大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 音量調整と引きこもり

ブログ

音量調整と引きこもり

やるゲームを全てやり終え、信長の野望発売日まで暇な店長です。

 

僕は多田さんのような知識量が無いので実体験に基づいた話をしたいと思います。

うちの店員にもいるのですが、たまに声の音量調整機能がぶっ壊れている人を見ます。

小さな声で話さなきゃいけない内容をすげー通る声で話したり、

BYで雑談している時に笑い声がでかすぎるとか、

まぁほとんどM屋君の話なんですが、

彼らは生まれつきボリューム調整機能がついてない可哀想な奴らだと思っていたのですが、

どうやらこれらの現象は先天的な物では無く後天的な物だと最近気づきました。

 

と言うのも最近彼女がこの病気を発症してしまいました。

元々そんなに声を張るタイプでは無かった彼女が最近すげーうるさいのです。

たまに出かけると電車の中でありえないボリュームで話してきたり、

家の中なのにすげー通る声で話しかけてくるのです。

ここ1年程、彼女は専業イラストレーターとして生きているので人とほとんど喋っていません。

そのせいで適切な音量と言うものを忘れてしまったのです。

よくよく思い返してみるとメンバーのM屋君も人とほとんど話していないと言っていました。

 

どうやら彼らは生まれつきボリューム調整機能が付いていない可哀想な奴では無く、

日常生活において話し相手がいない可哀想な奴だったのです。

今まで僕は無神経にM屋君やU辺君に、もうちょっと静かにしろだの、うるせぇだのと怒っていましたが、

これからはもっと優しく接してあげようと思います。

 

e26533a1