大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 切り札

ブログ

王位戦第4局

こんにちは、切り札です

先月27・28日に王位戦台5局が行われ、豊島将之王位が勝利し、3-2で防衛まであと1勝としました

木村一基九段はここから2連勝する必要がありますが、個人的には木村九段の悲願のタイトル奪取を期待しているので木村九段にはぜひ頑張っていただきたいところです

今回のタイトル戦の4局では、受けが得意な木村九段の持ち味が発揮されたのでちょっとだけ紹介させていただこうと思います

↓こちらが第4局の棋譜です

http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201908200101.html

 

先手が木村九段、後手が豊島王位です

序盤は角換わりからのやぐら模様になり、44手目92角から豊島王位が攻める展開に

 

そこから後手に馬を作られますが、67手目、木村九段はここで落ち着いて88玉と玉を囲います

駒がぶつかり合う中盤以降は玉を固めることは普通はあまりないのですが、木村九段はここで玉を囲う余裕があると踏んだようです

 

先手が後手の馬を取り払い、端攻めをしていき一段落ついた77手目、ここで木村九段は69角と角を自陣に打ち、相手の攻め駒である47成銀を狙いに行きます

この手が好手で、後手は対応に苦しみます

 

99手目、ここでも48歩と相手の攻め駒である馬にプレッシャーをかけていきます

 

このあとは、お互いに相手の玉を責める手段がなくなり、入玉将棋となります

入玉とは、自分の玉が相手の陣地まに入ることです

入玉将棋となった場合は、大駒(飛車・角)が5点、小駒(金・銀・桂・香・歩)が1点として、自分の駒が合計24点ないと負けになります

豊島王位は自分の駒が24点に満たなかったため、下図での投了となりました

なんと総手数285手の熱戦でした

相手の攻めを受け切って勝つ、木村九段の真骨頂を発揮した局でした

 

星稜vs履正社

こんにちは、切り札です

甲子園の決勝出場校が出そろい、いよいよ決勝戦が明日にせまりました

ひとつは、163キロを出したあの佐々木朗希投手よりも実力は上との呼び声も高い、奥川恭伸選手を擁する星稜高校(石川県)です

奥川選手は今大会4試合に登板し、32.1イニングを投げ防御率はなんと0.00(自責点0)を記録しています

奥川選手は、MAX158キロのストレートとキレのあるスライダーを武器としています

ストレートは、本人曰く指をひっかけて回転数をあげることを意識しているとのことで、球速もさることながらノビがあり、バッターからするとかなり打ちにくいストレートな気がします

そしてなんといっても制球力が半端じゃなく良いです

キャッチャーが構えたミットがほとんど動くことなく、ボールがミットの中に入っていきます

アウトローぎりぎりいっぱいに150キロ台のストレートがばんばん決まり、甘く入る球もほとんどないので、彼からヒットを打つのは至難の業でしょう

もし今すぐプロ野球チームに入ったとしてもいきなり1軍の先発ローテーションに入れるほどの実力を持っているような気がします

 

対して、もうひとつの決勝進出校は履正社(大阪)です

履正社は近年春夏甲子園の常連校となっています

そして、履正社の最寄り駅(曽根駅)はミラージュの最寄り駅である石橋駅から4つ隣にあります

今年の春選抜では対星稜戦で奥川選手に完封負けを喫しましたが、その時から夏にかけて、150キロ超のストレートに対応できるよう、独自のトレーニングを積んできたそうです

 

どちらの高校も勝てば甲子園初優勝とのこと

明日の試合が楽しみです

 

インドカレー屋さん

阪大坂にあるインドカレー屋さんに初めていったときのひとコマ

 

店の中に入るとインド人らしきウェイターさんがいました

そのウェイターさんにカレーをひとつくださいと注文すると

 

「…チャイかラッシー…ついてきますが、どちらにしますか?」

 

片言ながら、セットでついてくるドリンクを何にするかということは理解できました

ですが、

チャイ?ラッシー?なにそれ?

