大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 第16期後期雀王戦関西C2リーグ第4節

ブログ

第16期後期雀王戦関西C2リーグ第4節

皆様おはこんばんちは。

もう少しで2017年も終わろうとしておりますが、

新年の準備等しておりますでしょうか?

今回は12/2、3にありましたリーグ戦第4節について書いていきます。

今回はポイントを持っているC2リーガーは皆それぞれ別卓で対局となっており

次節最終節なのでどうなるのか正念場となっております。

今回は小南p(C3)、渋谷p(D2)、新井p(D2)との対戦。

1戦目

オーラス36600点持ち34000点持ちの渋谷pと新井pから立直がはいり

結局渋谷pが立直七対子で捲くられる。

+16.6

2戦目

オーラスラス目の渋谷pと700点差の3着

2着目の小南pと4500点差

立直棒出すとラス目になるので手役をからめ2着を狙いながら、

最悪1000点でもいいので3着狙ってました。

とりあえず聴牌しないといけない状態でした。

どうなる事やらと思ってたら、

トップ目の新井pが500-1000ツモって3着で終了

何とか耐えました。

▲22.0

3戦目

僅差の戦いだったのですが、あがることができず

小南p、新井pの28400点の同点トップで終了

渋谷pが26700点、私が15500点持ちでした。

▲44.5

ここでラスを引いて痛いなと思っていたら

前回4位の中村pが1位にいるではないですか。

物凄くヤバい状況になってました。

4戦目

ここで負けたら、最終節厳しい事になるので

必死でトップとりに行きました。

今まで我慢してた分が功を奏し、

立直七対子ドラドラや、

立直平和一盃口表裏裏など和了り

40600点のトップで終了

+60.6/10.7p

その後、他の卓が気になり観戦してました。

結果は、少しポイントを減らした麻生pが首位

2位に連日100p以上叩いた中村p

3位に2位と200点差で奇跡の位置にいる私、

4位に前回対戦した稲川pが少し貯金して終了。

なんとまぁ前回のリーグ戦では90pあれば昇級出来たのに

今回は200pオーバーが4人もいる大混戦となっており

また、1~4位の差が33.8pで1着順で順位が変動してしまう、

壮絶な最終節となってしまいました。

泣いても笑っても来年1/13が最終節なのでご声援よろしくお願い致します。

 

今年一年お世話になりありがとうございました。

良い年末年始をお過ごしください。

また来年もよろしくお願い致します。