大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 天鳳の牌譜から14

ブログ

天鳳の牌譜から14

こんにちは、ヤナギウチです

ふと、自分のブログは天鳳のことしかかいてないなーと思いつつも、今日もあいかわらず天鳳のことを書こうと思います

 

2016061413gm-00a9-0000-c514c8ee&tw=2&ts=9

上図は南2局4本場供託1本、2着目南家の5巡目

トップ目がひとり飛び抜けていて、下3人のラス争いという場面です

供託や本場も相まって自分のあがり自体の価値がかなり上がっているので、安い手になってでも是非ともあがりたいところです

今2pをツモったところなのですが、何を切ったらいいでしょうか

牌効率は打2pですが、2pを残すとタンヤオがみえます

この手は本線が喰いタンだと思うので、2pは残したいのですが、となると残りの選択肢は打4sか打9pでしょうか

打4sはシャンテン数を落とさず、面前手とタンヤオの両方をみています

打9pは、シャンテン数は落ちますが、喰いタンとしての速度は打4sよりもあがります

例えば打4sで次に25pを鳴いた場合、25pチー打9pとなって残る形が
三萬三萬四萬六萬七萬二筒二筒七筒四索五索となります

対して打9pの場合だと、次に25pチー打7pとなって残る形が

三萬三萬四萬六萬七萬二筒二筒四索四索五索

となり、打4sの場合よりも良い形(完全2シャンテン)になります

打9pのデメリットとして考えないといけないことは面前手としてのシャンテン数が落ちることによる速度の影響です

まず、打9pとし、次巡に8mを引いた場合

三萬三萬四萬六萬七萬八萬二筒二筒三筒四筒七筒四索四索五索

となり、打7pとします

2シャンテンですが、鳴ける2シャンテンなら速度に不足はないでしょう

これは打9pのデメリットにはならなそうです

では、打9pの次巡2mを引いた場合はどうでしょうか

二萬三萬三萬四萬六萬七萬二筒二筒三筒四筒七筒四索四索五索

これも打7pとした形がやはり鳴ける2シャンテンなので問題はなさそうです

他の有効牌(8p以外)についてもおおよそ同様のことがいえるでしょう

となると、打9pのデメリットは実質カン8pダイレクトツモくらいでしょうか

これだけは完全に裏目といえます

ですので、打4sと打9pの比較は、おおまかに言うと、カン8pダイレクトツモをとるか、喰いタンとしての445sの形をとるかの比較になるのだとおもいます

優劣のほどは自分には難しいですが、実戦では打4sとしました

 

2016061413gm-00a9-0000-c514c8ee&tw=2&ts=9

8巡目、6sをツモりました

ここでは打2pで1シャンテンにとれるのですが、58mがはいってのカン8p1300テンリーチをあまり打ちたくなかったため、打9pとしてタンヤオに持っていきました

 

2016061413gm-00a9-0000-c514c8ee&tw=2&ts=9

このあとは、ラス目の下家からリーチがはいり、上家の2mをチー

1pを切って1シャンテンとし、安全な牌を切れる範囲で手を進めようしましたが

 

2016061413gm-00a9-0000-c514c8ee&tw=2&ts=9

結果は下家が対面から2600出あがりとなりました

 

手の中にヤオ九牌が1枚だけあるときのタンヤオへの渡りのタイミングを見極めるのは難しいなと改めておもった1局でした