聞きなれない単語にとまどいながらもメニューの画像をみてみると、どうやらチャイはうす茶色の飲み物で、ラッシーは白色の飲み物のようでした

白色のラッシーという飲み物が何なのか気になってウェイターさんに質問してみることに

 

「ラッシーって何ですか?」

「ラッシーは…ラッシーという、名称…です」

 

あっだめだ、全然わからん

チャイについても聞いてみようと思ってたけど、次の返答がなんとなく予想できてしまったので聞くのをあきらめることに

得られた情報は色のみ

うす茶か、白か…

うす茶はなんとなくコーヒーっぽい飲み物かな?

白は…牛乳?カルピス的な何か…かな?

白色の方はどんな味の飲み物か想像しづらかったので、無難にコーヒーっぽい色をしたチャイを頼むことに

そして出てきたチャイを恐るおそる飲んでみると、ミルクティーっぽい味がしました。なぜかほっとしました

カレーも普段食べているカレーとはまた少し違った味でおいしかったです

 

ウェイターさんは日本語は片言ながらも丁寧に対応してくれて、最後お店を出るときには出口までお見送りしてくれました

次行ったときは、ラッシーを頼んでみますかね

ふたりの太星

こないだコンビニのレジに並んでいたら、僕の後ろにひとりのおばちゃんが並びました

僕の購入した商品は12点

店員さんは新人さんのようで、僕の会計にやや手間取っている様子

そして会計が終わり、僕がレジを後にしようとすると、後方で商品を台にたたきつける音が

その音にやや驚きつつ後ろを振り返ると僕の方を睨みつけているおばちゃんと目があい、その予想していなかった展開におもわず吹き出してしまいました

数分のロスすら許さないせっかちなおばちゃんに大阪らしさをかんじました

というか怒りの矛先こっちかいな

 

こんにちは、切り札です

最近、週刊少年ジャンプで「ふたりの太星」という将棋漫画が連載を始めました

昼夜で人格が入れ替わる天才少年の太星がプロ棋士を目指すというストーリーです

まだ連載まもないので話の内容はこれからどうなるかというところですが、面白いなと思ったところは、ストーリー中にでてくる棋譜が、実際のプロ棋士の棋譜を採用しているところです

第1話ででてきた、飛車をただで捨てるシーンがあるのですが、その棋譜は前期竜王戦 5組決勝戦の藤井聡太七段対石田直裕五段の対局をアレンジしたものでした

その局面(実戦譜の方)がこちら

 

現在先手が77歩とした局面です

私たちアマチュアからすれば、飛車を逃げるかもしくは飛車で角をとることを考えそうですが、藤井聡太七段はなんとここで77同飛成を選択

そこから見事に攻めをつなげて勝利したのでした

 

漫画で実戦譜を扱うシーンは読みごたえがありますね

かつで大ブレークした囲碁漫画「ヒカルの碁」もプロの実戦譜を取り扱ったシーンが数多くでてきます

僕は囲碁はルールくらいしかわからないですが、それでも、この一手にはそういう意図があるのかーと思いながら読んでいくのは面白かった記憶があります

 

話はふたりの太星にもどりまして、第8話でも実際の棋譜を取り扱ったであろうシーンがでてきました

主人公の星が居玉のまま戦う棋譜ですが、その棋譜にすごく既視感をかんじながらも実際の棋譜がどれなのかが思い出せません

たしか羽生九段のタイトル戦か何かだったようなきはするのですが…

最近それが気になって仕方がないので、知っている方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

 

千駄ヶ谷の受け師

こんにちは、切り札です

東京の将棋会館は現在千駄ヶ谷にあるのですが、老朽化につき近々移転されるそうです

千駄ヶ谷といえば、千駄ヶ谷の受け師という異名を持つ棋士がいるのをご存知でしょうか

その名も木村一基九段です

異名の由来は、文字通り受けのうまさにあります

木村九段は守りに自分の玉も参加させる「顔面受け」という差し方を得意としています

また、木村九段の気風の特徴として、劣勢になったときの粘り強さがあります

どれだけ劣勢になって棋士によっては投了してもおかしくない局面であっても彼は最後まであきらめず差し続けます

木村九段の名言にこういうものがあります

 

