大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 超能力研究部の3人!

ブログ

超能力研究部の3人!

291a1c67

すごーです。12月8日ロードショーですが、試写会で一足先に見てきました。

乃木坂46のいくちゃん、ななみん、まなったんの3人が主演している映画です。

この映画、かなり不思議な作りとなっていて、タイトルにある「超能力研究部」はほとんど出てこなくて、作品の8割くらいが映画を作っていく際の3人のリハーサル風景や、インタビュー映像なんですね。

でも、リアルにドキュメンタリーなんじゃなくて、「これはさすがに演技だろ」ってのもあって、どこからがリアルでどこからが芝居なのかがわからない。

超能力研究部の3人というひとつのSF作品であって、乃木坂46のアイドルが女優として奮闘するドキュメンタリーであって、フェイクドキュメンタリーでもある、そんな多面性を持った作品です。

 

ネタバレにもなっちゃいますが(どーせ誰も見に行かないだろーけど)、他のメンバーが散々撮り直しさせられてうっまくいったテイクの後に拍手喝采が起こります。その後インタビューのシーンで僕の推しメンのいくちゃんが「(芝居が)できすぎるからちょっと我慢してるんじゃない?」という質問に涙を流すシーンがとても印象的でした。

「なんでもそつなくこなすからそれが当たり前のように思われるし、できない子が何かを克服した時に生まれる感動に勝つことはできない」というようなことを言いながら涙を流す姿には心を打たれました。

同じ東大に入るにしても、進学校の生徒が入るのとヤンキーが更生して入るのとでは捉えられ方が違いますよね。

出来る人には出来る人なりの努力や苦労があるってことは、一番忘れてはならないことですね。