大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 文学部っぽいブログ

ブログ

文学部っぽいブログ

初めまして。ミラージュ梅田店新人メンバー松田です。

大学四年間ぷらぷらフリーを巡ってきましたが、ついにメンバーとなりました。今後ともよろしくお願いします!

 

さて、好きなこと書いていいよと言われましたので、文学部生らしく好きな本でも書いてみます。雀荘で「何学部ですか?」僕「文学部です」「ぽい~」というくだりを何回やったでしょうか。

漫画も新書も麻雀本も読みますが、とりあえず僕が一番読んだであろう本をあげときます。

21QSR8M1Y7L._SL1500_

北方謙三『三国志』全十三巻。

11261342_127217984292713_687362571_n

リアルで三国志についてこんな感じで熱弁しようとするとこの後ボコボコにされるイメージしかしないです。

 

でもちょっと待ってください花さん。本当に面白いんですよ、三国志って。

 

たった百年くらいの中でこれだけ魅力的な人間が出て、目まぐるしく勢力図が変わっていく時代なんて世界史を探してもまあ見つからないです。

 

いろんな小説、漫画がありますがおすすめはなんといってもこの北方版三国志。

 

ハードボイルド作家らしく、よけいな主観の感情や比喩表現を極限までそぎ落とし、簡潔に淡々と物語が進みます。これが抜群に面白い。

 

もともとの題材の良さが、作者独自の歴史観、絶妙な味付けのオリジナル性、そして圧倒的な人物描写で浮き上がってきます。

 

あんまり長々としすぎるのもよくないので、このあたりで止めときます。全十三巻とかなり長めですが時間のある学生方は一度読んでみてください。

 

ではまた次回があればお会いしましょう。