大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 雀王戦C3リーグ最終節

ブログ

雀王戦C3リーグ最終節

おはこんばんちは

山浩です。

本日のブログはリーグ戦最終節についてです。

あまり良いところなく第4節までおわりましたが、

最終節でトップ2回とれば残留の目があります。

対戦相手は(御崎p、夏月p、尾島p)

御崎pはC2独走の首位で昇級ほぼ確定

夏月p、尾島pはD1降級2人にそれぞれ入っていますが、

トップをとり別卓条件で残留もできる状態。

1回戦目

ツモられ続けてオーラスラス目

0、1本場はリーチして、流局の二人テンパイ

2本場5800は6400あがり2着目に

3本場は流局でしたが、3着目と4000点、

トップ目と30000点位離れていたので、

テンパイしてましたが、開けるか伏せるか迷いました。

結局開示し、二人テンパイ

4本場ラス目の尾島pが3着目の夏月pに1300は2500あがり、2着終了

2戦目

東2局親番ドラ發で、残り4枚位の二五八でリーチ

残りツモが3巡の時、ツモ番のない御崎pが1枚切れの北ツモ切りリーチ

河から七対子のドラ待ちか、ドラ絡みの待ちに見えました。

そしてその發を一発でもってきて12000点放銃

後で聞いたら上家も一発で發を持ってきたの事。

この段階でラスに落ちあとがない状態でしたが、

あがれず、人の当たり牌ばかり引きひたすら降りてました。

この時点で私以外全員プラス域で200p離れてしまったので

残り2半荘残してほぼ降級に。

3戦目

5200点、2000点あがり一応トップ目でしたが、

東4局2本場、夏月pのダマ七対子ドラドラを放銃し、

そこから6000allや満貫の親かぶりなどでラスになり

ここで降級確定

4戦目は夏月p、尾島pの大トップ条件が残っていたので

ひたすらリーチが入れば降りることをしてました。

D1に降級ですが来期取り敢えずC2目指して頑張ります。