負けと知りつつ、

目を覆うような手をさして頑張ることは辛く、抵抗がある。

でも、その気持ちをなくしてしまったら、

坂道を転げ落ちるかのように転落していくのだろう。

 

勝機がほぼない局面を差し続けるのは苦しいものですが、それを投げずに差し続ける執念こそが次につながるということですね

 

木村九段は遅咲きの棋士でして、奨励会鬼門といわれる三段リーグを6年かけて昇段し、23歳でプロ棋士になっています

プロになってからは7割越えの高勝率で駆け上がります

2007年にA級入りし、タイトル戦にも過去6度登場しています

しかし、残念ながら6回のタイトル戦全て奪取失敗に終わっています

あと1勝でタイトル奪取というところまで何回もいったものの、最後の1勝がつかめず>苦渋を味わう結果となっています

 

ですが、今期王位戦の挑戦者決定戦で羽生九段に勝利し、豊島王位に挑戦することが決まりました

木村八段は現在46歳ですが、その年齢にしてまたタイトル挑戦者となれたのは、あきらめない精神の強さによるものが大きいのかもしれません

 

タイトル戦は7月から始まり、第1局は7/3-7/4にあります

木村九段悲願のタイトル奪取となるか、ぜひ注目したいタイトル戦です

 

 

出身地は羽曳野市

こんにちは、切り札です

突然ですが、クイズです!

日本一高い山といえば富士山ですが、では、2番目に高い山はどこでしょうか?

 

 

 

 

 

 

正解は、北岳(きただけ)です!

山梨県にあり、高さは3193メートルあるそうです

 

簡単でしたか?知らない人も結構いたのではないでしょうか

日本一の富士山は日本人の大半が知っていると思いますが、どんなジャンルでも2番目はあまり知られてないものが多いですよね

 

では、2つめのクイズです

日本一の大きさの古墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)ですが、2番目に大きい古墳は何ですか?

 

 

 

 

 

 

正解は誉田御廟山古墳(ごんだごびょうやまこふん)です!

大阪府羽曳野市にある古市古墳群の中のひとつであり、墳丘長約425メートルあります

 

これは難しかったのではないでしょうか

日本一の大仙古墳は有名ですが、やっぱり2番目は知名度的に冷遇されがちですよね

そう、誉田御廟山古墳は大仙古墳の陰に隠れて冷遇されがちなのです!

 

僕の実家は大阪府羽曳野市にありまして、この誉田御廟山古墳も車でちょっといったところにあります

ですが以前、元店長の藤本さんに

「羽曳野市って、何が有名なん?」

といわれ、

「古墳ですかね」

と答えると、失笑してました

解せません

羽曳野市の誉田御廟山古墳も歴史的なすごい古墳のはずなのに、2番目だとこの扱いです

 

しかし先月、誉田御廟山古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されることが決まりました!

6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式決定し、世界文化遺産として登録されるとのことです

これで誉田御廟山古墳の知名度も上がり、羽曳野市も世界文化遺産のある街として有名になるはずです!

 

以前は、僕が出身地を聞かれたときに羽曳野市と答えると、

「どこそこ?」

とか。

「ああ、あの読み方わからんとこね」

という反応ばかりでしたが、これからは

「なんと、あの世界遺産、誉田御廟山古墳がある羽曳野市ですか!!」

となってくれるはずです、間違いありません

 

豊島新名人

こんにちは、切り札です

5/16,17に行われた名人戦第4局に豊島二冠が勝利し、4連勝で名人を奪取しました

豊島さんは自身初の名人位、そして初の三冠となって今まさに破竹の勢いですね

最近は将棋界の情勢が激変してきて、観る将のぼくとしてはすごく楽しいです

羽生九段は昨年度こそ無冠になってしまったものの、今期は王位戦に出場する可能性も充分あり、まだまだタイトル戦で見られる機会は少なくなさそうです

もう少ししたら、今年勝率9割で突き進んでいる藤井聡太七段もタイトル戦に加わってきそうですし、タイトル戦が今後ますますおもしろくなってきそうです

個人的には豊島三冠対藤井聡太七段や羽生九段対藤井聡太七段のタイトル戦をぜひとも観てみたいです

以上、直近のタイトル戦情報でした

 

