大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 紙一重

紙一重

紙一重

怠け切った体に連勤を叩き込み
毎日毎日舞い込んでくる埋まらない嵌張辺張、鳴けない翻牌、和了れない満貫に精神を擦り減らし
MPが0に近付いた私は麻雀牌から目を逸らすべく梅田の大手チェーンの喫茶店にてこの文章を書いております。
典型的な中途半端野郎担当、ナカヒラです。

知らない他人の顔面や会話を情報として脳に入れることでMPを恢復しようという事ですな。
たのしー!

さて、今日のブログのテーマは蛭子能収です。

「蛭子能収」の画像検索結果

お茶の間でも有名なこの人ですね。
あたかも謎のおじさんタレントみたいな振る舞いをされてますが本業は漫画家。
シュールな画風シュールな内容、ヘタウマ時流にのりアングラ漫画界に登場した異才の漫画家であります。
結構すごいひとなんですね。

ということで、是非漫画を読んでみたいと思ったのですが作品集は大体既に絶版になっており入手困難。
電子書籍ならあるみたいですが生憎紙媒体で欲しいものでして。

ただまあ、初期作品集の「パチンコ」なら売ってるようで、梅田のジュンク堂で探すと直ぐに見つかりました。
サブカルと題された棚にあったのが印象深く感じましたね。
サブカルとしての漫画の中のサブカル。

 

漫画の内容については簡潔に、面白かったよとだけコメントします。
あまり色々感想を述べるのも野暮なので。
不条理系が好きな人は是非!

 

ネットで蛭子能収で検索すると色々なエピソードが出てきますが
日本のメディアの低俗さを目の当たりに出来るので興味がある方は是非。
これを低俗と捉えられるあなたと私は友人になりたい。

 

新たな年度の始まりとはまるで無関係な記事にはなりましたが
今日も平常運転ということで
明日からもミラージュにてお待ちしております。

ではでは。