大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 結局うまくならなかったけど

ブログ

結局うまくならなかったけど

自信満々にバイトを始め年が経つごとに麻雀がわからなくなり、至った結論が“待ちは考えてもわからん”という頭のキレる先輩たちからいったい何を学んできたんだということに。
そりゃ鳴いた後の手出しとか、単純な3手詰くらいのロジックは考えるフリをしてみるもののマタギの一言に集約され、その信頼度も30%程度では4人麻雀は無視して押すかオリかの2択でしかないという雑な感想になりました。
テンパイ連荘だったらまた違うゲーム性になりそうなのでプロの対局は想像以上に見るとこ多いのかなと思います。批判ではないです。一応。

片山です。アルバイトでは古参でしたが最後まで年上が多い環境でした。後輩として尻尾を振る姿勢は身についたと思います。阪大が目と鼻の先にあり学生のお客様も多く、ミラージュ内外問わず仲良くしていただきました。
ミラージュでは真面目キャラでいたつもりだったんですが研究室ではお調子者との評。世間はやはり僕をわかっちゃいないとか考えてたら2留してたこと思い出しました。妥当でした。

これを書いている現在はまだ引っ越し前で荷造りを何度も先送りにしてるんですが、今回のブログ記事作成にあたりいろいろ思い出してみて、試験期間中は荷造りでも役場手続きでもなんでもやるから単位くれとか考えてたはずなので、荷造りを始めることにしました。causalityのあるシステムですね(信号とシステム感)。
目の前のタスクが過去の自分の行動結果の分岐先であった場合ストレスひかえめで受け入れられると思います。なので、1週間くらいしたら恥ずかしくなると思います。

最後に、大阪を離れるとはいえどTwitterなどが普及している現代で、もう2度と連絡の取れなくなる人は案外少ないと思うので定型文的な挨拶は省略させていただきます。お世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「次元の超越」ウィッチ/20コストスペル

このセメスタのあと、自分の追加セメスタを行う。
サボリブースト コスト-1

“天も、地も、世界でさえも…誰一人、何一つ、彼女を縛ることは敵わない。”

 

僕は2枚デッキに入れました。