大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ミラージュ思い出その1

ブログ

ミラージュ思い出その1

こんにちはのぐちです。寒いっすねー。このブログを書いているのはセンター試験一日目で大寒波が来ている日なのですが、

どれくらい寒いかと言われると、店に来た時に普段シャツをまくっている店長が袖を伸ばしていました。

 

ミラージュでおそらく2年半ぐらいバイトをしてるのですが、少し思い出を振り返ってみようと思った次第です。

なにかいろいろあった気がするのですが意外と何も覚えてないので思いついたやつをかいていきます。

 

・うれしかった瞬間麻雀編

四暗刻単騎をあがったとき

たしか二萬単騎で出あがりました。聴牌した時は震えました。心の中で上がりたいという声がこだましていました。役満で大三元をあがったことが無いので卒業までに上がりたいです。

・ちょっとうれしかった瞬間日常編

ぼくは最初の頃スーパーロン毛だったのですが、急にばっさりと切ったときに、たまにしか来られないお客さんにも髪切ったねーと会話になった事。

意外と顔覚えられてるもんなんやなーとなりました。

・初バイト編

初バイトは朝入っていたのですが、まだお客さんがいなかったので掃除機をかけていたのですが、なぜかミラージュを停電させてしまいました。

・ほのぼの編

メンバーのssk君が業務で氷を割ろうとしていたのですが、氷を割った事のないssk君はこおりの入った容器を棚にガンガン打ち付けていました。それを見た僕がひねったらいいよとアドバイスをしたら、ssk君は氷の入った容器をもって腰を左右にひねっていました。

・絶望編

一日に10ラスをひいたとき。途中からはメンタルダメージも入っていたと思います。さすがになえました。

・恐怖編

夕方からubさんとmwくんとバイトに入っていたのですが、バイトが終わった後三人しかいないバックヤードでubさんとmwくんがガチの口喧嘩をはじめました。最初はmw君がいつもどおり切れているだけかと思ったら、ubさんもヒートアップして手が付けれない状態に…ひとり鬼のように気まずかったので下をむいて無言でタバコを吸ってその場をしのぎました。その数日後には仲直りしていたのでよかったです。

・ダンロップ事件編

マスターとyプロと朝からバイトに入っていました。髪型も服装も自由なのになぜかミラージュではダンロップの靴が禁止というルールがあるらしく(ミラージュ七不思議)、ダンロップの靴を履いていたyプロはマスターに激怒され(冗談)次の出勤の時にはナイキの靴になっていました。

・arohaシャツ事件編

メンバーで沖縄旅行に行ったとき、居酒屋で飲んだあと隣にアロハシャツが売ってある店があり、一着の値段が高かったのですが、酔っていたこともありtgc君を除く全員が買いました。しかしtgc君は実用性が無いといい買いませんでした。そののちに安いアロハシャツがうっている店があったのでそこで買ったらと言っても買いませんでした。しかし彼女へのお土産の泡盛は楽しそうに選んでいました。(その旅行の帰り際には別れていました)

意外と記憶を忘れているので次回はもう少し思い出してみて書いてみようと思います。