大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ミミズクと夜の王

ブログ

ミミズクと夜の王

若おかみは小学生が地上波で放送されて、twitterでトレンドになってましたね。

みなさんはみましたか?
自分は見ていないのですが、感動ものでいい作品だったみたいですね。

もともとは児童文学小説らしいので、原作を読んでみるのもいいかもしれません。

どーもマネージャーの鈴木です。

 

児童文学といえば、ちっちゃいこ向けの本というイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。子供がよんでもおもしろいよって本ですね。

有名どころでいうとハリーポッターなんかが児童文学ですね。

今日は自分が読んだことある児童文学をオススメしたいとおもいます。

 

モモ

時間泥棒と戦う少女の物語。

生き方につかれている人にぜひ読んでもらいたいですね。

 

精霊の守り人

守り人シリーズの第1作目。運命に立ち向かう少年と贖罪を探す1人の大人の物語。

美しい世界観と感情の表現がすごくよかったです。

守り人シリーズのほかにも同じ作者が書いた獣の奏者もよかったです。これはミラジュにおいてあるぞ。

 

ミミズクと夜の王

傷ついた少女と森の王様が紡ぐ物語。

ライトノベルですが中身は児童文学といって差し支えないキレイな作品。電撃小説大賞にハズレなし。

 

 

 

児童文学は読みやすくて小説よんだことないひとでもスラスラよめちゃいます。

また綺麗な作品が多いので読み終わりがとてもスッキリするのもいいですね。

もし自粛して家でヒマしているならば本を手に取ってみてはどうでしょうか。