大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 天鳳の牌譜から35

ブログ

天鳳の牌譜から35

先日家電量販店に行ってきまして、いまさらながら、本当にいまさらながらですがスマホデビューしてきました、ヤナギウチです

僕は今までおそらくミラージュ内でも唯一であろう希少なガラケー民であり、そのことを自分でも誇り思いながら生きてきたのですが、今月以降、格安スマホにすればガラケーの料金プランより1000円程度安くなると聞いて、あっさり誇りを捨てて乗り換えてしまいました

素晴らしいですね、スマホ

 


上図は東3局南家3巡目ドラ西

ただいま対面が発ポン打赤5sとしたところです

さっそく対面が早そうなので、この局は対面に対しての押し引き判断が重要になりそうです

 


次巡、対面が中ポン打東としました

赤5sより東を持っているという事は、手役が絡んでいる可能性が高いです

現状はホンイツが本線でしょうか

この東をポン打6sとし、一応1シャンテンに進みました

 


次巡、対面がツモってきた牌で中カン、発カンしました

これで60符となり、打点は最低でも3900以上、ドラや手役があと1つでもあれば満貫になり、かなり怖い仕掛けになりました

 


9巡目、対面が7pを手出ししました

ピンズが余ってきていよいよ聴牌というかんじでしょうか

そしてひとつ気になるのは、前巡の7pツモ切りです

前巡に7pをひいて77pになったところから7pをツモ切って、次巡にさらに7p手出ししています

単純に7pを浮かせているところに7pを引き、そこから7pをトイツ落としをした可能性は低そうなので、

7799pや、5577p、7788p

から7pを切っていった可能性が高いでしょう

ですので、9pや5pは特に切りづらいですね

もしくは、567pから4pを引いてスライドのケースもあるでしょうか

 


2巡後、上家が3sを切りました

チーして打8pとすればカン5p待ちで聴牌します

問題は8pが対面に危険かどうかですが、8pが対面に刺さるケースとしては、3巡目にすでに58pやカン8pで聴牌しているところに7pをツモって1回目はツモ切り、さらに次巡もう一回7pをツモって2回目を手出ししたパターンくらいでしかささらなさそうです

ということで、ここは3sチー打8pとして聴牌をとりました

 


次巡、白を引き、さすがにこれは打てず、打5mでまわりました

 


すると次巡、白を重ねて聴牌復活し、

 


さらに次巡、1pを引きました

この牌もかなり危険なので、ここで手じまいとなりました

 


この局は対面が9pをツモって終局となりました

 

ちなみに対面の手順は


3巡目、ここから発ポン打赤5sとし

 


次巡、中ポン打東としてチャンタのカン8p待ち聴牌に

 


9巡目、9pを引いて1s9pのシャボ待ちに受けかえでした

7pツモ切りと手出しの情報が打8pを可能にさせましたが、それでも8pがささるケースはあるので2000点愚形で切っていいかどうかは微妙なところでしたね