大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 天鳳の牌譜から17

ブログ

天鳳の牌譜から17

こんにちは、ヤナギウチです

昨日、東京で暮らしている大学時代の友達数人と久しぶりに会う機会があったのですが、○○が結婚した、△△に子供ができた、という話を耳にし、時の流れをしみじみと実感しました

今日はしみじみモードでの天鳳の牌譜からです

 

2016073114gm-00a9-0000-e8a9d0b6&tw=0&ts=5

図は東4局1本場ラス目、8巡目に2sをツモってメンタンピンの1シャンテンになったところです

ほぼ4m落としか7m落としの2択ですが、どちらを落とせば良いでしょうか

4mを切れば、次に3mを引いた場合に234の3色を狙えるようになります

一般的に、不確定2飜は確定1飜には劣りますが、25m待ちになった場合に、5mでよりも2mでの方があがりやすいことから、今回の3色の不確定2飜は確定1飜アップに近い価値といっても良さそうです

 

対して、7mを落とすメリットは安全度です

4mも7mも他家みんなにたいして通っていない牌ですが、ダブル無筋の4mよりは7mの方が、特に親に対しては捨て牌的にも比較的安全そうです

そして、巡目的にもう誰からリーチがはいってもおかしくないですので、あまり4mを浮かせておきたくはありません

打4mと打7mお互いにメリットデメリットがあり難しいところですが、実戦では打4mとして4mを残しました

3着目と8700点差のラス目ということで、今回は安全度よりも3m引きからの加点を重視しました

7mがもう少し他家に対して安全そうであれば7mを落としていました

また、点棒がフラットな状況でも安全度を重視して7mを落としていました

このあとは、比較的安全そうな牌を引けばそこで4mと入れ替えようかなとおもいました

次巡、2pをツモりましたが、2pも全員に対して通っていないのでこれもツモ切り

すると同巡、下家からリーチが入りました(B図)

2016073114gm-00a9-0000-e8a9d0b6&tw=0&ts=5

リーチ1発目に無筋の9pをツモりました

安牌は6s4sの2枚です

この9p押しますか?それともオリますか?

10巡目にメンタンピンの両面×2の1シャンテンでは局収支はややオリ有利らしいです

僕は点棒状況がフラットであれば、局収支に基づきオリようとおもっていました

しかし、この局は9pを押しました

 

ここで少し話は変わりますが、皆さんは「統計で勝つ麻雀」という本をご存じでしょうか
その本に、東風戦の東1局で8000点放銃した場合の平均順位とラス率のデータが載っていまして、前者は3.32、後者は62%らしいです

なかなか苦しい数値になるようですね

 

話を戻しまして、仮にB図でオリて下家一人聴牌で流局した場合、上家とは26500点差、下家とは22200点差、対面とは8700点差で南入します

この場合の自分の平均順位とラス率がどれくらいになるのかは自分にはわかりませんが、苦しい状況になることは間違いなさそうです

つまり、現状の自分はビハインドの立ち位置にいるので、局収支では見合わないですが、ここはいつもよりやや押し気味にいこうとおもいました

 

次巡、6pを引いてきました

2016073114gm-00a9-0000-e8a9d0b6&tw=0&ts=5

完全1シャンテンになりましたが、でていく牌は両無筋の4m、

ここでの押し引きも局収支的にはややオリ有利の気がします

しかし、オリた場合でも安牌の枚数的にオリきれる保証がまだないことと、4mを通せば7mが安牌候補として増えること、そしてビハインドであることを考慮して、実戦ではこの4mも押しました

 

 

2016073114gm-00a9-0000-e8a9d0b6&tw=0&ts=5

結果はこの4mが通らず、下家に3900点の放銃となりました

 

4mと7mのトイツ落としの選択、そして下家への押し引きの選択、それぞれ正解だったかどうかはわかりませんが、結果的には両方とも裏目にでることになりました

しかし、重要なことは、打牌のメリットとデメリットを考慮した上で、自分の中で基準を設けることだと思います

 

最後に、先ほど引用させていただいた著書「統計で勝つ麻雀」(著・みーにん、福地誠)の紹介を少しさせていただきます

麻雀のいろいろなデータをとっていらっしゃる、麻雀研究者みーにんさんの今までのデータをまとめた本です

参考になるデータが多く、ためになるのと同時に読んでいておもしろい本です

皆さんもよろしければ是非読んでみてください

51RgaqluTtL