大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 好きなボドゲの話

ブログ

好きなボドゲの話

本多です。

4月から社会人になるので、ブログを書くのは今回が最後。

大学時代は天鳳ばかりしてましたが、サークルでよく遊んだのはボードゲーム。

というわけで僕が好きなボードゲームを軽く紹介します。詳しいルールは調べてください。

 

・カタンの開拓者たち

世界一売れたボードゲームとして有名で、世界選手権も開催されています。

ダイスの出目に応じて木・土・鉄・麦・羊といった資源を獲得し、カタン島を開拓していく。

ゲーム開始時の初期配置に頭を悩ませ、確率通りに出てくれないダイスの目に一喜一憂。

技術と運の両方が必要な拡大再生産ゲームです。画像はBoardGameGeekより。

 

・アグリコラ

家を増築し、家族を増やし、畑を耕したり柵を立てたりして農場を発展させるワーカープレイスメントゲーム。

ワーカープレイスメントは共通のアクションスペースにワーカーを順番に配置するシステムのことで、強いアクションは先に獲られやすいため、スタートプレイヤーの位置が重要になります。

毎回異なる職業カードと進歩カードの組み合わせが楽しめ、得点を稼ぐ手段も食料を生産する手段も自由。

僕は専ら基本デッキで遊んでいましたが、拡張版の種類も豊富です。

 

・SCYTHE 大鎌戦役

2年前にハマった、架空世界のヨーロッパで覇権を競うゲーム。

こちらも自分の「勢力ボード」と「アクションボード」のランダムな組み合わせによって毎回異なるプレイングができます。

黙々と内政を続ける人もいれば積極的に戦争する人もいて駆け引きを楽しめます。

あとコンポーネントが好きです。コインの重量感とかメックのカッコよさとか。

3~5人で遊んだのに勝率80%あった神ゲー。

 

・ドミニオン

財宝カード、勝利点カード、アクションカードなどを用いたデッキ構築ゲーム。

5枚の手札からアクションや財宝をプレイして、発生したお金で新しいカードを買いデッキに加えます。

無計画に勝利点を集めるとお金が出しにくくなったりデッキの回転力が落ちるため、まずは強力なアクションや1枚あたりの単価が高い財宝を集めるのですが、そのバランスが難しく、デッキ構築技術が試されます。

上手くやったつもりなのに勝利点1枚分の差で負けることもしばしば。

拡張の種類も豊富で、数百種類の中から毎回異なるサプライを選ぶので無限に遊べます。

 

・チケットトゥライド

旅行者になって地図上に列車を配置し、目的地を繋げるゲーム。

場から列車カードを手札に加えるか、または手札の列車カードを消費して列車コマを配置して得点を得られます。各自に配られた目的地カードに示された2都市間を繋ぐと更に得点を得られます。

各線路は早い者勝ちなので、進行方向がバッティングするたびに悲鳴が上がって楽しかったです。

シリーズが多く、よく遊んだのはヨーロッパ、好きなのはインドとアジア(チーム戦)。

 

キリがないのでこの辺で終わります。

他にはあやつり人形、シャドウハンターズ、ブロックスなんかが好きですね。

また遊びたくなったらボードゲームアリーナで遊ぼうと思います。