大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | 中二病でも麻雀がしたい

ブログ

中二病でも麻雀がしたい

こんにちは、マスターです。

最近観た映画の話でもしようかと思いましたが、知ってのとおりこのブログは家内も書いておりまして、最近観た映画はだいたい家内も観ており、ブログネタを奪うのもなんだか気が引けるので、これはパス。

となると最近したこと。シフトが忙しいのでだいたい店に出てるか外回りの仕事をしてるか酒を飲んでいて、それ以外は麻雀大会に参加したりなどもありましたが、某Yプロがあんまり面白くない内容で書いていたのでこれも却下。

という訳で

前置きが長くなりましたが、本題に移りたいと思います。

先日、従兄弟の結婚式に参加しました。

確か、27歳くらい。僕が小学校から中学くらいの時によくオムツを替えていた子。

その従兄弟の面倒を見ていたのは4歳くらいまで。その以来ずっと会ってなくて、最近会ったのが自分や兄弟の結婚式の時に会ったくらいだったので、久しぶりに会った悟空が身長が伸びていた時のような驚きです。

彼には弟がいるのですが、7年前に会った時は中学生。周りに大人達がいるのにほとんど誰ともしゃべらないで、イヤホンをしてAKBを聴きながらゲームをしている子でした。

で、この度の結婚式で弟くんに当然会ったのですが、もうイヤホンはしておらず、陽キャ、とまではいかないけれど気さくに話をしてくれて、もうすぐ大学を卒業して、先生になる準備をしていて、AKBも卒業したとのことでした。残念ながら彼女はおらず。

当時は前途多難やなと思ったのですが、今思えばあれはいわゆる中二病ってやつだったのですね。

中二病。

幸いなことに、ぼくは邪気眼も育たず、二人目の人格も出てこず、濃度の高い中二病とは縁がありませんでした。

中学2年の時は、そこそこ部活に明け暮れていてたり、時々テレビゲームをしたり、森高千里を応援したり、好きな子に告白できなかったり、などをして過ごしていたように記憶しています。

わりと普通の男子だったんですね。

本当に恐ろしいのはこの後。高校に入り、小金を持つようになってから。

洋楽ガンダム村上春樹村上龍アメ村フランス映画エヴァ自作小説プラモ川本真琴ポエム村・・・

なかなかどうして、濃い高2病でした。

 

注:写真は結婚式先の博多で食べた長浜ナンバーワンの超絶美味いラーメン