大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 店長問題・・・マスターの答え

ブログ

店長問題・・・マスターの答え

店長問題のマスターなりの回答です。

回答いただいた方、ありがとうございました。現在店長が集計してます。

抽選でなんか当たるらしいです。ちょっと待っててください。

 

今日はけっこう長いです。心して読んでください。

オーラス 親番 0本場

30000点持ち2着目 トップ目は38000点持ち、3着目、4着目は18000.14000点

席順で2000点オールじゃ足りないかんじです。でも3着目にマンガンつもられるとまくられます。

ドラ三萬 4巡目

四萬伍萬伍萬六萬七萬九萬二筒三筒四筒六筒七筒白白

1.このときに下家から白がでました。

これをポンしますか?

2.同順トイメンから白がでました。

これをポンしますか?

3.それとも2つともスルーしてメンゼンリーチを狙いますか?

4.おとこらしくメンタンピンツモフィニッシュですか?

 

「1回で捲れる可能性が低いから1鳴き」
「1回で捲れる可能性があるから鳴かない」
このような声がお客様やツイッターでの意見として多かったように思います。

この問題においては3着との点差のことなど、他にも注目するべき点はたくさんあるのですが、今回は選んだ理由で最も多かった「1回で捲れる可能性」について簡単に検証したいと思います。

これから計算式や数値がたくさん出てきますが、省くものや間違っている可能性もありますので、明らかにおかしい!ってことがあったらマスターまでお願いします。

鳴かなかった場合 368m58pの19枚受け入れがあります。(他にも白など直接テンパイにはならない有効牌がありますが、計算が複雑になりすぎるので省略します)

対して鳴いた場合は、4578m 4567pの24枚受け入れとなります(3-6mを引いた場合もテンパイとなりますが、極端にアガリ率が低いので省略します)

4巡目の親ですので、136牌からドラ表示牌、捨て牌、自分の牌を引いた109枚が見えていない牌になります。

つまり、メンゼンで次のツモ番にテンパイする確率は19/109となり、約17%あります。

鳴きの場合、22%程度の両面テンパイが期待ができます(単騎も含むと約28% また58m58pは鳴くことができるのでテンパイ確率は約34%程度まで引きあがるんじゃないかと思います。)

これだけだと、まだどちらが有利であるか答えが見えてきません。

次にメンゼンで捲れる確率を大雑把に計算をしていきたいと思います。この計算をすることで、前者の方が明らかに有利なのか、それともそんなでもないのかがわかるかもしれません。

※ツモとロンの確率ですが、ここではツモ:ロンの比率を1:2としたいと思います。(実際にはオーラスであること、点棒状況、親などの要素があるので、ツモの比率が若干高いのではないかと思いますがここでは計算に含めません)また、直撃の確率はそれなりに下がると思いますので通常の半分の11%としています。よって
ツモ:ロン:直撃=33:56:11
で計算しています。(これは僕の感覚であるので、実際には違うかもしれません。)

※裏ドラ確率は1枚以上乗る確率が29~34%なので32%として計算します。
※裏ドラが2枚乗る確率は6~7%なので、6%として計算します。
※一発の確率は6%としています。

萬子は11枚の受け入れで、そのうちドラが4枚あります。
筒子は8枚の受け入れで、そのうち赤が8枚あります。

ドラのあるなしのアガリ確率は
ドラなしアガリ・・・7/11*7/8=56%
ドラ1アガリ・・・・4/11*7/8=32%
赤アガリ・・・・・・7/11*1/8=8%
ドラ赤アガリ・・・・4/11*1/8=4%

となります。

ツモで捲れるアガリとその確率は以下の6種類になります。

リーチ一発ツモドラ 6%*33%*32%=0.6%
リーチ一発ツモ赤  6%*33%*8%=0.2%
リーチ一発ツモ裏  6%*33%*56%*32%=0.3%
リーチツモドラ赤    33%*4%=1.3%
リーチツモドラ裏    33%*32%*32%=3.4%
リーチツモ赤裏     33%*8%*32%=0.8%

ロンで捲れる確率は以下の3種類となります

リーチ一発ドラ裏  6%*32%*32%=0.6%
リーチ一発ドラ赤  6%*4%=0.2%
リーチ一発赤裏   6%*8%*32%=0.2%
リーチ一発裏2   6%*56%*6%=0.2%
リーチドラ裏2     56%*32%*6%=1.1%
リーチ赤裏2      56%*8%*6%=0.3%
リーチドラ赤裏     56%*4%*32%=0.7%

直撃は
リーチ一発ドラ  6%*11%*32%=0.2%
リーチ一発赤   6%*11%*8%=0.1%
リーチ一発裏   6%*11%*56%*32%=0.1%
リーチドラ裏     11%*32%*32%=1.1%
リーチ赤裏      11%*8%*32%=0.3%
リーチ裏2        11%*56%*6%=0.4%
リーチ赤裏      11%*8%*32%=0.3%

