大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | テン連?アガ連?

ブログ

テン連?アガ連?

ども。すごーです。

今日は帰省した際に行って来た僕の地元のフリー雀荘の話を。

そこのルールなんですが、テンパイ連荘の鳴き祝儀、白ポッチ(永久ポッチ)というもの。

このルール、アガ連で面祝のミラージュと正反対なんですよね。

「どうせルール変わっても4麻は4麻やし一緒やろ~」とタカをくくっていたのですが、これが全然違うんですよね。

 

まず、鳴き祝儀。1000-2000の2枚が強すぎる!

赤赤あっても、ミラージュだと序盤は満貫が見えない限りは僕はスルーしますが、鳴き祝儀だとやっぱり鳴きたくなりますね。

チップの動きが必然的に激しくなるので、アガリ率が大事になってきます。

 

お次にテンパイ連荘。これ、麻雀がかなり変わりますよ。

テンパイでも親が続行するので必然的にテンパイの価値がかなり大きくなります。

終盤でもテンパイ維持のために押すケースが増えてゼンツ多めになります。ただでさえ「フリーはゼンツ」と言われているのにそれ以上にゼンツ多めですね。

流れても親権が維持できるので親のリーチが更に強くなる。僕的にアガ連では待ちの良し悪しや場況によっては5800ダマは親権の維持のためにありだと思ってますが、テン連でダマることはほぼ無いと思います。となると親リーを流すためにさらにゼンツ…

そして一番変わるのがオーラス。これはもう劇的なまでに変わります。

アガ連だと競っている相手からリーチが来ても、「流れてしまえばトップ」という状況がいくらでもあるので、ベタオリでトップが取れてしまうといった事象は良く見かけます。簡単に言えば逆転が難しいと言う事ですね。ラス前フォーメーション大事。

反対にテン連ではいくら大トップでも親以外の誰かがアガらなくては親のチャンスはならないので、アガりにいくケースが増えると思います。

親だけでなく、子供もチャンスがかなり増えます。

テンパイ連荘はギリギリまで攻め込んで、親リーに対してでもひるまずに蹴りにいく攻撃的な雀士、アガリ連荘はアガリが難しい局面では決して無理をせず、アガれる局面ではダマを決め込んででもしっかりアガりをもぎとるメリハリの利いた守備的雀士が強いのではないでしょうか?

あなたはテン連派?アガ連派?ミラージュ店員としてはアガ連派であってほしいとこですが。

 

あ?白ポッチ?リーチが強いのと大三元が完成しにくいくらいじゃないでしょうか。あと1半荘終わるのがくそ長かった…

 

39189685