大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 縦社会

ブログ

縦社会

店長に就任して早3週間、元副店長です。

 

店長になった事により業務が増え結構大変です。

一見すると今までと変わり無く働いているように見えるかもしれませんがそれは幻です。

お客様には「これでお前の天下やな」と言われますがまったくそんな事はありません。

「目の上のたんこぶの上司がいなくなって良かったな」などと心無い一言をお客様に浴びせられいたく傷ついております。

そこで今回は僕の敬愛する上司の方々を紹介したいと思います。

 

まずは何と言ってもこの方、ミラージュの帝王マスターです。

僕がまだペーペーの頃から麻雀や仕事様々な事を教えて頂きました。

今だにご迷惑をおかけする事が多々あるので申し訳ない限りです。

バイト間ではミーハーと呼ばれているマスターですが僕はその発言を聞く度にバイト達を叱責しています。

マスターはミーハーではなく流行に敏感なのだと。

そんなマスターの言葉で今でも忘れられない言葉があります。

ある日ペーペーバイトの僕はカラー印刷のポップを間違って印刷してしまい「すいませんでした」と謝りに行ったところ、

「人間の血液よりインクは高いんやから気をつけてな」

と言う至言を頂きました。

それ以来僕は印刷ボタンを押すたび自分の血液が無くなる気持ちで今日も印刷物を刷っています。

 

 

次は元店長こと、現マネージャーです。

歳が僕の1つ上と言う事もあり、昔から様々な相談に乗って頂きました。

今だに仕事の事で多々相談をさせて頂いており非常に感謝しています。

そんなマネージャーの心温まるエピソードがあります。

我がミラージュでは業務中に名札を付ける事を徹底しております。

しかし残念な事に度々忘れてしまう社員がいるのです。

仮に彼の名前をスゴウ君としましょう。

ある日スゴウ君はまた名札を付け忘れて業務を行っていた所を業務中のマネージャーが目撃しました。

マネージャーはスゴウ君の事を思いかなり厳しくバックヤードにて説教を行いました。

どうして名札を付けないのか?と、

しかしそんなマネージャーも名札を付け忘れているのです。

最早コントでしかありません。

どうやらマネージャーは飴と鞭を同時に使う方法を僕に教えようとしてくれていたようです。

そんなマネージャーの深謀遠慮を察する事もできず笑ってしまった自分が許せません。

 

まだまだ書きたい事もあるのですが、これ以上書くと降格人事に発展しかねないのでここら辺で締めとさせて頂きます。

画像は〔心を落ち着ける画像〕で検索した所、一番上にヒットした画像です。

この小さい画像をマスター及びマネージャーに対する謝辞としたいと思います。

kakaka