大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 天鳳の牌譜から11

ブログ

天鳳の牌譜から11

0こんにちは、ヤナギウチです

皆さんゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか

ゴールデンウィーク真っ只中ということで、お店も連日賑わっております

 

今回は天鳳独特の空気感をご紹介したいとおもいます

天鳳といえば、完全順位制で、ラス回避がかなり重要になってくることが特徴です

フリーでは、ラス前やオーラスはトップ争いが熾烈になりますが、天鳳のラス前とオーラスはトップ争いよりもラス争いが非常に熾烈になるところが変わってますね

 

下図は南3局1本場

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

トップが一人抜け出していて、下3人がだんご状態の点棒状況です

天鳳ではここから下3人の壮絶なラス争いが始まります

ここで自分が確認することはラス目を基準にした点棒状況です

まず、ラス目の対面は南家の自分(3着目)と2700点差、上家の親(2着目)と3600点差です

ここで対面のこの局の目標は、3900点以上をつくるか、2000点を親か南家から直撃、もしくは500-1000は600-1100をツモあがりを狙い、流局した場合は是が非でも聴牌をとってノーテンバップでの着順上昇をねらってきます

2着目の親は、トップを目指せるなら目指しますが、まずはラス回避を、そして連帯の確保の方を優先して狙ってくるでしょう

トップ目の下家は、親の連荘を阻止すべく、局を流そうとするでしょう

自分で上がれそうならあがりにいきますが、もしラス目が早そうな仕掛けを見せたら全力でラス目のアシストに回るかもしれません

 

1巡目、親に合わせた北を対面が2鳴きしてきました

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

 

この状況で守備を考慮しての北1スルーはありえないので、おそらく形が整ってないのでしょう

 

3巡目、下家の6sを対面がポン、打7s

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

 

これはまずいことになりました

対面に2000点を放銃するわけにはいかないのですが、対面が500-1000を積もっても1本場なのでまくられてしまいます

その対面にもう2フーロ目が入りました

1巡目の北ワンスルーからおそらくまだ張ってないとは思いますが、自分より早そうです

そして気になるのがトップ目の動向です

3s6sと切り飛ばしています

もしかするとラス目に対してアシストしているのかもしれません

 

5巡目

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

非常おおおにまずいです

トップ目が3m7pと、ラス目に鳴かれそうな牌を連打し、完全にアシストに回っています

こうなると3着目の自分はかなり不利になります

トップ目を味方につけた対面に聴牌が入るのも時間の問題でしょう

 

6巡目

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

対面6mポン打発

ついに対面に3フーロ目がが入ってしまいました

高確率で聴牌でしょう

打点は2000点か3900点でしょうか

対面に放銃するとラス目でオーラスになるのが確定してしまうので、細心の注意を払わなければなりません

そしてもう一つ注意しないといけないことがあります

対面の手が2000点だった場合、トップ目から当たり牌がでても着順が変わらないので、親や南家(自分)からの2000点直撃か、500-1000ツモ、もしくはあがれなくても流局聴牌ノーテンでの着順上昇を狙ってスルーしてくる可能性が高いです

ですので、トップ目から出て通った牌も自分は合わせうちしづらいです

 

8巡目

2016043019gm-00a9-0000-7279e5a3&tw=3&ts=9

ここで実戦では上家の4pに合わせて打4pとしましたが、ここは打発の方が良かった気がします

打っている最中は、どうせ5pが対面に切りづらいのでここで455pから5pトイツ固定し、発を完全安牌として持っておこうと考えていました

しかし、対面は6巡目に6mチー打発としています

そして前巡に打3pとしているので、5pは通りやすいでしょう

仮に25pで刺さる場合、5巡目の時点での対面の牌姿は

赤57m334p+雀頭

ここから3pを先切りしたことになりますが、この局でラス目の対面は守備は考慮せずあがりに全力でくるはずです

もしこの形であれば3pは残して先に発を切るでしょう

そして次に4pの将来的な危険性ですが、仮に対面にこのあと手出しが入っても4pは通るでしょう

もし56pと持ってるとしたら、5巡目にトップ目が切っている7pをスルーしたことになりますが、スルーする理由がないのでありえないでしょう

また、55p+雀頭の語りから6pを引き入れての両面変化の可能性などもありますが、その場合も5巡目打3p、6巡目打発の切り巡が逆になるはずなので不自然です

トップ目の下家に対して4pは通っていないですが、トップ目はそもそも対面に全力でアシストしていて手バラだと思うのでケアしなくていいでしょう

つまり、ここで4pを切って発を安牌として持つメリットがあまりなく、それよりはこの後自分の聴牌のために残しておくべきだった気がします

ここはこの局での反省点となりました

 

この局の山場はこのあとに迎えるのですが、長くなってしまいましたので続きはまた次回にさせていただきたいと思います