 

天鳳の牌譜から50

こんにちは、切り札です

昨日行われた名人戦第2局で豊島二冠が佐藤名人に勝利し、2勝0敗として名人奪取まで残り2勝としました

もし豊島二冠が名人を奪取すれば三冠となり、タイトル保持数で単独トップになりますね

僕は豊島二冠と年齢が近く子供のころに何回か彼と将棋を指したこともあって、応援している棋士のひとりです

今回の名人戦は若手トップ棋士同士の対戦ということもあって、どうなるのか楽しみです

 

上図は東風戦東2局3本場、39000点持ちトップ目の親番です

ドラが東なので、h菓子の重なりを期待しつつ手を進めていきます

 

3巡目、下家が2pポン打7mとしました

ドラの役牌を1枚だけ持っているときは、他家の仕掛けに対して、ドラを切るか抱えるかの判断を毎巡迫られることになるので慎重に考える必要がありますね

 

6巡目、平和ドラ1の1シャンテンになりました

ここでドラの東を切って聴牌受けMAXにとるか、いったん打4pとして様子を見るかの選択ですが、どちらが良いでしょうか

ちなみに下家は2pポン打7mのあとに6sを手出ししています

仕掛けで3~7牌が2種以上出ているときは、変則手を除いてそこそこ手が整っている可能性が高いです

そこで、下家の役を考えてみると、タンヤオか役牌(中か東)でしょうか

もし下家がタンヤオなら、自分の手がよいので無視して良さそうですが、役牌ならかなり東が切りづらいところです

もし下家に東を鳴かれると、捨て牌的にポン聴である可能性も高く、点棒状況も考えると親とはいえかなりオリ気味の苦しい展開になります

また、下家に満貫ツモられるとかなり接戦になってしまうので、実戦では、とりあえず様子見で打4pとしました

 

次巡、ツモぎった6mを下家がチーして打5pとしました

下家がタンヤオなら聴牌濃厚、役牌なら聴牌と1シャンテンが半々くらいでしょうか

これで東がかなり切りづらくなりました

トップ目ということもあり、あまり無理をせずオリも視野にいれます

 

2巡後、下家が7pを手出ししました

ピンズの上が

799p、788p

などでもっているのか、もしくは4pとのスライドでしょうか

 

その2巡後、こちらも3pを引いて聴牌しました

ただ、、下家がタンヤオっぽくなくなってきています

というのも、タンヤオだとしたらこのへんが待ちだろうなというところがかなり否定されてしまいました

まず、ソウズですが、25s、47s、58s待ちは僕の直前の打54sに反応がなかったので違いそうです(そこが待ちになるのであればそもそも54sを鳴いているはず)

また、対面が3pを切っているので、下家がチー打5pで36p待ちになった可能性も否定されています

マンズは25m待ちが残っていますが、マンズ下は6mを鳴いているので、その可能性もそこまで高くないようにおもいます

タンヤオならここが残っているはずというところがかなり否定されてしまい、さらに2巡前に中が通ってしまったこともあり、下家が東バック聴牌の可能性がかなり高そうに思えます

たとえ親でメンピンドラ1の聴牌であってもここから東を切るのはリスクに見合ってなさそうなので2sを落としていきました

 

2巡後、4mを引いて東単騎で聴牌しました

下家が東バックなら自分のあがりめもかなり薄いのですが、他家に手痛い放銃をするリスクもそこまで高くないと思い、ここでリーチしました

 

結果は流局となりました

この局は下家の仕掛けの対応にてこずりましたが、なんとか粘ることができました

令和の怪物

こんにちは、切り札です

突然ですが、「平成の怪物」といえば、皆さんは誰を想像しますか?

