大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 天鳳の牌譜から

ブログ

天鳳の牌譜から

はじめまして、ミラージュ梅田店新人スタッフのヤナギウチです

今後ともよろしくお願いいたします!

 

マスターに「麻雀以外に何か趣味はある?」

ときかれて、

「麻雀以外ですと・・・天鳳ですかね」

とこたえるくらい、麻雀大好きです

このブログでは、自分の趣味のひとつである天鳳を打ってるときに迷った牌譜を、ちょくちょく書かせていただこうかなと思います

 

オンライン麻雀「天鳳」では、ポイント配分が特殊でして、七段のポイント配分だと

1着+90pt 2着+45pt 3着0pt 4着-135pt

というかんじに、ラスをとるとポイントが一気に減っちゃうルールなんですね

なので、フリーと比べるとかなりラス回避を重視した打ち方になります

 

(※マンズ→m ピンズ→p ソウズ→sと表記)

東2局4本場供託1本トップ目北家(2着目の親とは7100点差)

2015072911gm-0029-0000-72070e30&tw=0&ts=8

 

現在4sをツモったところ(上図)

2mを切ればタンピン確定3色ドラ3のツモれば倍満58m待ち(残り3枚)聴牌

6mを切ればタンヤオドラ3の満貫カン3m待ち(残り3枚)聴牌

実戦では、打点の高さと、58mが親の現物ということで打2mダマとしました

しかし場をよく見てみると、対面が2mチー打6mで、5mを持っている、もしくは必要としている可能性がある

下家も2mを切っていて5m手出しなので、手牌に5mを使っている可能性が3mよりも高そう

そして、場に2mが3枚切れていることから3mを他家が使いにくいので、場に放たれやすそう

ということで、同じ残り3枚の待ちでも、和了率は3mのほうが良いきがします

今回は自分がトップ目で、しかも競ってる2着目の親を流すことにもかなり意味があるので、満貫をさらに高打点にするよりも、苦しい待ちなので若干でも和了率の高さを重視するべきだったようなきがします

実戦ではそこまで頭が回らず、不確定な情報(場況の判断)よりも確定している情報(同じ待ち枚数、打点の高さ)に頼ってしまいました

 

ちなみに結果は
2015072911gm-0029-0000-72070e30&tw=0&ts=8

あっ・・・

 

2015072911gm-0029-0000-72070e30&tw=0&ts=8

あっ ・・・はい

 

ただ、結果に関係なくカン3mダマのほうが良かったかなーと反省した次第でした