大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 関西雀王戦Bリーグ

ブログ

関西雀王戦Bリーグ

おはこんばんちは。

山浩です。

今回のブログは関西雀王戦Bリーグについてです。

緊急事態宣言が発令中もコロナ対策を万全にとりつつリーグ戦が行われていました。

第1節目のスタートは9年目にして初めて

オーラスでチップ(3万点分をトップ者から借りるときに使用)をおかわりするという

箱下34200をたたき出し、▲94.2pと1戦で悲しいスコアを叩きだし

今期は降級(下位3名)してもおかしくないと思ってました。

案の定2節以降は負債をとりつづけ

7節以内で+が0.7だけとつらい日々を過ごして

▲400以上たたき出し降級ほぼ確定だろうなと思ってました。

8節目転機が訪れました。

休場者が2人でて降級枠が残り1人になりました。

ここから奇跡の残留を目指して戦い

8節目で+71.5p

9節目で+3.2pと望みを繋げました。

9節目終了時

降級する10位から7位までの差が104.5p

私は降級まで70.2p差と4つ巴の戦いで

誰が降級してもおかしくない状況

最終10戦目は

成績上位者からたすきがけになるので

1位、4位、5位、8位、9位と

2位、3位、6位、7位、10位の2卓の組み合わせになり

抜け番も上位者からになるので

私は別卓条件の10位の人より上になっとけば

最終抜け番時、残留が確定する。

私の方が下ならお祈りタイムになるので

必死で戦いました。

その結果

3,3,1,1着の+75.2pで終えました

この時点で10位の方より上だったので

残留が確定しました。

最終戦終わりのスコアが

結果7位で終えることができました。

一時はほぼ降級確定しているところからの休場者が出たことで

奇跡的に残留することができました。

来期もBリーグで昇級目指し日々精進して頑張りたいと思いますので

皆様応援よろしくお願いします。