大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 河を見ないで奈良を見てきた

ブログ

河を見ないで奈良を見てきた

こんにちは、気圧が低いとアタマがぼーっとする、ゆえに晴れの日こそ麻雀したくなる系雀士、どうもみさわまるです。

 

そんな僕ですが先日のお天気のお休みは ↓ に行ってきました。

00086104

奈良に遊びに行くのは生涯で3回目くらい。

剣道やってはいましたが刀剣美術とかはさっぱりわからん完全ミーハーレベルで行ったものの、”ゲームなどの世界で見かけて興味を持つような人向けのライトな方向けの解説展示”と解説がわざんざ断ってくれてるようなやつだったので、撮影禁止で広告の画像も全然ないから雰囲気伝わるものがないですが、けっこう楽しめるやつでした。

 

噂の刀の《噂》に関する文書が村正以外あ

んまりなかったのだけが期待とちょっとちがいましたが、それでも1時間くらいで回れる規模かなと思ってたのに2時間長みてました。

 

たぶん、普通の展示やと美品や一級品ばかり並ぶんでしょうが、立ち止まってみる1スポットごとに本物とニセモノ、出来のいいものとそこまででもないものや弟子と師匠の作なんかを並べてくれてたので、ぼくのような素人にもぼんやり何か違うのが伝わる、って配慮が良かった。

 

どんなものでも分かるってすっごい楽しいですもんねw

 

普通の絵画とか観るときは

≪難しいこと考えないで、好きか嫌いでもなんでもいいから自由に楽しめ!≫

って考えですが、楽しみ方や鑑賞のルール・ポイントがそこそこ決まってしまっているものはそうはいかないからですもんね。

 

ちょっとした工夫でわかりにくいものを幅広い人に楽しんでもらえるものにできるもんなんやね、と、傍目にはなにが面白いのかよくわからないまぁじゃんという遊びにハマり続けてる人としてぼんやり感心みたいなものを覚えた、そんな休日でした。