大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 球春到来

ブログ

球春到来

こんにちは、本多です。

2月といえば球春到来、プロ野球のキャンプの時期ですね。

新外国人はどんな選手だろう、今年の新人の中から誰が育つだろうか、あの選手はフォームを変えて良くなったなあ、とか考えながらキャンプ中継を眺めています。

贔屓の球団でなくとも注目していた選手が出てくると嬉しいもんです。

いよいよオープン戦も始まり、早くも打った抑えたで一喜一憂。楽しい~~

勿論シーズンが始まればシビアに見なければなりませんが、今の時期くらいポジティブに考えていたいですね。

 

野球といえば、僕は『ドラフトキング』というプロ野球スカウト漫画を去年推していました。

スカウトの仕事とは、将来プロで活躍しそうなアマチュア選手を発掘し球団に推薦することです。

チーム事情にあった選手を探したり、会議でプレゼンしたり、入団後も選手にアドバイスをしたり……と意外と知らない仕事ぶりが描かれます。

そうしたお仕事紹介的な側面だけでなく選手個々のドラマが面白い。

プロを諦めた社会人選手や地方大学の隠れた逸材、伸び悩むドラ1など実際にこういう選手いるよなーと思わせてくれる。

クロマツテツロウらしい独特な着眼点は野球好きほど面白く感じるのではないでしょうか。

↑プロに進むことだけが野球人生ではないんだよ、って話は結構好きです。

社会人野球のエリートって結構お金貰ってるんですね。

現在グランドジャンプ本誌では、素材型の高校生が直接プロに行くのか大学進学するのか、プロ側と大学側が綱を引き合うエピソードが描かれています。

これも現実的な話題で興味深いです。

 

この時期は僕にとって花粉症シーズンでもあります。鼻炎薬とティッシュは欠かせません。

酷いと頭がぼーっとしたり熱が出たりするので、麻雀も負けそうです。

ほんとつらい。それでは。