大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 2300バック

ブログ

2300バック

どうもこんにちわ、梅田店からの移籍組、週末スタッフのみさわまるです。

»平日は?

他の仕事でいらっしゃいませしてます。

唐突ですが点棒の支払い方についてみなさんはどう思ってますか?

 

・払い方気にするのは払うしか能のない弱いやつの発想

・卓上を移動する点棒の数を少なくスマートにすませるのはマナーでメンタル勝者の余裕の表れ

 

なぜだか自然と例が煽り気味になってしまいました。

マイルドにすると

・スコアには関係ないんやからどうでもええやん

・あとで余計な手間や時間をとらないで済むようにあらかじめ支払いに気を配るのほうがいい

でしょうか。

先日、ミラージュではなくてもう一つの仕事のところでびっくりすることがありました。

1日の売り上げを集計していたのですが、時間帯ごとの売り上げ袋の一つに変なものが入っていたんです。

袋を持ったときに、

 

(お、なんだか重いなぁ……それに、釣り銭で使わない小銭を入れてるにしてもあんまりジャラジャラ言わない)

 

で、開けてみたんですよ。

中からゴトッと出て来たんです、

入ってたんですよ、

未開封の100円50枚の棒金が。

釣り銭で100円と10円はこれでもかというくらい使うお店なので、週に2~3回くらい手数料支払って両替してるし、その日も週末前に両替をしようとしていたところなので顔がポルナレフになりました。

レジは財布じゃねぇ!!

財布は基本的に出て行くお金を用意しておくので残高が管理し易いように中はすっきりさせますが、レジみたいなものは主にお金を増やす取引をスムーズに連続して行えるように管理するもんって話を初めてしました。

 

そこでハタと気付いたんですよ。

(´◔ω◔`)oO(……これ、仕事ではあんまり見かけないけど、麻雀ではわりと見かけるよなぁ)

と。

 

そうです、点箱は財布ではなくレジスタータイプです。

細かいのから順に支払って万点棒を大事にしている人はもちろん、リーチ棒がなくなってリーチをするときに500点2本出してリーチ棒に替えて貰ってる人もやや財布的思考になっている。

もちろん、被ツモがあるので自分が支払うことがそこそこ多くなりがちなのが麻雀ですが、それでも増やしたいならたくさん取引をしなければ。

麻雀コミュニティではなんか定期的に点棒支払いマナーとかが話題になったりして、あれが正しいこれが正解みたいなややこしい話する人もたくさんいますがそんな難しいことはなんもないです。

自分のとこに少なくなって困る種類の棒がないかだけ気にしていればいいし、微妙なラインで迷ったらだいたい多目に出しておつり貰っておきましょう。

3900なら1100バック(5000点出し)

7700なら2300バック(10000点出し)しとくとわりと「やるなこやつ」って思ってもらえがちです。
とりあえずこの財布って表現が個人的に気に入ったので1ゲームに2回以上点棒両替をしているメンバーがいたらこれから、「お前の点箱は財布かよ!」って煽ってさしあげたい。

あ、どうでもいいですが点箱の画像探してて見つけた↓の点棒、見てて不安になりませんか?

特殊ルールによる量の増加じゃなくて、点棒の同士のすきまや、太さのばらつきとかが・・・

点箱