいよ2019年も終わろうとしてますが、皆さんにとって2019年はどういう年になったでしょうか

私個人としては、今年は特に変哲もないながら体調を崩すことも少なく穏やかに過ごすことができたとおもいます

麻雀はフリー最終日にサンマでリーチ一発ツモ四暗刻裏3をあがれて気持ちよく麻雀納めが出来ました(なおその日負けました)

 

ミラージュ全体としては、今年の12月に新たな試みであるMリーグ形式の勉強会フリーが始まり、来年以降へ向けて舵を切る年になったのかなと思います

こちらは始まったばかりでまだ小規模ではありますが、いずれは定着できることをいのりつつ、今年最後のミラージュブログを締めさせて頂きたいと思います

 

今年も大変お世話になり、ありがとうございました

また来年もミラージュをよろしくお願いします!

 

今年やり残したこと

こんにちは、切り札です

今年もあとわずかとなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか

僕はといえば、去年中に天鳳サブアカ七段昇段という目標を掲げたままずっと達成することができずにここまで来てしまい、さすがに今年中に昇段しないと都市超すに越せないと内心焦っておりました

そしてそんな中、昨日ようやっと目標の七段に昇段することができました!

いやーほんとに時間がかかりました

東風戦は東南戦よりポイントが入りにくいとはいえ流石に1700試合以上(期間にして1年2か月)もかかるとは思っていませんでした

とはいえ、ようやくこれで鳳東で打つことができます

ということで、来年は鳳東でぶいぶいいわすことを目標に頑張りたいと思います

それではみなさん良いお年をお過ごしください