大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 3人打のセオリー

ブログ

3人打のセオリー

こんにちは、ヤナギウチです

少し前からミラージュでは3人打ちが始まりまして、僕も本走でちょくちょく打っています

4人打ちとはセオリーが結構違っていて、どう打ったらいいかわからず日々悪戦苦闘しております

 

3人打ちが得意な人たちにいろいろ教えてもらったところ、4人打ちと違うところはこんなかんじでしょうか

・良形リーチが(4人打ちよりも)強い

・あまりオリない(4人打ちと比較して)

・満貫は安手扱い

・打点が低く(子の満貫以下)遠い仕掛け(鳴いて2シャンテン)はあまりしない

・ポンテンは基本的に全てとる

・相手のリーチに対して、序盤は結構押す

・自分が親のときはかなり押す(親が強い)

・親リー相手にはあまり刃向かわない(満貫良形聴牌なら押しても良い)

・役あり愚形はダマにすることが多い

・決定打を狙えるときは積極的に狙いにいく(3倍満、飛ばしなど)

・1フーロしてる他家の聴牌率が(4人打ちより)高い、

・オリ打ち期待のリーチはしない(相手があまりオリないため)

・青5萬がまだみえてないときはリーチ寄りになる

 

あとは、押し引き判断の基準として、押すオリるか迷ったときは、4人打ちより押す選択を選ぶ方が良い結果につながることが多いようにおもいました

 

なお、ミラージュの3人打ちで独特なところは、トビと沈みウマの比重が大きいので、飛ばまないこと、沈まないこと(4万点以上)、相手を飛ばすことの3点が重要になってくるそうです

 

とりあえず今のところ、3人打ちの特徴はこんなかんじなのかなと思っていますが、まだまだ自分の中でセオリー化できていない部分がたくさんあるのでもっと勉強していきたい思います

 

3人打ちは4人打ちとはまた違ったおもしろさや爽快感があります

皆さんも是非ミラージュの3人打ちを遊びにいらしてください