すべてを合計すると、12.4%となります。

メンゼンを選択した場合、アガれた場合の約12.4%の確率で捲れるということがわかりました。

ここまでの話を整理すると

テンパイ確率を毎巡17%にして、12.4%の1局で捲るチャンスを得るか
テンパイ確率を毎巡34%にして、次の局の配牌に期待するのか

という問題になりました。

テンパイ確率17%の平均テンパイ巡目は100/17=5.9巡≒6巡となります。
同じように34%の平均テンパイ巡目は3.4巡となります。

問題は4巡目なので、テンパイ巡目はメンゼン10巡目、鳴き7.4巡目となります。

とつげき東北さんの「科学する麻雀」によると10巡目両面リーチのアガリ確率が60%、7.5巡目のアガリ率が66%程度あります

つまり、メンゼンでのアガリ確率は60%、捲り確率は7.4%となります。対して鳴きのアガリ確率は66%となります。(本来リーチと鳴きなので比べることができませんが、データがないので、このまま使用します)

さて、ここからそれぞれの1局目2局目の捲れる確率を計算します。2局目に関してはアガリ率23%流局率8%とします。

メンゼンの場合、1局目でアガれない確率は40%。さらにアガっても捲れない確率が52.6%あります。1局目に捲れる確率+2局目に捲れる確率は

7.4%+52.6%*23%=19.5%

鳴きの場合は

0%+66%*23%=15.2%
(※66%の根拠がありませんが、鳴きのアガり率が85%以上なければメンゼンに届きません)

計算の結果、捲れるかどうかだけの判断の場合、鳴きの方が若干不利だということがわかりました。(今回は鳴きが3ハンになり、直撃で捲る可能性を排除していますが、これはメンゼンにおいても白をツモる確率や赤5萬を引く確率を排除していますので、ほぼアイコかと思います。また今回は捲れる可能性とアガリ可能性の比較をしたまでです。3着に落ちる可能性の計算はできておりません)

ミラージュのオカとウマの合算比率は 40、0、-15、-25という比率ですので2着の時は、上は40ポイント、下は15ポイントの差があります。つまりトップが狙える可能性の目を摘み取ることはしてはいけないということになります。(むろんトップとの差が17000点くらい離れているなら話は変わりますが)

ちなみに天鳳においても4着に落ちる可能性がかなり低いことを考えるとスルーの方が良いように思います。

僕の感覚としては(古い感覚ではありますが)ツモ裏1条件までは狙っても良いと思います。また、今回の問題は「鳴いてもテンパイしない」ということが大きい要素の一つなんじゃないかと思います。

さて、知っている人は知っていると思いますが、今回僕は2番の「白2鳴き」を選択しました。

答えを間違ってしまったわけです。

実は僕は答えが間違いであることを知っていました。

というのも、直感的に答えが1か3であることはわかったのですが、どちらが答えであるか自信がなかったのです。

麻雀はすばやく答えをださなければなりません。長考するにしても、麻雀中に上記のような計算をするわけにはいきませんよね。

だから、悩んだ時は次善手を狙いにいくようにしているのです。

今回の問題でいうと、 1鳴き・・・60点 2鳴き・・・80点 メンゼン・・・100点
という配分かなーと思います。
僕は1か3が100点なことはわかっていたけど、どっちが答えかわからなかった。でも2鳴きが80点なことはわかっていたので、保留の意味で2番を選んだのです。

このような考え方は麻雀を研究している方には納得がいかないかもしれません。
しかし、実戦では自分がどうすればよいかわからない、鳴くかどうか悩むということはしばしばあると思います。

こんな時は鳴かないほうが有利です。鳴きからメンゼンに戻ることはできませんが、メンゼンから鳴きに以降することは可能なのです。(決してメンゼン派になれという意味では
ありません。迷ったのなら鳴かないほうが良いという話です)

よく、「一発消しは有効」って思っている方がいますが、これも推奨しません。たしかに一発消しは有効な場合もあるのですが、一発消しをするかどうか、つまり自分の手を捨てて尚且つ逃げ切れるかどうかの判定が難しすぎるからです。正解かどうかわからないなら答えをださないわけです。

麻雀は全局強制参加のゲームなので正解に拘る人が多いですが、そうでないゲームにおいてはこの「保留」の考え方はかなり有利です。どの馬が勝つかわからなかったら賭けない、高設定かどうかわからなかったら打たない、ポーカーで相手より強いかどうかわからなかったらオリるetc

さて、もしかしたら計算間違ってるぜーという答えを貰うかもしれません。となると鳴きのほうが有利かもしれません。でも僕は全然ショックを受けません。だって僕の答えは2番だから。どっちが最善手でも、80点貰えるからね。