大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ビタミンD

ブログ

ビタミンD

オナ禁の効果の一つに「テストステロン値を上昇させる」というものがある。男性にとってテストステロンは非常に重要なホルモンであり、これが低下すると腹が出た干からびたおっさんに成り果てる。

テストステロン値が高い人間の例としては、本田圭佑やスティーブ・ジョブズなどが挙げられる。彼らは心に決めたことは何でも実現できると自分にも他人にも信じ込ませる「現実歪曲空間」を創り出す類稀なる能力を持っている。彼らは自分の理想や思ったことは何でも実現させなければ気が済まない人間であり、実際に思い通りに実現させる人間が彼らなのである。人間の性格や行動のほとんどは無意識によってつくられており、その無意識はホルモン分泌の優劣によって左右される。

本田圭佑は幼稚園児の頃から、組織としてうまく機能するように、他の園児たちの遊び場や配置などを命令し、従えていたという。本田はこれを誰かから強要されたり、教えられたわけではない。このようにして生まれつきテストステロン値の高い人間は向上心が高く、支配的でリーダーシップに長けている傾向にある。

手しごきをすれば、テストステロン値が低下するのでエネルギッシュさも同時に失われていく。エネルギーが無いから、何もする気が起きず、何もしないからますますテストステロン値が低下するという負のスパイラルに絡めとられ、次第に手しごきに逃避するようになる。

それを断ち切るにはまずはオナ禁。なにはともあれオナ禁である。そして、そのオナ禁をサポートするのが他でもないビタミンDである。