大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ミラージュ何切る

ブログ

ミラージュ何切る

こんにちは、切り札です

ここ3日くらいでいっきに暑くなってきましたね

梅雨もまだなのに先に夏が来たようなかんじがします

僕は季節の変わり目に風邪をひきやすいので気をつけたいと思います

 

今回は最近ミラージュツイッターにあげた何切るに対する僕の見解を書いてみようかと思います

 

 

選択肢は打一筒、打五筒、打三索二索、打白の4つです

まず、打三索二索とした場合、聴牌受けは

二筒五筒白
の3種9枚です

白を鳴ければ満貫2枚のカン2p待ち聴牌にとれますが、受け入れ枚数が少なく、また愚形聴牌濃厚なので、打32sは選びづらいです

次に、打一筒はどうでしょうか

一筒の聴牌受けは

四筒五筒一索四索白

の5種15枚です

白ポンすると3900点2枚にはなりますが、チップが1枚4000点相当のルールだとチップの価値が高く、待ちも14s良形で不満なしです

チップは順位ウマに関係しない分、素点よりは価値が低くなりますが、それでも素点に換算すると1枚1500点程度の価値はあると思います

チップ1枚の価値を仮に1500点とした場合、出アガリなら

素点3900点+チップ2枚3000点=6900点

ツモなら

素点4000点+チップ2枚オール9000点=13000点

これくらいの価値があるので、満貫の0枚の手と同等か、それ以上の手ということになります

ただ、打一筒でひとつ気になるところは白がすでに場に1枚枯れているところです

残り1枚の白が山に深ければたちまちこと手が上がりづらい手となってしまいますし、先に14s引きで聴牌した場合も5p白まちの聴牌がやや自信ない形となります

次に、打白を考えてみます

白の聴牌受けは

二筒一索四索

の3種12枚です

やや少ないですが、1sや2pチーで満貫の愚形聴牌をとることができます

また、打白の最大のメリットは、ドラ3枚を全て使い切ることができ、面前聴牌での高打点が見込めることです

特に2pツモの破壊力が抜群で、メンピンドラ3高め三色となり、場合によっては東1局ですでにトップがほぼ盤石というところまでもっていけます

ただし、口述します打5pとの比較では、4p引きで聴牌を逃すのがかなり痛いというのはあります

最後に打五筒はどうでしょうか

五筒の聴牌受けは

二筒四筒一索四索

の4種16枚です

面前としては一番受け入れが広く、また24pが埋まってくれればリーチドラドラの良形聴牌ができるのがかなりうれしいです

また、1sが埋まっても三色ドラドラとなりうれしいです

1pか赤5pのどちらかが聴牌時にでていってしまいますが、それでもドラドラなのでそこまで痛くありません

4s引きのときはリーチドラドラの愚形聴牌になりますが、それでも十分でしょう

白と比較したときのメリットはやはりツモ4pで良形リーチができることです

白と比較したときのデメリットは、ツモ2p14sのときに打白と比べて打点が落ちてしまうことと、三色のチー満貫聴牌がとれないことです

白と打五筒の比較は打白→ツモ4pのデメリットがそれ以外の要素で補えるかどうかで考えますが、打白→2pと1sチーの満貫チップ2枚聴牌も大きく、ツモ2p14sでの打点も考慮すると、ギリギリ補えているのではないかとおもいます

一筒と打白の比較では、打一筒としたときに白1枚切れで若干白がネックなこと、先に14sが埋まったときの5p白まちにやや不満があること、打白の2p1sチー満貫聴牌のメリットから僕は打白としそうです

もし白がションパイであれば打一筒で不満なしということで、ドラ1pと三色をみきって打一筒としそうです

 

僕の見解としては、

白が1枚枯れなら

白、打五筒、打一筒、打三索二索

白がションパイなら

一筒、打白、打五筒、打三索二索
の順番ですが、わりと微差ではないかとおもってます

 

アンケートの結果は

白が57%で一番人気、次が打一筒で22%、打五筒が18%、そのほかが3%でした

僕の予想では上3つがほぼ均等になるかなとおもっていましたが、打白の票が多かったですね

 

見解を文字にしようとするとかなり長文になってしまいましたね

すごく長くて読みにくい文章になってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました!