大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ナギ切る問題2

ブログ

ナギ切る問題2

 

こんにちは、ヤナギウチです

季節も真冬になって毎日寒いですね

みなさん風邪をひかないようにお体にはお気をつけください

 

今回は、前回の続きでナギ切る問題をご紹介したいとおもいます。

 

第3問

東場親6巡目ドラ3p

六萬七萬三筒三筒四筒四筒赤五筒二索二索三索四索八索九索九索

 

 

 

 

 

 

 

回答 打八索
打牌の候補は2s8sの2つ。打2sのメリットは、7sをツモったときに打9sとしてさらに手広い1シャンテンにとれること。打8sのメリットは、2sを雀頭にしてクイタンで仕掛けられること。速度ならクイタン仕掛けの方が速い。ドラ3でなんとしてでもあがりたいこの配姿だと速度優先の打8sが有利。打8sの後、上家から2s5s2p5p8mがでればすべてチーする。

 

当時(5~7年前)はまだ鳴きの技術が浸透してなく、シャンテン数の変わらない仕掛けは良くないという考え方がぬけきっていなかったと記憶しています。この問題は、シャンテン数の変わらない鳴きもしていいんじゃないかという主張をしたくて作ったものだったと思います。

 

第4問

東場親8巡目ドラ白

赤五萬五萬六萬七萬七萬二筒二筒三筒四筒四筒五筒ポン東東東
 

 

 

 

 

回答 打二筒
4pを切るとカン6m待ち聴牌。しかし、打2pとすれば4m5m6m7m8mと3p6pの7種22枚の好形聴牌チャンスがある。さらに、4m5m6m7m8mと36pの7種22枚をチーテンにとれ、5m7mの2種4枚をポンテンにとれる。これだけ好形聴牌の手代わりがあれば、この巡目なら打2pシャンテン戻しが有利。

 

この形の聴牌は面前でも聴牌とるかヘッドレス1シャンテンに戻すかいつもまよいます。この問題は鳴き手でチー受けポン受けもたくさんあるといいうことで、これだけ手代わりがあればまあすぐ張りかえすので8巡目でも1シャンテン戻ししていいだろうということですかね

 

今のところ、見返しても個人的に異論があるところはありませんでした

しかし、次の問題で「ん?」って思う回答があったのでまた次回ご紹介したいと思います