大阪池田市石橋駅の安い安心な雀荘なら麻雀ミラージュ | ちょっとだけ昔のお話①

ブログ

ちょっとだけ昔のお話①

みなさまこのクソ寒い中どうお過ごしでしょうか。

わたしは毎日雀荘で過ごしております。

とても快適で温かいです。

オススメです。

お母さん、心配しないでくださいね、ぼくは元気です。

どーも最近麻雀絶不調中のミラクル店長です☆

 

先日のお休みは滋賀県草津市で遊んでました。

ぼくはちょいちょい滋賀にいって遊ぶのですが

それはちょっと前まで滋賀にある某大学に通っていたからです。

ネトゲパチンコスロット麻雀・・・そう、いわゆるクソ大学生でした。

 

3回生のころにメンバーになり、本格的に麻雀にのめりこむ毎日。

朝起きて麻雀をして、夕方になりバイトで麻雀をして、

バイトあがって麻雀をして・・・無限ループってこわい。

弱いくせに自尊心はもっているというあほメンバーでありました。

なつかしくて恥ずかしくて顔から火がでそうです。黒歴史ですね^p^;

 

しかしあほメンバーでも2年もたてば多少ましになる。

一応バイトの古株っぽい雰囲気を醸し出した頃、ある問題が浮上する。

『卒業どうしよう』、と。

 

大学生メンバーの大半の悩みの種ではなかろうか。

そう、大学の授業が難しくなってきたのである。

時期は4回生、周りは就活だのよくわからないことを言っています。

 

ま、なんとかなるさ、という持ち前のアホさを発揮して

とりあえず麻雀をするぼく。

学校いかなきゃ!とか思いながら体がいつものルーチンを守ろうとしていました。

習慣とは恐ろしい物です。

 

そんななか、ある社員さんが独立しはる、という話で

ぼくが働いていた雀荘は盛り上がっていました。

 

そう、うちのマスターです。

コロすけプロがまだただのコロすけだった頃です。

マスターが大阪にいって雀荘をするというのです。

 

先輩バイトであるまちゃあきさん(ミラージュのマネージャー)

も一緒にいくと聞き、ぼくはこの人たちすげーな!

と思ったのを今でも覚えています。

 

いつも通り麻雀をして、いつも通りソファーでマンガを読んでいたら

カウンター越しからマネージャーから話しかけられました。

 

ここからぼくの人生は大きくかわっていくのであった。

 

つづくよ。yjimage