大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ミラージュにおいてある漫画について

ブログ

ミラージュにおいてある漫画について

こんにちは、めずらしいですけどマスターです。

たまにはブログを担当します。年に3回くらいだと思っててください。

ちなみにこれは2回目です。

 

ミラージュにはかなりたくさんの漫画がおいてありますが

の半分以上は僕の私物だったりします。

持っている漫画もしくはオークションで仕入れた本を、是非読んで欲しいので置いています。

 

というわけで、今日はミラージュのオススメ漫画ラングをみなさんにお教えいたします。

 

第5位 エスパー魔美 

タイトルはみなさん知ってると思います。

いわずもがな藤子・F・不二雄の作品です。

ひょんなことから超能力を身につけた中学生・魔美が

自分の街の地味な事件を解決していきます。

F先生がエロスを書きたくて作られた作品だそうですが、

この作品の面白さはなんといっても脇役にあります。

魔美の彼氏的存在の高畑君とお父さんがとても人間ができていて

時々、ドキっとする台詞を吐きます。

 

第4位 ドラゴンボール

誰でも知っていますよね。よくワンピースとどちらが優れているかみたいなしょうもないことで

話題に挙がりますが、

今の漫画と昔の漫画を比べるのはナンセンスですよね。

手塚治虫もとても偉大な漫画家ですが、今読むと少し古臭さが残ります。

ワンピースとどっちがおもしろいかなんて野暮なこと言ったらダメですよ。

そんなのドラゴンボールに決まってますから。

 

この漫画の面白いところは主人公が子供から大人に成長し、結婚し、子供を生んで、

一度は息子に主人公の座を渡し、そしてやっぱり主人公に返り咲くところです。

漫画は時間軸が動かなかったり、キャラクターの容姿が変わらないことが多いですけど

この漫画はバンバン変わります。特にブルマの髪型に注目してみてください。

 

第3位 バナナフィッシュ

少し前にも誰かがブログを書いていましたが、吉田秋生という女性が書いた漫画です。

少女マンガで連載されていたようですが、内容は本格ハードボイルドで恋愛の要素は

皆無です。

余談ですが、バナナフィッシュというタイトルはおそらくサリンジャーの短編に入っている「バナナフィッシュにうってつけの日」

から取っていると思われます。

同じ作者が書いている「海街ダイアリー」も面白いです。ミラージュ本棚にあるので是非読んでください。

 

第2位 藤子・F・不二雄 SF短編

またまたF先生の登場です。F先生の作風というのはドラえもんを代表とするように

少し子供向けの作品が多いイメージを持っているかと思います。対照的にA先生はダークなイメージ。

「笑うせえるすまん」や「魔太郎がくる」はA先生の代表的なダーク作品ですよね。

そんな前フリをしていてアレなんですけど、このSF短編はF先生のダークさが前面に押し出された作品集です。

怖い話ばかりです。怖さの中にF先生の得意とするSF(少し不思議)の世界観。

見事といわざるを得ない漫画です。

 

第1位 めぞん一刻

高橋留美子の代表的作品の一つです。

高橋留美子は書く作品書く作品どれもヒットする化け物漫画家ですが、特に初期の作品が面白いように

思います。

めぞん一刻のすごいところは、ヒロインが理想の女性でないところです。

ヒロイン音無響子は決していい女ではないです。むしろイヤな女です。

そのイヤな女を浪人生という立場から中々上手に口説けない主人公五代と文句のつけようのないイイ男の三鷹が取り合います。

響子さんは本当に最後の最後まで相手を決めません。手のひらで泳がせまくります。

女って常に2人キープしないといけないの?なんか最近そんな話ばかり聞くんだけど?

ひどい解説になりましたが、青春ラブコメの金字塔です。本当に面白いよ!

無題