大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 俺のデッケエ銃を見な!

俺のデッケエ銃を見な!

俺のデッケエ銃を見な!

どーも。二月がバカヅキだったので天下一にも出られることになったなかひらです。

どこで反動の底タイムが来るか分からないから戦々恐々としております。

 

さて、色んなスマホゲーを中途半端に沢山やることで知られる私ですが

今回はその中の一つのぼちぼちマイナーな奴の話をしようと思います。

 

これっすね

hearthstone_wallpaper800x600

HearthStoneというカードゲームです

元々はWorld of WarcraftというBlizzard社の提供するMMOゲームからのスピンオフでして

WoWに登場するキャラクター達がプレイヤー及びカードとなって活躍するわけですね。

ss1-full

ゲーム画面はこんな感じです。

一応、このゲームはスマホでもPCでも遊べるのですがこの画面はPC用の物です。一応。

まあ詳しいシステム等は各自ググッて貰いましょう。カードゲーマーなら画面の雰囲気で分かるでしょう。

 

私の思うこのカードゲームのメリットを紹介しようと思います。

1.ランダム要素が豊富

普通の紙でやるカードゲームと違い、 システム上で動くので紙媒体では有り得ないランダム要素が存在します。

例えば、味方キャラが死亡した際に全てのカードの中からランダムで一体場に現れたり、場に居るキャラクターにランダムにダメージを割り振ったりなどですね。

こういう挙動は当然ながら紙では難しいので今の段階でこのゲームだけが持つ魅力と言えます。

(そこがクソゲーとも言われる所以だったりしますが、余談ですがこのゲームにおけるバカヅキをe-sport powerと言います)

 

2.キャラクターがフルボイス

登場ヒーローやミニオン(遊戯王で言うところのモンスター、MtGで言うところのクリーチャー)達が攻撃するとき、場に現れたとき、死亡したとき、キャラクターが喋ります。

このボイスが中々ユニークで、ついマナーモードを解除して遊んでしまいます。

私のお気に入りはブログタイトルにもしているストームパイクコマンドーの台詞と、レジェンドミニオン、ケルスザードの「戦士、僕よ、冷たき闇の兵卒達よ、我、ケルスザードの招集に答えよ!(Minions, servants, soldiers of the cold dark! Obey the call…of Kel’Thuzad!)」ですね。

素晴らしき中二世界。

因みにこのゲーム、元はといえばアメリカのゲームなので設定を変えれば英語表記、英語台詞で遊べます。

前述の台詞にも併記しましたが英語台詞も中々魅力的です。

 

3.安い。或いは、タダ。

基本無料のゲームなのですが課金要素もあります。

一つがカードゲームにありがちなパックを買う事。一つが即興でデッキを組んで戦うアリーナモードで遊ぶ事。

そして、一人用のアドベンチャーモードを解放することです。

このアドベンチャー開放が重要で、ここでしか得られないカードが何種類か存在するんですね。

このカード達が中々強力で、対人戦に於いて必須と言えるカードも存在します。

それが3000円で大体20種類のカードが開放されます。

これはカードゲーマー的感覚から言うと結構お得でして、そもそもさっきから何故金の話をしているのかという事に繋がるのですが

基本的にカードゲームって1から始めると結構お金がかかるんですよね。

 

僕は以前からMagic the Gatheringというカードゲームをやっているんですが

これがガチでやろうとすると1デッキ数万するんですね。

しかも最近の風潮として強カードの値段がどんどん釣りあがっていて、デッキに4枚入れたいカードが遂に一枚一万する領域にまで踏み込んでしまったので、貧乏学生の私としても流石にそんな金は払えんということで

今はちょっと休止中にあります。

 

それにひきかえ、3000円で20種類ですよ。

しかも現在の段階であればアドベンチャーモードは3種類しかないので、全開放しても9000円です。

9000円!あのジェイス(前述の高いカード)が一枚買えるか買えないかの金で60種類!

これは私の感覚で言えばかなり良心的と言えます。

素晴らしい!

 

因みに、今挙げた3要素は全て(頑張れば)無課金でも得られます。

課金必須のゲームという訳ではないのでご安心下さい。

 

4.対戦相手に困らない

1で挙げたシステム上のゲームであるというメリットの一部分なのですが

対人戦をしようと思ったらボタンを押せば自動でマッチングしてくれます。

 

これもカードゲームの一つの困ったところで、やりたければ対戦相手が必要なんですね。

前述のMagic the Gatheringの話に戻るんですが、高い金かけてデッキを作ったところで対戦相手が居なければしょうがないんですよね。

しかも結構ルールが複雑なのでそれに加え金銭の問題があるので中々知人には勧めにくい。

カードショップにもいつでも人がいるわけではない。

そういう問題もパス出来ます!

 

どうでもいいですがさっきからMtGをずっとDisってるみたいになっちゃってるんですが、勿論MtGも素晴らしいゲームなんですよ。

なんといってもトレーディングカードゲームの元祖ですし、対人問題であればMagic Onlineもありますし・・・

とかいった話は別の機会にしようかと思います。

 

 

とまあ、最近バックヤードでも「なにそのゲーム」とよく聞かれるのでブログにまとめてみました。

もしお客様の中にもHearthstoneにはまってる方、これからやられる方いらっしゃいましたら私に一声おかけ下さい。

フレンドになりましょう。

 

ではそんなかんじで。

ミラージュでお待ちしております。