大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 山読み

ブログ

山読み

麻雀絶賛クソ負け中のすごーです。

最近すごく気になっているのが、山読みをどこまで重視すべきか?ということです。

すごく有名な話ですが、
牌

を第1打ないしは字牌より先に切り出した人は
牌

およびその周辺、
牌牌

あたりを持っていない確率が高いので、
牌

の切り出しが早い人が複数人いるとき、マンズの上は山に居やすいとか。

たとえばこのとき、
牌牌

が浮いていたとしたら、セオリーでは赤のくっつきやタンヤオによる打点上昇を見て打
牌

としますが、打
牌

としてマンズの上でのアガリを見るか。

あとは待ち選択。

下図のようにタンヤオで鳴いているときは基本的にシャボとカンチャンではシャボを選択するのがセオリーですが(リャンメン手替わりがシャボのほうが多いので)、安い色のカンチャンに受けたりしたほうがよいのか。
いまのところ僕は染め手の人がいるなどで顕著に片方の色が不利なときはカンチャンに受けます。下図だとマンズ染めがいるならカン7pに受けます。
もっと他家の動向を見てカンチャン選択できるようになるべきなのでしょうか…?

牌牌牌牌牌牌牌牌牌牌牌牌牌牌

似たようなケースとして亜両面を蹴って単騎を選ぶなど、枚数差というリスクを負って山読みを優先する行為。
こういう選択が上手い人ってやっぱり麻雀強いなぁってなりますよね。

麻雀ってアガらないと勝てないわけで、いろいろな技術を極め尽くしたら、最終的にはアガリに直結する技術である山読みにいたりつくと思うんですよね。
ただ悪い受けを残したり、牌効率を無視した牌の残し方をしてるだけじゃオカルトおじさんと一緒なので、基本的な手筋を犠牲にして山読みを優先する線引きをどこに設定するのか、難しいです。
おしえて麻雀強い人~。