これにはおそらくほとんどの人が松坂大輔と答えるでしょう

松坂大輔選手は高校時代、1998年春の甲子園で球速150キロ、夏の甲子園では151キロを記録し、当時としては初の150キロ代を達成した高校球児として一躍有名になりました

また、その年の甲子園準々決勝では大阪の強豪PL学園を相手に延長17回の熱闘を勝ち抜き、決勝ではノーヒット・ノーランを達成し、横浜高校優勝の立役者となりました

当時小学生だった僕は甲子園の試合をテレビで連日観戦しながら、とんでもない投手が出てきたなと子供ながらに思っていました

そして、その後の甲子園全国高校野球の球速最速記録は、2001年の寺原隼人選手(現・東京ヤクルトスワローズ)が154キロ、2007年の佐藤由規選手(現・楽天イーグルス)が155キロと更新されてきました

また、2012年県大会では大谷翔平選手(現・ロサンゼルス・エンゼルス)が160キロを記録し話題になりましたね

最近では球速150キロ代を記録する高校球児は珍しくなくなってきました

それだけ日本の野球界のレベルが上がってきたのでしょう

そんな中、また一人、野球界を騒がせる高校球児が現れました

大船渡高校(岩手)の佐々木朗希(ささきろうき)選手です

彼はU18W杯の高校日本代表として、今月に行われた練習試合でした非公式(スカウトのスピードガンで計測)ながら球速163キロを記録しました

163キロを出した時の動画を見たのですが、190センチの高身長から綺麗な投球フォームで放たれた球は矢のようにミットに一直線に吸い込まれていきました

これはおそらくスピードガンの故障とかではなさそうです

夏の高校野球選手権大会ではどのような公式記録が誕生するのか、また、彼がプロ入り後どのような投手になるのか今からすごく楽しみです

「令和の怪物」が誕生する日はそう遠くはないかもしれません

天鳳の牌譜から49

こんにちは、切り札です

4月に入り、新入生や新入社員の方たちで皆さんの生活環境も一新されたかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか

ミラージュではまだあまり環境に変化はありませんが、大学新入生の方が大学生活に慣れてきた頃にミラージュにお客さんとして、もしくはアルバイトスタッフとして来てくださることを楽しみにしつつ日々を過ごしています

 

上図は東風戦オーラスで、ラス目の北家の配牌です

3着目の西家とは5800点差、2着目の南家とは8200点差です

満貫ツモなら2着ですがラス回避が重要な天鳳では3着浮上が最重要事項なるので、1300/2600ツモか3900直撃、満貫出アガリを狙っていきます

 

1巡目、上家が西を切りました

この西を鳴くかどうかがいきなり難しいところです

スルーする場合はリーヅモドラ1で点パネ、もしくはリーヅモ三色やメンタンツモドラ1あたりが目標になります

鳴くと現時点では条件を満たしませんが、ホンイツドラ1で字牌カンしてのパネや、役ホンイツドラ、あとは小四喜を狙っていく方針になります

どちらを選んでもかなり苦しいことには変わりないのですが、実戦では鳴きの方が若干ラス回避率が上がると判断して西をポンしました

また、染めるとすれば枚数の多いソウズと、打点が上がりやすいドラ色のマンズのどちらかが有力なのでピンズを払っていきました

 

次巡、南も切られ、これもポンして打2pとしました

 

次巡7mを引いてきました

これでドラ色であるマンズの染めもかなり視野に入ってきました

 

さらに次巡、ドラの5mを引き入れました

ホンイツドラドラに期待してマンズの染めに移行します

 

次巡、北を引き打7s

 

5巡後、6mを引き1シャンテンに

 

さらに次巡、西を引いてきてカン、これでホンイツドラ1でも6400点になり出アガリ条件を満たしました

 

すると嶺上牌で東をツモりました

小四喜の1シャンテンでもありますが、ラス回避を優先して聴牌にとります

 

最後は6mを3mと入れ替えた後、下家から8mがでて6400点をあがることができました

 

現状条件を満たさない仕掛けでも後々打点が上昇するケースは多々あるので、面前聴牌が苦しい形であれば見切り発車の仕掛けが有効なケースは多いかと思います